【近況】
■■演劇関係■■
【出演】5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。ご予約はこちら。[2017/04/14]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2016年09月10日

ルイボスティーをずっと飲んでる

いただきもののルイボスティーをずっと飲んでいる。
これとても便利で美味しい。

image.jpeg


先日初めて結構本格的な人酔いをして電車を降り、しかし駅のベッドが熱中症ぎみの人であふれかえっていて休める場所がなかったりして、体を横に出来るところを探してしばらく休んだりしたものの良くならず、おめおめ自宅に帰宅して静養する、みたいな、自分でも驚くへこたれ具合をしめした。
おめおめ、って初めて使ったかも。

電車の中で人のにおいが敏感に感じられすぎて気持ち悪くなる、みたいなことがたまにあるけど、あれなんなんでしょうね。結構困る。
願わくば満員電車使わないで生活できる圏内で暮らしたい。

寝不足だったのかもしれないし、貧血だったのかもしれないし、熱中症ぎみだったのかもしれないし、何をどうしていいのかわからないので、梅干しを食べたり鉄分のサプリを摂取したりとにかく水分をたくさんとったりしてました。梅干し美味しい。

ひょんなことで、ぎゅうぎゅう押し込めておいてある過去の感情の引き出しがぶわっと開いてしまったりしたものでメンタル的に数年に一度くらうかくらわないかみたいな打撃を喰らってしまい、まあその前に知らない犬に噛まれてその飼い主がちょっと独特な人だったのでそのやりとりでの疲労も多少あって、結果軽く倒れて、素晴らしいだろう多数の演劇や音楽の催しを棒に振りました。

犬は嫌いになってない。
でも前よりちょっと、猫もいいなあ、みたいな気持ちが強くなった。なぞ。別に犬の反意語は猫ではないのに。猫ももともと好きです。



なんだかなあ、みたいな感じでいたのだけど、Mステでくるりが初期メンバー3人で「東京」をやるというので録画をしていて、それはそれで20周年とはこういうことかーと色々思うところあり素敵だったのだけれど、くるりの前のノラ・ジョーンズの弾き語りを聴いて川上未映子さんの和訳について考えていたら文字を書きたくなったので、普通のブログいつぶりだろう、みたいな感じで長々と、だらだらと、書いております。
未映子さんの語感が昔から好き。だから今度のノラの新譜もとても楽しみだよ。ただでさえ4年ぶりの新譜なのに。



で、なにって、
結局、元気出す序盤に手助けしてくれるのは音楽なのかなあ、とか思う。
演劇と何が違うんだろうか、とか思う。
音楽ずるい、とか思う。
こっちの都合で聞き流したり出来る。
どのくらいの集中力で向き合うかみたいなことがこちらで割と制限できる。だからいろんな楽しみ方ができる。
もともと知ってる曲を聴くって手もある。
あとなにって、どのバンドや人がどんな音楽を鳴らすか、自分がそれに対してどんな感覚を抱くかを、ある程度想定して、必要なら構えることもできる。
しかし、それらを飛び越えて人生変わるような音楽を演られてしまうことも、もちろんある。
人生のある点で聞いてた音楽は、ワンフレーズで自分の五感全部を当時の自分に引き戻したりしてくれちゃうものだから、そういうことに救われることもよくある。初めて聴く音でも、ものの数秒でナニコレ、って心奪われたりする。
演劇より持ち運べて、いろんなところに置いておけて、好きなところだけ聞けて、とか生活に寄り添えるという点で、優しいし、強い媒体だなあと思う。

音楽に感謝する場面があると、同時に演劇のことも考える。そりゃ。
演劇に救われてきたから。愛憎みたいになってるけどやっぱり好きだから。とても大切だから。
でも、ほんとうに元気がない時に、つまり「楽しもうとする気力がない」ので「楽しいことがなにもない」みたいな状態の時に、演劇を観るっていうのはやっぱりなかなかにエネルギーを要することなので難しい。私には。
ものすごく心を揺さぶられる可能性のある媒体だってことを、なまじっか知っているので怖い。
演劇を観に行って得るものってなんだろう、「過去を洗い流すような感動」かもしれないし「目の覚めるような気付き」かもしれないし「踊りだしたくなるような愉快な気持ち」かもしれないし「ほっこりあたたかな気持ち」かもしれない。でもそのどれだとしても、いいものを見れば確実に心が揺れて、揺れた心に対して自分の現状とか過去とか将来を考えざるを得ない。
それが素晴らしいことだし、でも弱っているときにはその余裕がこちらにない。
そもそも、観に行った先にどんな感触を得て帰る可能性がある演劇なのか、どんなテイストでどんな雰囲気でどんなことが描かれそうな作品なのか、…みたいなことが演劇ってのは観る前は本当によくわからないので、おそろしい。
それに関しては、提供する側の人間としてはいろいろ思うところあるけれど、脱線するのでまた今度にする。
ともかく、音楽よりもハードルがちょっと高い。
それでも、家を一歩出る元気があれば、面白い演劇をなるべく見逃したくないと思う。
あーでも、あひるなんちゃら、とかはどんな自分でも観れるのかなあ。あひるなんちゃら、素晴らしいなっていつも思います。スズナリで2,000円ってどういうことなんですかほんと。楽しみです。下北沢ザ・スズナリで9/17(土)〜9/20(火)です。なんの回し者でもないです。

演劇って、いいものは絶対、明日から見える風景を少し豊かにしてくれる。絶対に。
でしょ。


人生変えられちゃうくらいの演劇が好きだし、人生変えられちゃうくらいの音楽が好きです。そういうものを演り続けれる人間で在りたい。



まとめとしては、
演劇観に来てくれる(くれた)みなさんやっぱりありがとう、ってことと、
先日まで出演しておりましたMCRが12月公演の出演者オーディションやるそうです、ってことと、
まだまだ暑い毎日だからお気をつけください毎日梅干し食べるのいいかも、ってことと、
豆乳もわりとたくさん飲んでます、ってことです。
深夜にかまけて読み返さずにアップします。



--------------------
【次回出演はこちら】
出演者&観客一体型のゲーム&トーク&バトルイベント
『ザ・アナログゲーム・ショウ』
​2016年10月20日(木)
OPEN…19:00/START…19:30
@渋谷・道玄坂ヒミツキチラボ
出演…金沢涼恵、小野川晶(虚構の劇団)、たなか沙織、小園茉奈(ナイロン100℃)、他
Twitter…@a_gameshow
WEB…http://analoggameshow.crayonsite.net/



posted by たなか沙織 at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441791588

この記事へのトラックバック