【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2011年02月23日

コメントのお返事

「最近のわたし、東京」という、2010年12月7日の記事にたくさんコメントを頂きました。ありがとうございます。ずいぶん日が経ってしまいましたが、お返事を書きたいと思います。(その他の記事にコメントくださった方にも、お返事しました。)

コメント欄でのお返事だと、記事が長く読みづらくなってしまいそうなので、こちらの別記事にて、お返事失礼いたします。---------------------------------------
●作業員 さんからのコメント
鬱ですか。

だとしたら、
鬱の人には正直鬱陶しい自慢日記、鬱でない人にはただ暗い日記を書かれますね。

どうか、公開の自覚をもたれてください。

《お返事》
「鬱陶しい自慢日記」でもあり「ただ暗い日記」と、仰られても仕方がないようなどうしようもない記事をすみません。ただ、「公開している」という自覚は持っております。それでも私はこういう自分を残しておきたいと思うし、こういう私が何を書き残しておきたいと思っているかを、広くこのブログをご覧いただいている方に知っていただきたいと思っているのです。酷い話ですよね。ごめんなさい。
ただ、読む読まないの選択は、読者の方にお任せしたいと思っています。
当たり前なのですが。

私は演劇の小劇場界と呼ばれるジャンルをメインに、お客さまに対して、公演団体の顔でもあるフロントスタッフの責任者を、かつて、になっておりましたので、このブログをその流れから、ご覧くださっている方が多くいらっしゃるのも存じております。フロントスタッフ、つまり「演劇制作者」の業務に就いていたときは、ここにはあまり自分のプライベートを書きませんでしたし、書いたとしてもハッピーな発言になるようになるべく気を払っていました。
だからそれを、「いち25歳のただの女子のブログです」と読み替えてください、というのも難しい話で、作業員さんが仰る内容も、わからんでもないなと、感じます。

しかし前述した通り、「公開の自覚」が無いわけではないということだけ、否定させていただきます。その点についてはこちらの記事にも少し触れています。
偉そうに、すみません。

---------------------------------------
●匿名きぼう さんからのコメント
反論するつもりはないのですが、ここをいつも読んでいる人間として少々ひっかかるので書かせて頂きます。たなかさんを不快にさせてしまったら本当に申し訳ありません。
私は暗い日記だとは思いませんし、自慢だとも到底思えないです。
鬱だとか、そういうのなしにしても、
(それに鬱という言葉はここの日記では一言もあがっていないように思いますが)
きちんと自覚あるからこそ、このように公開日記にしているのだと思っています。
文句がある人間は見なければいい、構わなければいい、無視すればいい。
文句だけを逃げるように言って残す人間がいるのが少々不快です。

支えとまでいいませんが、私はここをいつも見ていることが習慣になっているので、どうしてもいいたかったのです。
そのままの日記でいいじゃないですか。
ありのままでいいじゃないですか。

長々すみませんでした。

《お返事》
コメント、ありがとうざいます。お返事はこんなに遅くなってしまいましたが、ずいぶん励ましていただき、支えられました。お声を届けてくださってありがとうございます。
作業員 さんを敵にする気は、私も、ここを読んでくださっている読者の方も、全くないと思うのですが、読み手には読み手それぞれの事情や立場や感性があるのだということ、その上でこうして私は、公にブログを書いているのだということを、改めて痛感しました。

---------------------------------------
●きたむら さんからのコメント
ここに載る文章はたなかさんの「いきてる様子を発信する」という主旨のもとに
書かれていると私は理解しています。
ご自身がどんな状況であれ、
たなかさんの言葉に触れたくてここを訪れる不特定多数の人たちのために
更新し、公開してくださっている
その姿勢に賛同します。

内容に関して
不快に思う方がいらっしゃるという事実を否定するつもりはありませんし
「じゃあ見なければいい」という一言で
片付けるのも好きではないですが
コメント欄も公の場です。

作業員さんがご自身のコメントによって
不快な思いをする人がいるということを
配慮できなかったのなら、
たなかさんに自覚を促す権利は
ないと思います。

長文失礼しました。

《お返事》
このブログの主旨をご理解いただき、コメントいただいたことに心より感謝いたします。
このご時世、誰でも様々な方法で広くいろんなひとに向けて言葉を発することが出来るようになりましたし、それらに受け手として触れることが出来るようになり、そういう中で予期せぬ文章に出会ったりすることもありますよね。
そうして、嬉しくなったり、励みになったり、苦しくなったり、悲しくなったり、むかむかいらいらしたり。
それでもそういう時世をきちんと踏まえた上で、私はこれからも出来る限り書いて行こうと思います。

---------------------------------------
●作業員 さんからのコメント
お二人からコメントをいただいてしまいました。
ご指摘ありがとうございます。

私は以前からこのブログを拝見していますが、最近のブログについて率直に感じた事を書いたまでです。
中傷でも、荒らしでもありません。非公開に田中さんに送りつけるのではなく、公開されるコメントとして書きました。

荒らし目的なら別ですが、
ブログを「公開」している以上、好意的でポジティブなコメントしかしてはいけない決まりはありません。

更には、私のコメントはあくまでも田中さんに向けた物であり、
個人的には…他の方々は、「こんな奴もいるのか」とそれこそ思うだけで気にしなければいい、もしくは田中さんに向けて「いや私はいいと思いますよ!頑張って!」と応援を書く、が妥当かと。
コメントはブログ主との交流の場と踏まえております。

…とはいえ、
私宛てにお言葉いただきましたので、お返事致しましたが。

長文失礼致しました。

《お返事》
いつどんな時でも、どんなお声でも、聞かせていただけることを有り難く、いただいた言葉は真摯に受け止めようと思っています。ありがとうございます。
そうですね、「コメントはブログ主との交流の場」、確かにそうだと思います。
その交流を目撃した他の読者の方が、交流に加わられること、その輪がどんどん広がっていくこともあるでしょうし、ひとりひとりが「公開の場である」というブログの特性を忘れなければ、悲しいことは起こらない気がします。
いや、そうとも言い切れないですね、他人の幸福が自分の首を絞めることもあるし、(やや性格の悪い発言ではありますが)他人の不幸が自分の足を浮き立たせることだってあると思います。その全てを把握・想定して文字を公表することは不可能ですが、ただ、公開するに当たっては常に、自分の信条に背かない姿勢で居たいと思っています。

---------------------------------------
●☆ さんからのコメント
さおさんへ

せかいはひろいよ。
楽しいことはいっぱいある。
冬のあったかい日のひなたぼっこは最高よ。

いつもあたしを見つけると笑顔でわーっていってくれた貴女に、
とっても会いたいです。

《お返事》
わあ、どなただろう、きっと私を直接ご存知の☆さん、ありがとうございます。
そうだね、せかいはひろい。
ひろいひろーいから、きっと、どうにかなるんだ、どうにかしようとする限り。
またわーって言って会いたいです。

---------------------------------------
●竹中めぐみ さんからのコメント
好きだ!

《お返事》
私も大好きだ。またもうすぐ誕生日がやってくるね。貴女に再開できてからもうすぐ1年。

---------------------------------------
●ケラ さんからのコメント
さおりさん

かき続けて下さい

よみたいです

ケラ

《お返事》
ありがとうございます。
少なからぬ勇気をいただいて、書き続けることにしました。
また覗きにきてください。

---------------------------------------
●なんしー さんからのコメント
香川でいつでも待ってるぜ☆

《お返事》
ありがとう。今年のうちに一回は、訪れたいな。


posted by たなか沙織 at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック