【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2007年02月16日

到着いたしました。

200702160805000.jpg

これをみると
着いたー
って気がしますね
金沢です

ゆきのにおいと
ストーブのにおいが
いっしょに鼻をかすめるような

空気がキリ、と澄んでいて

もうこれだけで
来てよかったなあと思います
東京ってやっぱりなまあたたかい
いいとか悪いとかではなくて、
たぶん金沢の冬は鳥取の冬にどこか少し似ていて
だから居やすいのだと思います

うそー
と思うくらい寒いと思ったけど
ほら
もう平気


posted by たなか沙織 at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

金沢へ出発いたします。

200702152327000.jpg

急遽

金沢行きの夜行バスの中です。
1年ぶりの金沢。
夜行バスも久々なのだけど、
シートの布地がレトロであまりに素敵な柄なので、
狭いバスでの道のりも
まあいいか、と思える。

あまり行きたいところも決めていないのですが、カメラと着替えだけ持って飛び出てきてしまいました。
ひとりきりでの旅行はずいぶん久しぶりで、何を物思うかわからないのだけど、隙を見てしばし、ひとりで東京から離れたいと思っていたので、ちょうどよい機会。

まあ主に、
お酒を飲んだり地元料理を食べたり、本を読んだりして、ゆんわり過ごすと思います。

東京の皆様、
しばしのお別れです。


posted by たなか沙織 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

田舎の一日が短いのは、日暮れと共に街頭もなくなって、出歩く気がなくなるからだろうか。

ようやく初詣へ。
ひいたおみくじは、21年欠かさず足を運んだその神社の境内の、太陽を求めてぐにゃんと、地面から30度の角度にまで曲がった松の木にぎゅっと縛って。

大切な人たち。
大切な時間。
いい年になってほしい。どうか、どうか。


打吹公園を通って、閑散とした動物のオリを眺めて、小学校を上から見下ろして、商店街のお土産屋さんに向かう。途中立ち寄った、以前ギャラリーだった場所で、倉吉絣の高機折を見せて頂く。

kasuri01.jpg kasuri02.jpg

絣の模様はひとつひとつ、完成図が出来上がったらそれにしたがって、どの部分に白地が来るかを計算され、一反折る為にどれだけの、どういう一本の糸が必要か、それを作るところからはじまる。古くからの技術に、感服。

夕方は、高校生の頃からよく通ったオムライスの美味しいカフェ、ラ・キューへ。オムライス(もちろんね!)と、ミックスジュースを頂きました。

----------
■カフェ

La Queue(ら・きゅー)
〒682-0806 鳥取県倉吉市昭和町1丁目213
倉吉駅から車15分
0858-22-6399
12:00〜23:00
平均予算 500〜800円

raqueue.gif
----------

引き続き夕飯、こちらも帰省すると必ず行くお店へ。

----------
■カフェ

Tom's Cafe(とむずかふぇ)
〒682-0806 鳥取県倉吉市丸山町555
倉吉駅から車15分
0858-29-5656
11:00〜20:00
平均予算 800〜1,200円

toms01.jpg toms02.jpg
----------

絵本がたくさんのこのお店でいつも、ブランチセットかパスタセットを頂く。今日はパスタセット。なにもかもがしっかりした、けれど強すぎない味で美味しいこのお店。今晩が、鳥取も最後の夜。これまた美味しいケーキをつっつきながら、ああ、帰ってきて良かった、東京へ帰りたい、頑張ろう、と思う。

短い一日、一日。
明日は早朝6時に出発。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

21歳になって初めてだったんです。

行ってきました。

200701061428000.jpg 200701061424000.jpg

初!鳥取砂丘。

「砂たまご」ってご存知ですか?!

sunatamago.jpg

私は今日まで全然知らなくって、現地で初めて見て知りました。
もちろん食してきましたとも!
鳥取砂丘の砂の熱でほこほこに蒸された蒸し卵。作るのには約1時間かかるのだそうです。白身にほんのり焦げ目がついて、表面がぱりっとつっぱっていて、なかなか幸せな気分になれます。お立ち寄りの際はぜひ。近くの土産物屋さんで1個100円で売っています。

砂丘は、砂の器を横断して向こう側の頂上までぐぐっと上れるコースのようになっているルートがあって、そこを頂上までのぼってきました。上り坂になっている部分の砂は柔らかくって、一歩一歩が少しずつしんどくなって。
けれどてっぺんの向こうの海辺の風景が見たくて、一生懸命一歩を踏み出して。
初日の出を砂丘で見るなんていうのも、いいのかもなあ、いつかやってみたいなあと思ったりしました。

砂丘の表面、砂の上を、さらさらと流れてゆく砂、砂、砂。
流れても流れてもなくならない、無限に思える移動を繰り返しながら、でもその質量は変わることなく、さら、さら、さらさら。

その光景はあまりに美しくて、
見とれて目が離せないくらい美しくて、
ああ、こんな風に居たい、と思った。



帰路、鳥取大丸おなじみのぐるぐる回るスイートガーデン(グラム売りのお菓子がぐるぐると回っている機械がある)に寄って、無遠慮にもがさがさとお菓子を買い込み、そのまま近所の有名なお餅屋さん「清水庵」に「餅しゃぶ」を家族で食べに行きました。

----------
■町屋

町屋 清水庵(まちや せいすいあん)
〒682-0885 鳥取県倉吉市堺町1-876
倉吉駅から車15分
0858-22-4759
11:30〜14:00、17:30〜21:00
平均予算 1,000〜2,500円

seisuian.jpg motisyabu.gif
----------

食べっぱなしの一日。
砂丘は、好きみたい。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

宝石の魅力はまだわからないけれど、宝石よりもきらきらと大切なものなんじゃないかって、思う。

昼過ぎから出身中学校にお邪魔に行く。

中学を卒業して、高校を卒業して、大学を卒業しようとしている今になっても変わらず付き合いを続けてくれる先生がいる。中学校時代は今思い出しても色々波乱ではあったけれど、いい先生方に恵まれたことや、水を得た魚のように様々なものを作ったことは今でも大切な財産。
運動会の横断幕、文化祭のスローガン看板、染め半紙で作った大きなちぎり絵、彫刻の温度計。美術の授業では負けじと先生までが制作を初めて競うように作品に向かったり、中学校では信じられないような深夜まで没頭して絵を描いたりした。

今日は、1・2年次と2年間続けて担任をしてくださった先生と、中学卒業ぶり(8年ぶり!)にお会いしてきた。なんで今日までずっと一目も会いに行かなかったのか不思議な、随分よくして頂いた恩師に違わぬ先生で、当時は友達のようによく話し相手になってもらったり、CDの貸し借りをしたりしていた。
久方ぶりに会うその先生は、全然変わっていなくて、あの頃とおんなじようにくしゃっと顔全体で笑ってて、身体は相変わらずがりがりで、「さおりー!」と呼んで出迎えてくれて。

職員室に入れてもらって、2時間ほどおしゃべり。
同級生の近況や、お互いの近況や。

「ほんとは3年間担任したかったんだけどね、私がずっと持つより、さおりをこの人に出会わせてやらなきゃって思ったのよ。彼と貴女は一生の付き合いになるってなんだか直感で思ったんだよ」

と中3時の担任のことを初めて聞かされた。
事実、その中3時の担任とは、機会さえあれば一緒にお酒を飲みに行く(彼は下戸なので飲むのは私ばかりだけれど)。

偶然に思える出会いも、実は誰かがどこかで引き寄せてくれたものなのかもしれない。自分の力だけで生きてるような錯覚をしがちだけれど、そんなこと、ない。

その後、その中3時の担任とも顔を合わせてから、退散。
久々の中学校は相変わらず木のぬくもりに溢れていて、放送室も音楽室も多目的ホール(通称「2タモ」「3タモ」)もピロティ(中庭のこと)も懐かしくて。ああ、ここで確かに私は過去息づいていたのだ、と。

長いこと新聞委員を務めた末、委員長までやらせていただいたのだが、その当時私が作った掲示用の「学級新聞」という見出しが今もずっと使われている掲示板が、学内に数箇所残っているらしい。こそばゆいけれど、嬉しい。

中学校を去った後、すぐ目の前にあるシビックセンターという、もとはショッピングセンターだった建物を市が買い取って分譲事務所としてスペースを貸し出しているところへ行く。今は私は随分公演に関われずにいるが、立ち上げ時から所属している市民影絵劇団の事務所が入っている。
今日はそちらの事務所へではなく、その影絵劇団で一番最初に一緒に切り絵をやり、いくつもの公演にも一緒に参加してきた、福祉理容師の日置氏の事務所へ。同シビックセンター内にかまえた事務所がようやく整い、この冬には専用出張トラック(荷積み部分が美容院のようになっている)も完成したとのこと。

福祉理容師という職業を私は他のところで聞いたことがないのだけれど、日置氏は、若い頃身につけた美容師の資格とヘルパーの資格を利用して、身体が不自由で家や病院からなかなか外出出来ない人を対象に、格安(1,800円らしい!)で髪を切ってあげている。社員さんも5人いらっしゃるらしく、もう、立派な会社。
こうして新しい事業を開拓する人がいて、少しずつだけれど着実に、様々な人の生活が豊かになっていく。誰が何を欲しているかは千差万別だけれど、そこには多種多様な需要があり、供給の可能性はまだまだあるのだと思い知らされる。

一見ちゃらんぽらんで、でも底抜けに明るくて場の雰囲気を華やかにする才能を持つ日置氏。あらゆることを感覚で取り仕切ってしまうのに、そのセンスはあながち的外れではなくてぎょっとさせられる。私が一番最初に出逢った、有言実行をいつでも体現してしまう、大人。


「帰ってきたよ」
と言うと、
「会おう」
と言ってくれる人たちが居る。
こんな幸福なことはないし、いつまでも大切にしたい。


帰宅してから最寄のホームセンター=西日本最大級「いない」(ここに行かないと実家に帰った気がしない)に行き、「ピッコロ」という洋食屋で夕食。ここのブランデーケーキを頼むと、店内の電気を消して、火のついたブランデーをかけにシェフがやってきてくれる。

あらゆるところに、思い出が今もひっそりと息をしている。
こんな小さな町だもの。当たり前か。
暗くて静かで何にもないけれど、大切な、宝石箱のような、町。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

何歳になっても青春。旅をすると、小柄で良かった、と思う。

早朝5時、柿喰う客劇団員コロさんのおうちを出発。
始発にて鳥取へ直行。
青春18切符を使うことは今までも度々あって、鈍行列車の旅はお尻が痛いながらもとてもとても好きなのだけれど、鳥取への帰省の際はいつも深夜バス(片道10,700円)で寝ている間に着くコースなので、列車で帰るのは初めて。
…だって約15時間も乗り継ぐのですもの!!

とは言え、
「わー熱海だーい」
とか
「わー姫路だーい」
とか
「わー駅弁だーい」
とか思っているうちに、ほとんどストレスなくあっという間に着いてしまいました。到着、20時。片道4,260円。

途中、あまりに全員そっくりな兄弟連れの親子と向かい合わせに座ったり、見るからに賢そうな電車好きな男の子と出逢ったりと微笑ましい出来事もありつつ。地域が変わるにしたがって、電車や汽車に乗ってくる「人」がやはり随分違うのがとても面白くて、その服の色味や、方言を見聞きしているだけでも随分楽しい。車窓の景色も、ここに住む人たちの生活はどんなものなんだろうと想像するだけで限りない。

駅には母親が迎えに来てくれて、自宅に着くとお手製のハンバーグが待っていました。ぬくぬくして、早々に就寝。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

利賀村へ

大学の演劇創作合宿に参加して、富山県の利賀村、利賀芸術公園へ行ってきます。
毎年夏のこの時期になると必ずあるこの利賀合宿、例年はなかなか予定がうまく合わず参加してこなかったのだけれど、今年はなんとか滑り込めた。1年生の参加者が多いみたいだから、若いパワーと、出来る限り向き合って絡んで、何か発信したり受け取ったり出来ればなと思う。

どんな合宿になるのやら全貌は全く不明だけれど、とにかくモチベーションだけ上げて、行ってきます。


2006081301

我が家の玄関で、もう2年間、出発を見送り帰宅を出迎えてくれているおさるさんのカップル。黄色のお花はよくもげる。名前は、ない。




posted by たなか沙織 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする