【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2016年09月05日

MCR『無情』、終了しました

遅ればせながら、
8月24日(水)〜30日(火)の1週間、下北沢ザ・スズナリにて公演しておりましたMCR『無情』、無事すべての日程が終了しました。

公演終わって朝まで打ちあがった後、映画の舞台挨拶もあったりし、しかしひとまず身体と気持ちを落ち着けようと出掛けた先で犬に噛まれたりし、てんやわんやしておりましてようやく落ち着いたら、すっかり1週間も経ってしまいました。

お越し下さった皆様、気にかけて下さった皆様、スタッフ・劇場・共演者の皆様、心からありがとうございました。
MCR史上、最大動員数の公演となったようです。嬉しい。
数のことは作品とはまた別の話でもあるとも思いますが、けれどこの作品がそれだけ多くの方の目に触れたということに、感謝しかありません。


04.jpg 05.jpg

全員の大入袋の裏に、可愛いイラスト。
櫻井さんの描いたねこと、山本さんの(たぶんくさい)花。
大好き山本さんは、チラシと物販台本のイラストを描いてるスタッフさんです。
(ちなみに台詞だと「見てるわよ、あんたを」と言っているところに、山本さん的スパイスが付加されたと思われる)

写真にうつっている通り、久々に台本の自分の台詞に色をつけたりしましたね。
(劇団員の皆さんもそこここに書いてらっしゃるのでいいかなと思いつつ書くと、)「MCR恒例の」と言えば知る人はよく知る、本番直前にものすごい集中力を発揮する事態になりまして、なんでもいいからやれることは全部やろう、と無我夢中で迎えた初日、そして1週間のステージでした。

06.jpg

奇病で足から上半身へだんだん体が動かなくなる女、櫻井さんと夫婦の「沙織」役でした。
毎ステージ新鮮で刺激的で楽しかった。
楽しかった、とこんなに無防備に言えるのは、初めてのことでした。
楽しい分悔しくもあり、情けなくもあり、怖くもありましたけれど。
でも私にとっては特別な、素晴らしい時間でした。
素直に怒って、軽口叩いて、嫉妬して、怖れて、笑って、泣いて。

MCRはいつも本人の名前を役名にするのでご存知の方には当然のことになっている話だとは思うのですが、自分の名前の役をそのままやるというのは、そして相手役のことを実際日常でその人の名前として認識している名前で舞台上でも呼ぶというのは、なんとも不思議な感覚でした。
舞台上で、「沙織、沙織、」とあちこちから呼ばれる。
そればかりが理由ではないけれど、普段の自分のパーツのどこかを無理に増幅することなく、未だかつて無いフラットさで、そのまんまの状態で、舞台に立っていた気がします。
まあ多少、というかかなり、普段より口が悪い感じになっていましたけれど。
おかげで通常営業の自分に若干の影響が出ていて、チューニングが難しいことになっていますけれど。
それはパーツの増幅というよりは、発露のゲージを変えたという感じで、私にとってはなかなか日常でうまく出来ないでいることを「やっていいんだよ」と許されているような感覚でもありました。

今回の『無情』は10年前に上演した作品の再演だったわけですが、台本全体における再構成や改変はもちろん、演じる役者ごとに違和感ない台詞に櫻井さんが微調整してくださったりしていることを、台本の差し替えが来る度に感じたりもしました。


今回「MCR史上、最大動員数の公演となったようです」とさきほど書きましたが、私自身でも一番多くの集客が出来た公演になりました。
その中には、2度・3度と観に来てくださった方も多く、また、音楽関係の友人・知人・お客様も多く。
私がいることを理由に「演劇を初めて観る」という緊張や「劇場ってどんなところ」という緊張を飛び越えて観に来てくださったことが嬉しかった。私はライブハウスとても怖かったし、初めての場所ののれんをくぐるのはどんな時もとてもドキドキすることだとわかる。
トランペットを吹いている私も私であることに変わりなく、しかし劇場にいる私も重要な私の一部であるので、音楽方面の皆さんにはそれを観ていただけることも嬉しかった。
同様に、普段ライブハウスに足を運ばない皆さんを、たまには音楽の世界に引きずり込むことが出来たらいいなあとも思います。

演劇が好きな人にとっても、劇場に足を運ぶっていうのはなんでもないことではないでしょう。私は劇場に顔を出すのがとても怖い時期もあったし、たくさんあるラインナップの中からどの作品のどのステージを観に行こうか必死に調整したり時間やお金や心の余裕を作ったりしてくださって、いまそこに皆さんが座ってくださっている、ということに、改めて感謝した公演でした。大好きなスズナリの舞台の真ん中で、ずっと客先の方に体を向けながら。


そこに立ち会ってくださった奇跡を、ありがとうございました。
『無情』という作品の光景や感覚が何か、皆さんの中に残ったりすれば、嬉しいです。
くだらないシーンをふと思い出して、ふふと笑っていただければ、嬉しいです。


またお会いしましょう。



--------------------
【次回出演はこちら】
出演者&観客一体型のゲーム&トーク&バトルイベント
『ザ・アナログゲーム・ショウ』
​2016年10月20日(木)
OPEN…19:00/START…19:30
@渋谷・道玄坂ヒミツキチラボ
出演…佐藤貴史(サモ・アリナンズ)、金沢涼恵、小野川晶(虚構の劇団)、たなか沙織、小園茉奈(ナイロン100℃)、他
Twitter…@a_gameshow
WEB…http://analoggameshow.crayonsite.net/



posted by たなか沙織 at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック