【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2011年07月19日

結婚について その3

すごく正直に書いてみようと思う。

結婚式のあれこれを準備していると、なぜかいつも動悸が激しくなる。
なんだろう?と今日ちょっと立ち止まって考えてみた。

結果。
たぶん自分が主役をつとめるなんてことが、とっても場違いな気がしている。
しかも劇場で、というのが場違い感に輪をかけている。

劇場は、演劇と出会った10年前から、ずっと変わらず大好きな場所だ。
母親のようにも思うし、とにかく神聖な場所、腐った心で向き合ってはいけない場所だと思っている。ずっとそう思って演劇の仕事に携わってきたし、今も変わらずそう思っている。
けれど、「制作という仕事を私には生業に出来ない」と思った3年前を思うと、身体が音を立ててばりばりとちぎれていくような感じがする。劇場を、演劇を離れるにあたって当時、十分な準備ができる体力と気力を持ち合わせていなかった私は、随分強引な別れ方をしたし、大事に思っている周囲の人たちに多大な迷惑をかけた。

後ろばかり見ていたってどうしようもない、
その上で、今これから、どうするかだ、

と無理矢理にも思えるようになってきたのは最近のことだが、それでも今回の結婚式のことを考えると、振り返らずにはいられない。
その当時のことがあって、今の私があり、それでも私の周りに居てくれる人がある。
もちろん、失った人もいる。

あの時そうとしか生きられなくてしてきた選択に後悔はない。
忙しかった毎日も、強引に演劇から離れたあの時も、今同じ時間・同じ地点にタイムトラベル出来たとしても、私には同じ選択しか出来ないと思う。
それでも、
情けなく、
哀しく、
そして演劇に、劇場に、周囲の人々に、申し訳なくて仕方ない。

そんな私が劇場で結婚式なんて挙げていいのだろうか、と思う。
許されないように思う。
けれど、この結婚式という人生の岐路において、劇場のこと・演劇のことに、もう一度向き合ってみろということでもある、と思う。
ああそうか、むしろ、向き合ってみたい、という私の意志なのだ。

幸いにも、両家の家族にも了承を得て、劇場での、決して一般的ではない結婚式を挙げることができる運びとなった。多くの友人が力を貸してくれることになった。本当に、本当に有り難いことだ。

以前もブログに書いたけれど、
自分の産んでしまった不義理に反省する気持ちは持ち続けながら、それでも私はどうしたってものを創作する生き方以外には生きていけそうもないのだから、そういう自分に、改めてきちんと向き合って行こうと思う。
結婚式は私にとって、そういった意味でも起点になる日だ。

これからもたくさんの選択をして生きていかなければいけない。
いやいや、
自分自身で、どんなものもどんな風にも選びとって生きていけるのだ。


ああほんとうに、感謝の限りを尽くした式にしたい。ご来場くださる方、ご協力いただく方に心の底から楽しんでもらえるような日にしたい。
動悸と闘いながら、一生懸命準備してますので、どうかご来場いただければと思います。
私や谷賢一を知る方も、もちろんそうでなくこの企画に興味を持って下さった方も。

ありがとうとごめんなさいを、いくら伝えたくても伝えきれない。


posted by たなか沙織 at 20:50 | Comment(3) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

市民影絵劇団のこと

高校生の頃お世話になっていた、今でも自分の根幹となってる市民影絵劇団のWEBやブログを久々に覗いた。いいなあ、私も影絵やりたいなあ。と純粋にただただ思った。

影絵と一口に言っても色々な手法があって、手操作の影絵人形を作ってスクリーンの裏から動かすこともあれば、出演者が衣装をつけスクリーン裏から陰になって芝居をしたり、そのままスクリーン前に出てきて芝居をしたりする。もちろん、人間の手そのもので別のもの(犬とかうさぎとか鳥とか)を表現する手影絵もある。
公民館サイズでやる小さな持ち運び出来る規格の作品もあれば、1,500席の大ホールで上演してもひけをとらない、大きなスクリーンでやるような作品もある。

私がきちんとこの劇団に関われたのは、大学進学のために東京に出てくるまでの正味2年間。
その劇団が今年、創立10周年を迎える。
劇団の方には今も昔も本当によくして頂いて、まだひよっこだった高校生の私に、出演や演出やイベント司会や、と様々な機会を与えてくださった。今でも鳥取に帰省の連絡をすると、関係者に声をかけて食事の席を設けてくださったりする。

私の知らない8年間の間に、きっといろいろな出来事があったんだろうと思う。
どんどん新しい子どもが入ってきて、大人が入ってきて、抜けていって、全員が素人から始めたこの劇団は、きっと私が想像できないくらいに成長している。たくましくなっている。

「地方でだってこんな素敵な作品が作れるんだ」「子どもも大人も、誰だって長所を生かせる場所を、演劇は提供できるはずだ」、と、はっきり思わせてくれたのはこの劇団があったからだった。どんな未経験者にだって、やれる仕事がある。喋るのは苦手でもハサミを使うのがとっても上手な人、ひっこみじあんでも踊るのが好きで好きでたまらない人。
いろんな人が居て、いろんな方法で関わることが出来て、居場所を作れるということ。
それが、生きていく上でとても素敵なことだということ。
そう、だから演劇の勉強をすることを選んだのだし、東京に出てきたのだった。ああ、久々にきちんと思い出した。

出来ることならもう一度だけでもいいから、私も飛び込んで一緒に創作がしたい。

昨日、この劇団の皆さんに結婚のお知らせをするためのメールを送った。
お世話になった方ひとりひとりの顔を思い浮かべながら、そして父親のようでも兄のようでも戦友のようでもあったやまちゃんのことを思い出しながら、感謝の気持ちでいっぱいになって勝手に泣きそうになった。


posted by たなか沙織 at 01:04 | Comment(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

メロン丼っ

実家から立派なメロンが届きました。
有り難い。

DSCF2219.jpg


とりあえず半分切って「メロン丼」状態。
ぜいたくぜいたく

DSCF2216.jpg


「丼」的に何杯でも食べれるのは、いちご・メロン。
バナナは好きだけどお腹ふくれるのであまり食べれない。

なんていう、なんでもない記事でした。
おかあさんおばあちゃんありがとー。


posted by たなか沙織 at 19:19 | Comment(2) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月4日、お試し出店第1弾

遅ればせながら写真をのっけてみる。
7月4日(月)の、本郷剛史プレゼンツお試しカレー屋さん。
将来お店を開きたい本郷剛史と田中沙織が、7月4日(月)1日限定で、お試し企画としてお店を開きました。カレーと飲み物で1,200円。私はカレーをよそったりベトナムコーヒーをいれたりしておりました。

予想以上にたくさんのお客様にお越し頂き、初めてのお試し出店、無事終了しました。お席が足らずお座り頂けなかったお客様には、本当に申し訳ありませんでした。それでもわきあいあいと、お客様同士で譲り合って頂いたりしながら…、本当にありがとうございました。


うたうMOGMOSさんと賑わう店内。ひとつひとつの声、音、表情、すべてが優しくあったかく、素敵。

DSCF2213.jpg


MOGMOSさんの歌、永島敬三くんの落語、山下浩介さんの絵、そしてサプライズ!な催しも、お店に花を添えて下さり、とても素敵な催しとなりました。ご来店のお客様からも直接お言葉をたくさん頂き、嬉しい限りでした。


開店前の本郷剛史と看板。

DSCF2211.jpg


DSCF2209.jpg


写真を撮った後で、「カレー」のつづりが間違っていることを絵空箱のスタッフさんから突っ込まれ、爆笑しながら修正しました。正しくは「CURRY」だ。


今回お試しで出店させて頂いたことで、問題点も具体的にハッキリと分かり、お客様のお声も直接頂けて、大変貴重な機会でした。問題点を一つ一つ解決しながら、またこういった機会を設けることが出来れば、と思っています!席が足りないわ、カレーが足りないわ、お米が足りないわ、と次々すったもんだでしたが、ご来店いただいた皆様、そして場所を提供してくださった絵空箱さんに、心から感謝をお伝えしたいです。


久々にたくさんの人に会えて、大勢の人に囲まれて、ちょっと疲れたけれども、それ以上にあの人この人に会えて嬉しかった。


posted by たなか沙織 at 00:31 | Comment(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

2010年5月に描いた何のためでもない絵。

90cm×180cmのベニヤ1枚に、とにかくペンキやら絵具やらを塗りたくりたい欲求に駆られ、大きな魚を描いた。

01.jpg


妹のように愛しくて仕方ない女の子が、「実家の両親に送るでっかい絵を描く」というから、便乗した。結局同居人の1人も加わり、3人が一部屋にビニールシートを敷いて、それぞれの絵を描いた。
単純に、ただただ楽しかった。
どうせ描くなら自分が描きながらハッピーな気持ちになれるような絵にしよう、と思いながら描きはじめ、5日間くらいずっと絵の前で生活して、完成するころには周囲の大切な人たちへの感謝の気持ちでいっぱいだった。ひとつひとつ水泡を繋ぎ合せながら、私に関わってくれる人ひとりひとりに思いを馳せた。一度塗った上から新たな色で水泡を重ねたり、寄り添わせたりしながら、色んな事を思い出し、考えた。

以下、製作過程


posted by たなか沙織 at 23:45 | Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年4月に描いたフライヤー用の絵。

flyer.jpg


静岡にて、とあるアトリエが閉鎖になるということで最終公演として企画された演劇公演のためのもの。
演劇に対する思いを整理する上で、とても貴重な機会だった。


posted by たなか沙織 at 23:40 | Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚について その2

結婚することについて書いてみる。その2。
倉橋ヨエコを聴きながら。
すこし、むかし話。


2010年2月・3月の2ヶ月間、私は療養のため実家に帰省しており、ただただ寝て起きて、運ばれてきたご飯をなんとか少し口にし、必死でお風呂に入り、また寝て起きて…という日々を、どうしようもない気持ちでたんたんと送っていた。
そんな中で3月、久々に開いたパソコンで、谷さんのブログを読んだ。周りの知人たちの近況を知ることは、人の幸福を心から喜べそうになかった私には当時とても難しいことだった。それでも久々にパソコンを開き、恐る恐るいろんなブログを読んだりメールを確認したりしたのだった。そして、苦悩しつつも潔く演劇に立ち向かおうとしている彼の近況を伝える姿勢に、とても感銘を受けた。東京に帰って、彼と話をしてみたい、と直感的に思った。
すぐにメールを送った。
律儀なお返事が返ってきて、いずれ会いましょう、という話になった。
まあでも社交辞令かもなー、と、後で凹むのが嫌な私はやんわり受け止めておくことにした。

2010年4月、色々に考えを巡らせた結果、回復するには東京で過ごすのが良いだろうという結論にたどり着き、帰京した。
せめて自分のごはんを自分で確保する。汚した皿を洗う。お風呂に入る。洗濯をする。掃除をする。そういうひとつひとつを自分でどうにかしなければいけない環境に自分を置かないと、このまま鳥取に居て世話してくれる家族がある中では、どろどろに甘え切って私はきっと溶けてしまう、と思った。死ねない、死ねないのだ私は。だから生きるしかないのだ、と。

東京に戻った私は、当初、一食食べきるために箸を持つことにすら筋肉痛で、スーパーに買い物に歩くとか荷物を持って帰るとかお風呂掃除をするとか、そんなこと一つ一つにガタガタいう体をどうにか平常に戻そうと、必死だった。完全に筋肉量が戻るには1ヵ月かかった。1ヵ月かかっても私は、人が怖い人が怖いと思っていたし、演劇怖い演劇怖いと思っていた。それでも家族・ルームシェアの同居人・友人が手を差し伸べてくれ、どうにかこうにか笑うようになり、相手の目をみて話が出来るようになり、外出することが出来るようになった。
支えるともなく、気付かないくらいそっと、隣に居て手を差し伸べてくれたみんなのことを、未だに鮮明に思い出す。外食に出かけることが出来るようになったし、IKEAに買い物にも行ったし、六本木に遠足みたいなお出かけもした。外でビールを飲んだ。チラシの絵も描かせてもらったし、ベニヤにおっきな魚も描いた。手紙も書いた。黄色い封筒のお返事ももらった。三軒茶屋のど真ん中でわんわん泣いた。WSのアシスタントにも出掛けた。WSの受講もした。新しいメガネを買った。ずっとみんなが代わる代わるに手を繋いでいてくれた。

感謝しても、しきれない。

私は私自身に対して自信なんて全く持てないけど、こんなに素敵な人たちが見捨てないでそばに居てくれることを誇りに思わなければバチが当たる。きっと私が、まだ総てを失ってなどいない証拠なのだから、私は私の大好きな人たちが好きで居てくれる田中沙織を見放さないでいよう、と思った。今もそう思って生きている。

そういう中で5月、谷さんと呑みに行った。
大好きな下北のタイ料理のお店に行った。
そして美味しいタイ料理をさかなに、さんざん呑みまくり、話しまくった。
演劇の話はほとんどまったくと言っていいほどしなかった。家族の話をしたり、読書の話をしたり、その日までの互いのあれこれをざっくばらんに話した。
結局その日は夕方から翌朝にかけて約10時間飲み続けた。
あんな妙ちくりんな(そして呑み過ぎな)夜は、後にも先にもあの日しかない。
その日がきっかけで、谷さんとのお付き合いが始まった。


posted by たなか沙織 at 23:14 | Comment(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚について その1

結婚することについて書いてみる。その1。
その2以降が書けるかどうかわからないけども。


幼少期から「自分はきっと楽しい家庭を作ってみせる!」と、かたくなにかたくなに思い続けた私が、結婚願望をぱたりと失った途端、ふとしたことで谷賢一さんに出会いました。
当時私は、男なんて信用ならんものだ、と心底思っていたし、その思いが拭えない限り結婚なんて出来るわけがないなと、腹をくくったところだった。

偶然とは、ほんとうに不思議なものです。

谷賢一さんとは、劇団「時間堂」さんで2007年に私が制作・谷さんが演出助手という立場で出会ったのが最初です。それから3年間、時間堂さんの現場で顔を合わせる以外は、お互い観劇の際に客席やロビーですれ違うくらいなものでした。

それが、ある時お互いのタイミングがぴったりと重なって、一緒に居るようになった。
谷氏も自身のブログに書いてくれていますが、谷さんと一緒に居るようになって、私の方もめきめき心身ともに健康になり、外出することができるようになり、演劇を観に行くことができるようになり、活動に携わることも少しだけどできるようになった。

道端に咲く花をああなんて可愛らしいんだろうと思うようになり、太陽の下ではなうた歌いながら歩くことをなんて幸せだろうと思うようになり、美味しいものを食べたいと思うようになり、ものを創ることはやはりなんて素晴らしいのだろうと思うようになり、この人の歳を重ねる姿を近くで見続けたいと思うようになり、ああ出来れば長く近くに居たいと、それはつまり、
生きていたい、
と思うようになった。
それは私の中で、血液全部入れ替えたくらい、衝撃的に自分自身を変えてくれた事件とも言える出来事だった。
正直な話、演劇の世界から離れてそれまで私は、まったく褒められたものじゃない、「死ねないのだから生きているしかない」という惰性で生きる生き方しか出来ないでいたのです。そうして、他人を思いやる余裕なんてひとつもない私を、それでも谷さんはたくさんの言葉や行動をかけて支え抜こうとしてくれた。
そして今もそれは変わらず、そばにいて優しく力強く、背中を押してくれています。

賢く、感性豊かで、それに伴う言葉と行動のタイミングを逃さず真正面から生き、そして創作活動に真摯に向かい合っている彼を、私はいっぺんに好きになったし、彼のそういう生きる姿勢は、着実に私に生きる意志を芽生えさせてくれています。そういう人と、お互い思い合い、生活まで共に送れるのだということは、とても稀有なことで、心から感謝して生きる毎日です。

これまでそれぞれに生きてきた中で、そりゃあ色んな事があったけれど、今だって色んな事があるけれど、これからだって生きていかなければいけないのだから、いつまでもくさくさしていてもいけないな、と思えるように、少しずつなってきた。
自分の産んでしまった不義理に反省する気持ちは持ち続けながら、それでも私はどうしたってものを創作する生き方以外には生きていけそうもないのだから、そういう自分に、改めてきちんと向き合って行こうと思っています。

まだまだ病院通いの続く私ですが、病気とも一歩一歩向き合って薬を飲まずに生きていけるようになりたい。浮き沈みの激しい過敏な精神はどうしようもなさそうだから、それでも笑って生きてられるように一歩一歩道を進んでいきたい。

こうした前向きな気持ちを少しずつ持てるようになったのも、結婚という決断を出来たのも、今まで関わったすべての人々、家族や仲間や友人や先輩方や、演劇の現場で出会ったお客様や、現場をお手伝いくださった皆さんや、ブログを読んで下さる方や、書ききれない本当にすべての方々のおかげだと思っているので、その感謝の気持ちを忘れず、ゆっくりかもしれないけれどしっかり生きていこうと思います。

まずは8月16日(火)・17日(水)の2日間、3ステージにわたる結婚式を、2人の大好きな場所劇場で行いますので、そこで皆さんへの感謝を少しでも形に出来ればと思っています。一般のお客様もどなたさまもご来場いただけます。ご都合がつく方には、ぜひお越しいただければ、この上なく幸いです。


≪結婚式の詳細はこちら


posted by たなか沙織 at 19:34 | Comment(1) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする