【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2010年06月24日

このブログ『たなか沙織の日記』について

ブログの文章は文章で、きちんと書きたいと思っている。
そしてTwitterはTwitterで、読む人がいることを意識して書いています、これでも。

先だっての記事に頂いたコメントを拝読して、ああこれは私きちんと書いておいた方がいいことだな、と思ったので、一記事として書きます。


●◎●◎●◎●◎●◎●

ここ2ヶ月くらいはTwitterのまとめ記事を自動投稿するしか出来ていないので、発信の内容が、以前に比べればひどく自分よがりに見えることは自覚しています。演劇制作をもりもりやっていた時代とは、まるで質が変革したものになっている。その点に関して、ご不快な思いをしていらっしゃる方が在れば、申し訳なくも思っています。

…という断りが遅くなってしまったのが、問題なのかもしれないのですが。

ただ私は現在、「何者でもないただの一個人」になってしまった人間なので、ブログのタイトルを『たなか沙織の日記』としている通り、このブログには「田中沙織」という一個人の、私情も孕んだありとあらゆる日常を載せていきたい。んです。ごめんなさいわがままですね。けれど、「何者でもないただの一個人」でなくなったとしても、やっぱり、ありのままの生きている様子をなるべく残して行きたい。もちろん内容や書き方は取捨選択しながら。

このブログの趣旨は、記事をはじめた2006年当初から一貫して、
「備忘録」
です。

私は数年前から、こと自分の事に関してはめっぽう物忘れが激しい人間で、手帳を開いてみても、遡った日にちに何も書いてなければ、その日何をしていたか全く思い出せないことも多々あります。
でも、「私は確かにあの日あんなことやっていた」「こんなもの食べていた」「あの人と会っていた」「こんなこと考えていた」「こんなもの見てこんなこと感じていた」という事実のメモが鍵になって、するすると自分が生きてきた過程を確認することが出来る。
そういうキーワードを残しておかないと、何をやって生きてきたかもわからなくなっちゃうような、阿呆な人間なんですね私は。

しかし完全な「備忘録」であるのなら、別に公開しなくてもいいではないか、という話になります。ではそれをなぜわざわざ公開しているかというと、
「対外的に文章を書こうとすることで自然発生する文章創作意識が、自分の脳をよりクリアに整理させ、感情や記憶を昇華(消化)させる効果がある」
と感じているからです。そして、
「そうして私が書いたものを読んで、面白がったり楽しみにしてくださる読み手の方が、少なからずいらっしゃる」
と、教えて下さる方が在るからです。

だから、「読んでいただくもの」としてずっとブログは書いてきているし、現在Twitterのまとめ記事も載せてきているけれど、それも(まあ最近は随分浮かれた様相の日常をつぶやいては居るものの)、「読んでいただくもの」と意識してつぶやいたりつぶやかなかったりしています。

ただ、
そもそもTwitterのまとめを載せ始めた経緯は、
「生きてるか死んでるかわからん状態よりは、ちょろちょろとでもつぶやいた日常から、“田中沙織は生きている”ことを、ブログという媒体しか知らない人・Twitterに馴染みのない人にも、お伝えできれば」
というものだったので、
「生きてるか死んでるかわからん状態」
を脱却しつつある今、そろそろTwitterまとめの自動投稿は外してもいいかもしれませんね。
これまでブログに書いてきている文書のテンションとはかけ離れた私の日常の浮かれたテンションに、唖然とされる方がいらっしゃるのも、よくわかります。


●◎●◎●◎●◎●◎●

…えらい長文になってきてしまいました。

ちなみに今、2010年に入ってからのこの半年間のことで、きちんと文章にして残しておきたいことが山のようにあります。
全部覚えています。
何もなかった数ヶ月のこと。
色んなことが起こり過ぎているこの約2ヶ月のこと。は、必死で覚えています。

ただ悔しいことに、
ほんとうに悔しいことに私は、
文章を書きあげるのにとてもとても時間がかかる人間なので(この記事もすでにここまでで書きはじめてから1時間半かかっている、ひどい)、
すごくゆっくりとしたペースかもしれませんが、最近私の身に起きたことについてはどうやってもこのブログにまた載せます。ので、



ちょっともうしばらく待っていただけたら嬉しいです。



「どんな方が見てくださっているか」の総てを想定して文章を書けるわけではないのですが、それでも、独りよがりに無意識に言葉を垂れ流しているわけではないし、Twitterとは区分してきちんと「文章」を書きたい事柄も多くあり、そろそろ倉庫がいっぱいになって話題の脳内渋滞が起きているので、がんばります。
人と実際に会ったり話したり最低限の睡眠をとったり、生きていく為に必要なことをやるので手いっぱいになっちゃってるのですが。このままではいけません。


●◎●◎●◎●◎●◎●

ブログをどういう意図で利用するか、
Twitterをどういう意図で利用するか、
って、人によってそりゃあもう様々だとは思うのですが、
私にとってはあくまで
「ブログに自らの生きている様子を記し続けること」が中心にあって、けれど
「長文を書くには時間がない・長文として書くほどでもない、備忘録のためのキーワードをメモ的に記すツールがTwitter」、
という感じです。現在は。
そして「キーワードをタイムラインに沿って連ねれば、その日生きている様子の一連の記録には少なくともなる」ということから、Twitterまとめをブログに自動投稿している最近です。

まあちょっと、前述のとおり、Twitterまとめに関してはそろそろ必要なくなってきたかなという感もあるので、一考しようと思います。Twitterの内容も含めて。


●◎●◎●◎●◎●◎●

本当に長い文章になってしまいました。
2時間かかってしまいました。
長い長い、意思表明&自分への確認作業でした。
ここまでお読み頂いた方、ありがとうございます。

なんだか、2ヶ月前とはまるで自分の状態が違うのです。
ほんと別人なんじゃないかって自分でも驚くくらい。
そうさせるような出来事が怒涛のように身に降りかかったし、
すべてに感謝して一生懸命生きています。必死で。
それをね、書きますこれから。ゆっくりとしたペースかもしれませんが。それでも。


posted by たなか沙織 at 03:08 | Comment(3) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2000年04月01日

過去の記事

■2013年
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月

■2012年
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月

■2011年 ≪「たなか沙織の日記」時代≫
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月(8)
2011年06月(5)
2011年04月(3)
2011年03月(4)
2011年02月(10)

■2010年 ≪「たなか沙織の日記」時代≫
2010年12月(8)
2010年11月(30)
2010年10月(5)
2010年09月(1)
2010年08月(2)
2010年07月(8)
2010年06月(31)
2010年05月(38)
2010年04月(41)
2010年03月(18)
2010年02月(7)

■2009年 ≪「たなか沙織の日記」時代≫
2009年09月(8)
2009年08月(1)
2009年06月(21)
2009年05月(16)
2009年04月(6)
2009年03月(1)
2009年02月(3)
2009年01月(8)

■2008年 ≪「たなか沙織の日記」時代≫
2008年12月(5)
2008年11月(4)
2008年10月(9)
2008年09月(3)
2008年08月(15)
2008年07月(29)
2008年06月(15)
2008年05月(41)
2008年04月(21)
2008年03月(40)
2008年02月(29)
2008年01月(17)

■2007年 ≪「たなか沙織の日記」時代≫
2007年12月(15)
2007年11月(21)
2007年10月(16)
2007年09月(14)
2007年08月(8)
2007年07月(34)
2007年06月(18)
2007年05月(9)
2007年04月(14)
2007年03月(5)
2007年02月(15)
2007年01月(14)

■2006年 ≪「たなか沙織の日記」時代≫
2006年12月(9)
2006年11月(9)
2006年10月(2)
2006年09月(7)
2006年08月(8)
2006年07月(10)
2006年06月(1)
2006年05月(2)
2006年04月(2)
2006年03月(17)

■それ以前 ≪「たなか沙織の日記」時代≫
2000年04月(3)


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする