【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2013年03月30日

本日10時チケットご予約開始です

日が変わって本日3月30日(土)10時、風琴工房・詩森ろばさんの脚色・演出の「おるがん選集3」のご予約受付が開始となります。

「え。田中沙織、役者で出るの?」
とよく言われるようになりましたが、そうなんです、出演なんです。

この数年の色々を思い出しながら今、文章を書いてるのですが、なかなかうまく表現できません。

今たしかに言えるのは、もともと川上弘美さんの作品が大好きだった私が、このタイミングで、『物語が、始まる』というタイトルの作品で再出発できることは、私には奇跡のように嬉しいことだということです。先日詩森さんからはすでに、すばらしい脚本をいただきました。あとは私たち役者が、素直にその持ち味を体現するだけ。同時上演する鷺沢萠さん原作の『痩せた背中』も、はかなくうつくしいお話です。

どうか、お越しいただけたら、嬉しいです。

▼ご予約はこちらから
※簡単なWEBフォームからご予約いただけます。
※以下のURLからご予約いただくと自動的に田中沙織扱いでのご予約となります。
https://ticket.corich.jp/apply/44439/003

▼公演詳細はこちらから
http://anythinggoes-ts.seesaa.net/article/343507923.html


posted by たなか沙織 at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【出演情報】風琴工房「おるがん選集3」/『物語が、始まる』

おるがん選集3
2013年4月27日(土)〜5月6日(月)
@くらしのアトリエひらや

flyer.jpg

【ご予約】下記のURLからご予約いただくと自動的に田中沙織扱いでのご予約となります。
https://ticket.corich.jp/apply/44439/003

【最新残席状況】http://anythinggoes-ts.seesaa.net/article/357159660.html


─文学を見る、演劇を読む─

「おるがん選集」は、文学を演劇にする企画です。
これまで、横光利一、永井荷風、太宰治など日本の小説からカフカ、モーパッサンなど海外文学まで、様々な文学作品を場所とひとに宛て戯曲化して参りました。
三回目となります今回は、会場は中野と高円寺のあいだの住宅街にひっそりと建つ、古い平屋の一軒家にて、第一回にも上演し好評を得た鷺沢萠の「痩せた背中」、そして、今回の新作となります川上弘美の「物語が、始まる」、現代作家の作品二編を上演いたします。
どちらの作品も、中央線の走るこの町にふさわしい、切なく、少しだけ歪んだ恋の物語です。


【脚色・演出】 詩森ろば

【演目】
「物語が、始まる」 原作:川上弘美
ひとりぐらしのゆき子は、ある日、公園の砂場で男の雛形を拾う。雛形は成長し、成人の男性のように見えるものとなる。なんの気なしにはじまった雛形との生活は、恋人との関係や、ゆき子自身の生活に浸食し、恋人とも家族ともいえない関係を切り結んでいく。
≫出演:田中沙織・佐野功・根津茂尚

「痩せた背中」 原作:鷺沢萠
今は東京に暮らしている青年は、父親の訃報で故郷に帰る。そこは、父の後妻である美しい女と、父、三人での忘れえぬ、しかし現在も青年に影を落とす思い出の詰まった場所であった。父の葬儀で、童女に返ったかのような女と青年は再会する。
≫出演:酒巻誉洋・李千鶴・宍戸香那恵・根津茂尚

【会場】 くらしのアトリエひらや
杉並区高円寺北1-9-20
<アクセス>JR高円寺駅もしくはJR中野駅からそれぞれ徒歩約10分

【日時】
4月27日(土) 19時
4月28日(日) 17時
4月29日(月) 14時/19時
4月30日(火) 19時半
5月1日(水) 19時半
5月2日(木) 19時半
5月3日(金) 14時/19時
5月4日(土) 14時★/19時
5月5日(日) 14時★/19時
5月6日(月) 13時/17時

【料金】 各回25名(完全予約制)
前売…2500円/障害…1500円 
★カフェごはん付チケット…3500円 限定8枚(5月4日、5日昼の回のみ)

【チケット予約開始】 2013年3月30日(土)10時〜

【ご観劇にあたり】
小さな小さな会場です。フロントスタッフも置けませんので(いる場所がないのです)、お客様にもご不便かけるかと思います。その分、心をこめておもてなしを心掛けますので、予め以下のことをご了承のうえ、おでかけいただけますと幸いです。
●会場は住宅街にあり、早めにおつきになってもロビーなどお待ちいただける場所がありません。また道路での待機は近隣のご迷惑になる可能性がございます。お近くの緑地、途上にありますカフェ等、天候に合わせてご利用いただけますと幸いです。
●演出の関係上、上演開始後の入場ができません。遅れた場合、2演目目よりのご入場となります。扉に貼られたご案内をご覧ください。
●劇場外公演という性質上、道に迷われたお客様をお待ちし開演が遅れる場合がございます。
●1演目目と2演目目のあいだに、客席の配置転換がございます。ご協力ください。
●椅子席とベンチ席、桟敷席がございます。受付順でお好きなお席に座っていただきます。お体の都合で椅子席ご希望のお客様は予約時にお知らせください。
●カフェごはん付公演は、会場がベジタリアンのための空間のためお野菜のみの食事です。公演終了後に提供されます。2回だけの限定開催となりますので、タイムテーブルでご確認の上ご予約ください。

【公演情報WEB】
http://windyharp.org/senshu2013/
-------------------
田中は『物語が、始まる』に出演いたします。
大好きな作家・川上弘美さん原作の物語の中に、信頼と興味募る一方の書き手であり演出家である詩森ろばさんの脚色・演出で立つことが出来る事を、本当に幸福に思っています。


posted by たなか沙織 at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

さくらがきみどり

久しぶりに日中に家にいられる日が少し続くので、自転車で近所に出かけた。

数日前から喉が酷く痛い。
母曰くうちの家系は喉が弱いらしいが、それは幼い頃からなんとなく感じていて、風邪をひく時はかならずまず喉がダメになるし、もともと大きな声があまり出ないのがコンプレックスで、それがあって合唱をやったり演劇をやったりしはじめたところもある。もちろんそれ以前に歌うことや台詞を喋ることが好きだったから、声がまわりの人より出ないことをコンプレックスに感じた、というほうが正確なのだけど。
弟は仕事のストレスで声が出なくなった時期もあったし、母も疲れると喉の調子が悪くなるらしい。私は今までそういうことはあまり感じてこなかったけれど、なんだか今回はおかしいぞと思い、うがい薬でうがいしたり風邪かもしれないなと風邪薬も飲んでみたりしたが一向に良くならず1週間くらい経った。だいたいはうがい薬がよく効いて、風邪のひきはじめなんかでもけろっと治ったりする。
加えてどうやら私も今年からはついに花粉症であることを認めざるを得ないらしく、目が痒かったり鼻水が出たりするのと一緒になっちゃってるから、この喉の痛みが風邪なのかどうかもよくわからない。全身筋肉痛みたいにも数日なってたけれど、それはジョギングを始めた時期と重なったのでその症状も風邪だったのか単に筋肉痛だったのかわからない。
そんなこんなで、しかし日に日に回復するどころか声が思うように出なくなるばかりなので、これから稽古も始まるのにこりゃまずいだろと思い、近所の病院に寄った。結果、「扁桃腺炎だねー」とぺろっと言われて、抗生物質をもらって帰ってきた。内科も皮膚科もやっている病院なので、なかなか治らないさかむけを見せたところ、「化膿してるねー」とこれまたぺろっと言われて、塗薬ももらって帰ってきた。

八百屋ではレジのおばちゃんが105円多く打ったのが気になりつつもその場では言えないで、一度売り場で表示価格を確認してからあらためてレジに行って、ひょろひょろの声で「あの、たぶんこれ105円多いんですけど…」と申し立て105円返金してもらったりした。105円くらいどうだっていいじゃないか、という気持ちもあるのだけれど、そんなに裕福な家計事情ではなく、そしてそれは今、私一人の家計ではないから、たかが105円だって大事な105円だ。

まあなんか、そんな風にして、生活している。

見返りがないことにも拭いきれない期待や思いやりが報われないことにも、もう慣れ始めてしまっている。それが悪いことだとは思わない。期待することも思いやる方法も人や場合によってそれぞれだし、それぞれであることをわかって、穏やかに生活できたらそれでいい。それぞれであることを承知しておく、というのが、いつだってきっと大事だ。そしてそれがなかなか、難しい。

帰り道、コンタクトレンズもつけず眼鏡もかけずでぼんやり見慣れた景色を眺めていると、桜はもう少し散って、木によっては葉桜になっていた。この、少し新緑が芽生えはじめて薄桃色の花弁と一緒に木に広がっている時季がとても好きだ。今日は視界が少しぼやけていたせいで、薄桃色のはずの花弁までもなんだかきみどりいろに見えて、今まで見たこともないような、うっすらとしたきみどり色の花弁を実らせる木に見えた。

うつくしいなあ、と思って眺めていたら、黒くて丸い虫が勢いよくぶーんと飛んできて私のコートに当たって、ぽとり、と落ちた。
なんだかわからないけど、ごめん、と思った。


posted by たなか沙織 at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

文章が書けない

ぐん、と嬉しいことが起きたと思ったら次の瞬間
ずどん、と嘘みたいな悲痛なことが起きたりしていて、
このところうまく自分をとらえきれない。

なんでも書きたいと思いながら全然文章が出てこないでいます。
いちばん繋がっていたい人とは「言葉」を「会話」にすることすら出来なくて
いちばん遠くに感じる。

私は少なくとも去年の今よりも、その前の年の今よりも、進歩していると思う。
思う気持ちは確かなものだけれど、進歩したことがよかったのかどうか自信がない。
それを決めるのは結局は自分なのだけれど。


演劇の予定があることだけが救い。


posted by たなか沙織 at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

【出演情報】カスガイ2nd connect『バイト』

【出演情報】
カスガイ 2nd connect『バイト』
脚本:喜安浩平
原案・演出:玉置玲央
<東京公演>2013年6月12日(水)〜23日(日)@中野テアトルBONBON
<大阪公演>6月28日(金)〜7月1日(月)@in→dependent theatre 2nd

s-visual01.jpg

【ご予約】下記のURLからご予約いただくと「カスガイ オリジナルチケット」でのご予約となります。
http://kasuguy.seesaa.net/article/361862924.html

-------------------
田中は構成員でもある、玉置玲央が主宰するユニット「カスガイ」の久方ぶりの公演です。
1st connect『リビング』が上演されたのは2009年。
構成員に川村紗也(劇団競泳水着)、須貝英(箱庭円舞曲)、村上誠基、そして私・田中沙織が加わり、さらに素晴らしい客演陣をお迎えして、東京そして大阪にて公演いたします。
-------------------

■あらすじ
都心から電車で二時間。
ある製紙工場で働く作業員たち。
は、勝ち取らなければいけなかった。
安息とか平穏とか、尊厳を。
誰かがそれを脅かすのなら、守らなければならなかった。
のだが、気付いた時にはもう遅い。
緩やかに、蔓延るものなのだ怠惰は。

だから噛みつきたい。
だから噛みつかれたい。

会議室に集まる人々と、貴方と、私の、90分間。

虐げる者と抗う者の、話。

『死にたく無ければ兎にかく噛みつけ』

■出演
川村紗也
須貝英
田中沙織
村上誠基

浅野千鶴
岡田あがさ
荻野友里
片桐はづき

山崎彬
山田百次

玉置玲央

■スタッフ
音響:上野雅
照明:吉村愛子(fantasista?ish.)
舞台美術:稲田美智子
舞台監督:鳥養友美
演出助手:入倉麻美
宣伝写真:引地信彦
宣伝美術:山下浩介
制作:赤羽ひろみ/加藤恵梨花
制作協力:ゴーチ・ブラザーズ
製作:カスガイ
プロデューサー:玉置玲央

協力:is/イマジネイション/zacco/ダックスープ/NoH-Ra/fantasista?ish./フォセットコンシェルジュ
味わい堂々/柿喰う客/劇団競泳水着/劇団野の上/青年団/ナイロン100℃/箱庭円舞曲/ブルドッキングヘッドロック/悪い芝居
(順不同・敬称略)

■会場&公演スケジュール
【東京公演】
中野テアトルBONBON

〒164-0001
東京都中野区中野3-22-8
[tel]03-3381-8422
[web]http://www.pocketsquare.jp/bonbon/

→2013年6月12日(水)〜23日(日)
※全15ステージ

12日(水) 19:30★
13日(木) 19:30★
14日(金) 15:00★/19:30★◇
15日(土) 15:00
16日(日) 13:30/17:30◇
17日(月) 19:30
18日(火) 休演日
19日(水) 15:00/19:30◇
20日(木) 19:30
21日(金) 15:00/19:30◇
22日(土) 13:30
23日(日) 13:30

【大阪公演】〈大阪市助成公演〉
@in→dependent theatre 2nd

〒556-0005
大阪府大阪市浪速区日本橋4-7-22
[tel]06-6635-1777
[web]http://itheatre.jp/

→2013年6月28日(金)〜7月1日(月)
※全6ステージ

28日(金) 19:30★
29日(土) 13:30/17:30◇
30日(日) 13:30/17:30◇
7月1日(月) 15:00

----------

★→『喰いつき割』実施!
前半数ステージを割引料金でご提供!
この公演にいち早く『喰いついた』モノ勝ちの、お得なステージです!

◇→『アフタートーク』開催!
終演後、ゲストを招いてのアフタートークを開催!
ゲストの詳細は追ってWEBにて発表します!

■チケット料金(全席指定・税込)
前売券 3,900円
つながり割 3,500円(3名様1組10,500円での販売)
喰いつき割 2,900円
学生割引 2,000円

※当日券は、各前売料金から500円増し。
※つながり割は劇団のみの取り扱い、前売券のみの販売、3名様同一日程でのご予約限定。
※学生割引は前売券・当日券共に、ご観劇日に受付にて学生証要提示。

■ご予約
5月18日(土)AM10:00、チケット一般発売!

■お問い合わせ
カスガイ
[mail]kasuguy.mail@gmail.com
[web]http://kasuguy.seesaa.net/さらに注目の新着情報はこちら!


posted by たなか沙織 at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする