【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2012年01月18日

読んでくれてありがとうです

昨日の記事を読んでくださった方、メールをくれた友達、ありがとうです。
ただ私の現状を書いただけだけど、それをずばりすらりと書けるようになるまでに、ずいぶん時間がかかりました。
これはまあ自惚れですが、なんで時間がかかったかと言うと、私が病気になったことを「自分のせいかもしれない」と責めるかもしれない人がいたら嫌だと思っていたから。
「演劇のせいで病気になったのだ」と思われるのが嫌だと思っていたから。
…と書きつつも、今になって言葉にしたからと言って、勘ぐる方はどこまでも勘ぐるだろうし、それは人のさがでもあり当然のことだと思います。

ただ、こんな私が言うのもなんですけど、
演劇はやっぱり素晴らしいです。
人間を考える上で。
感情ってものを考える上で。
生きることを考える上で。
死ぬことを考える上で。
人と人ってものを考える上で。

私を鬱という病気に落ち着かせたのは、他ならぬ私自身だと思っています。
別に美談にしたいわけでもなんでもなく。
私の性格が私自身を追い込んだ、ただそれだけのことです。
私はこれはもう最近は周りからもさんざん言われるようになったし自分でも昔から自覚してはおるのですが、どうにも周りで起きる出来事や自分の前で繰り広げられる会話に共鳴してしまうことが、人より少しばかし多いようで、まあ簡単に言えば過敏なんですね、「別にそれお前が気にしなくていーよ」ってことまで「私が○○さえ出来ていれば…」とか考えちゃう。
でもって、溜まったストレスをストレスだって認識するのに時間がかかる。
その上、3月生まれだからですかね、よく早産まれは負けず嫌いが多いなんて言われるけど、強がりなんですよ、ナメられたくないし負けたくないら「まだまだ大丈夫だもん、私」「なんでもこいこい」ってなっちゃう。
そして吐き出すのも不器用。自分の発した言葉で、行動で、回り回って傷つく人がいないかどうか、もうありとあらゆるパターンを想定する。出来る限り。で、結果、結局なかなか喋れる相手もなければ、その前にうまく自分の感情を言葉にすることが出来ない性質なので、そこにもひとつハードルがある。
語弊がないよう伝わればいいなと思いつつ書いてみるんですが、「もうちょっとばか(鈍感)だったら楽だったかもしれんのにねー」と自分に苦笑いします、心の中でよく。

環境的・状況的に、影響したものはもちろん自分の本来持っていた性格だけではないですが、それでもやっぱり、打開できる術はいくらでもあったはずだよ、と、周囲の知人・友人・先輩方を見ていて思います。

さっき私は、自分が鬱になったことを「私を鬱という病気に落ち着かせた」と書きましたが、これもちょっと思うところがあります。
私は、少なくとも私は、という話ですが、「鬱ですよ」=「病気ですよ」と確定されたことで、いくらか楽になったんです。
「鬱ですよ」とお医者に言われるまでの私は、どんどんやる気が起きなくなって、日々の家事もままならず、約束の時間に待ち合わせ出来なくなり、人付き合いに億劫になり、仕事も出来なくなり、外に出掛けることすら出来なくなり…という自分に、「まあ燃え尽き症候群だな」→「過度の怠け者なのかもしれない」と、結構な自己嫌悪の中に居ました。
「病気だって診断が下ればどんなに楽だろう」「薬で良くなるかもしれないならどんなに楽だろう」ってずっと思ってきた。私が鬱的症状に最初に見舞われたのは2005年のことなので、それから6年間くらいはずっとそんな風に思っていました。当時はまともにお医者に通う余裕すらなく多忙に駆けずり回っていたので、今となってはそれが鬱だったのか「鬱的症状」だったのかは不明なままですが。
それでもその頃はそれでよかったんだと思います。
寝不足で、しかしそれでも減らないタスクの山を前に、PCに向かって泣き喚きながら仕事したりもしてたけど、それでも充実してた。やりたいこと、私にしかやれないことが目の前にあった。

ゆくゆくは、服用してきた薬の詳細とか期間とか、それによって出た副作用とかも、記録がある限り残しておこうと思います。そういう実情報が、実際いま病にかかっている方には最も必要な情報だと思うので。私もネットであれこれ検索して随分助けられました。

鬱患者が年々増えているとは言え、まだまだ認知度の低い、内容の知られてない「鬱」という病気ですが、私は私の経験の上で書ける限り書いていこうと思います。私は田舎生まれなので、田舎にいけばいくほど、高齢の方になればなるほど、やはり認知されていないしそれが「怠け」じゃなくて「病気」なんだってことは難しい説明だというのは身をもって知っています。
書きながら勉強もしたいので、ここで書くことが誰かの何かの力になれば・材料になれば、少しは私が生きてる意味にもなりそうです。

なんてことも思ってますが、ゆるっとやっていきます。
ふー、今日も恐る恐る更新してみる次第です。


posted by たなか沙織 at 17:48 | Comment(2) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偶然ブログをみつけてコメントさせて頂きます。世の中にはHighly Sensitive Person(HSP)とよばれる人たちがいます。5人に1人はHSPといわれるのですが、非HSPの人よりも敏感で多くの人が気付かない事に気が付きやすく、それゆえに人より疲れてしまう、人より睡眠が必要、他人の気持ちに敏感で影響されやすい、ということがあるようです。もしかしたら貴女もHSPかもしれないですね。私は自分がHSPだと自覚した後、生きるのがすごく楽になりました。。。
Posted by Manami at 2012年03月01日 23:41
≫Manamiさん
コメントありがとうございます。お返事が遅くなってしまいました、ごめんなさい。
「HSP」という言葉があるのだということは、初めて知りました。しかし確かに、「あなたは人よりも少しだけ敏感で、いろんなことに気が付きやすいんだよ」と友人に数年前言われたことはあります。その時はその言葉に、「そうかあ、周りからもそう見えているなら、そうなのかもしれないな」と救われた気持ちがしたのは今でも覚えています。HSPと呼ばれる人たちがいるのですね、教えて頂いてありがとうございます。少し調べてみようと思います。
Posted by たなか沙織 at 2012年03月12日 06:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]