【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2011年07月09日

2010年5月に描いた何のためでもない絵。

90cm×180cmのベニヤ1枚に、とにかくペンキやら絵具やらを塗りたくりたい欲求に駆られ、大きな魚を描いた。

01.jpg


妹のように愛しくて仕方ない女の子が、「実家の両親に送るでっかい絵を描く」というから、便乗した。結局同居人の1人も加わり、3人が一部屋にビニールシートを敷いて、それぞれの絵を描いた。
単純に、ただただ楽しかった。
どうせ描くなら自分が描きながらハッピーな気持ちになれるような絵にしよう、と思いながら描きはじめ、5日間くらいずっと絵の前で生活して、完成するころには周囲の大切な人たちへの感謝の気持ちでいっぱいだった。ひとつひとつ水泡を繋ぎ合せながら、私に関わってくれる人ひとりひとりに思いを馳せた。一度塗った上から新たな色で水泡を重ねたり、寄り添わせたりしながら、色んな事を思い出し、考えた。

以下、製作過程


posted by たなか沙織 at 23:45 | Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年4月に描いたフライヤー用の絵。

flyer.jpg


静岡にて、とあるアトリエが閉鎖になるということで最終公演として企画された演劇公演のためのもの。
演劇に対する思いを整理する上で、とても貴重な機会だった。


posted by たなか沙織 at 23:40 | Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

2010年4月の話 (1)

「それでも生きていくしかないのだ」
というところにしか結局のところ辿り着けないので
その壁に自ら頭をぶつけ続けるのにももう草臥れてしまったので
深海の生活を2ヶ月続けた末、海面に戻って来てみた。

毎日空は曇り模様だったけど
しかし
海面に上がってくれば否が応でも
吊り下げられた針を喰わぬように気をつけなければいけないし
波を渡る船に挨拶されれば挨拶を返すのだし
海流の中でひれを動かしていなければいけないし
そうすればお腹も空くので
餌を捕えて喰わなければならないし
餌を捕える為には頭も使わねばならない。
上手く餌を捕える集団に仲間に入れてもらうのも手かもしれない。

とはいえ随分長いこと深海に居たので
海面に戻ってくると私の体は随分ぶよぶよで
周りの魚からすると姿かたちも美しくはないらしい。

まずもって胸びれひとつ動かすのすら困難だ。
それでも喰わねば死んでしまうので
小さな小さな魚がちょろちょろと泳ぐのになんとか追いついて
口を開くのもそこそこに飲みこんでみたりだとか
そんなことから始めてなんとかかんとかしているうちに

ああもう1ヵ月もの時間が経った。

それでもその1ヵ月の間に
友達が出来た。
うさぎの友達だ。
どういうわけかそのうさぎはよく私のところに遊びに来てくれて
にこにこと話を聞かせてくれる。
その日虫を追い駆けまわしたことだとか
大きなどんぐりを見つけただとか
偶然見つけた丘からの風景だとかそこに流れた風のにおいだとか
いま
季節は
春なのだとか
そういう色々を。

どうやってうさぎなんかと私が出逢えたのかは覚えていない。
だって気がついたら目の前に居たのだもの。
うさぎはどう息継ぎをしているのか器用に海の中を泳いだし、
私もいつの間にか陸を歩けるようになった。

にこにこと、緑の芝生を一緒に歩いたりした。
ハンバーガーを一緒に食べたりした。
うさぎの横でビールを飲んだりした。

その日はとんでもない快晴で
ビールがとても美味しかったんだ。

私はいつの間にか
にこにこ
を思い出していたし
ただ小さな魚を飲みこむだけでない美味しい食事というものがどういうものか
を思い出していたし
歩けば肌を風が泳ぐこと
を思い出していたし
たくさん
たくさん
たくさん
のことを思い出していた。

いつの間にか。

そういえば
私はいつから海の生き物になったんだったっけ?
そんなことをふと思うようになったのは
陸の上を歩く時間が長くなったからだった。
そもそも
海の違いと陸の違いはなんだ?

桜の花を見たのは初めてではない気がした。
それが新緑に移り変わるのを感じたのは初めてではない気がした。

そんなことを思いながら
5月の夕暮れ
車があちらへこちらへとせわしく行き交う狭い道路を歩いていたら
私はとんでもないものと出逢ったんだよ。


---
今日は疲れてしまったのでここまで。
私はうさぎに、一生かけても伝え尽くせないくらい、感謝している。


posted by たなか沙織 at 04:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする