【近況】
じめじめしてて、やんなっちゃうね
ブログ整理中です。

■■演劇関係■■
【スタッフ】2019/08/29(木)『ザ・アナログゲーム・ショウ6』@原宿ヒミツキチオブスクラップ、会場スタッフとして参加します。詳細はこちら [2019/07/20]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ
サポートメンバーを卒業しました。 [2019/03/03]


2007年01月06日

21歳になって初めてだったんです。

行ってきました。

200701061428000.jpg 200701061424000.jpg

初!鳥取砂丘。

「砂たまご」ってご存知ですか?!

sunatamago.jpg

私は今日まで全然知らなくって、現地で初めて見て知りました。
もちろん食してきましたとも!
鳥取砂丘の砂の熱でほこほこに蒸された蒸し卵。作るのには約1時間かかるのだそうです。白身にほんのり焦げ目がついて、表面がぱりっとつっぱっていて、なかなか幸せな気分になれます。お立ち寄りの際はぜひ。近くの土産物屋さんで1個100円で売っています。

砂丘は、砂の器を横断して向こう側の頂上までぐぐっと上れるコースのようになっているルートがあって、そこを頂上までのぼってきました。上り坂になっている部分の砂は柔らかくって、一歩一歩が少しずつしんどくなって。
けれどてっぺんの向こうの海辺の風景が見たくて、一生懸命一歩を踏み出して。
初日の出を砂丘で見るなんていうのも、いいのかもなあ、いつかやってみたいなあと思ったりしました。

砂丘の表面、砂の上を、さらさらと流れてゆく砂、砂、砂。
流れても流れてもなくならない、無限に思える移動を繰り返しながら、でもその質量は変わることなく、さら、さら、さらさら。

その光景はあまりに美しくて、
見とれて目が離せないくらい美しくて、
ああ、こんな風に居たい、と思った。



帰路、鳥取大丸おなじみのぐるぐる回るスイートガーデン(グラム売りのお菓子がぐるぐると回っている機械がある)に寄って、無遠慮にもがさがさとお菓子を買い込み、そのまま近所の有名なお餅屋さん「清水庵」に「餅しゃぶ」を家族で食べに行きました。

----------
■町屋

町屋 清水庵(まちや せいすいあん)
〒682-0885 鳥取県倉吉市堺町1-876
倉吉駅から車15分
0858-22-4759
11:30〜14:00、17:30〜21:00
平均予算 1,000〜2,500円

seisuian.jpg motisyabu.gif
----------

食べっぱなしの一日。
砂丘は、好きみたい。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック