【近況】

■■演劇関係■■
【スタッフ】2019/08/29(木)『ザ・アナログゲーム・ショウ6』@原宿ヒミツキチオブスクラップ、会場スタッフとして参加します。詳細はこちら [2019/07/20]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ
サポートメンバーを卒業しました。 [2019/03/03]


2007年09月20日

制作者が「知っている」ということ

弱みを聞けるっていうのは、その人が大切なら大切なだけ、自分にとっては強みなんじゃないかなと思ったりしています。

私は特別、器の大きい人間なわけじゃないし、ありあまる菩薩性を兼ね備えてるわけでもないので、傲慢には聞こえないよう願いつつ、なんですが。

大切だなあと感じる人に対しては、“聞いてあげる”んじゃなくて“聞きたい!”と思う、…あ、でもこれってわざわざ書いてみたけど道徳的に人として当たり前のことだった?(!)…と今書きながら思いました。

思いつつ、続けますが、

傾向と対策、とでも言いましょうか、その人を知れば知るだけいい関係が築ける→築きたいと思っている人のことを出来るかぎり多く知りたい・受けられる人間で在りたい、と思うのはごくごく自然なことではないでしょうか。

それは仕事に於いてもまったく同じで。というか演劇というのは人と人のコミュニケーションがあらゆる事の土台なので、知ってなんぼ、だと思っています。

あくまで、
おせっかいにはなりたくない。押しつけにもなりたくない。

でも、知らなければ解決出来ないことがほとんどな中で、《制作者》というのは出来るかぎり多くのことを知っているべきなんではないかと思っています。

把握出来てなければ、最良の一手がなんなのかすら判断できない。何かを解決しようとする時ばかりでなく、それは、次に進もうとしている時にも、その他どんな状況にも言えることなはずです。

主観的な意見も持ちながら、常に、事態を誰より正確になるべく早く把握しようとし、その上で最良の手段を考えること。そして大切なのは『具体的に動くこと』。それが、カンパニーの中で制作者がやるべきことなんではないかと思っています。

思いつつ、私が、いつもいつでもそうできるわけではなくて、取り零してしまう事柄も削がれてしまう部分もたくさんあるので、まだまだだよ、がんばれ自分。と思う次第です。



うーん、
再発、○○炎気味。
(書きませんけど)
癖になるので、いやです。


posted by たなか沙織 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック