【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2011年07月14日

市民影絵劇団のこと

高校生の頃お世話になっていた、今でも自分の根幹となってる市民影絵劇団のWEBやブログを久々に覗いた。いいなあ、私も影絵やりたいなあ。と純粋にただただ思った。

影絵と一口に言っても色々な手法があって、手操作の影絵人形を作ってスクリーンの裏から動かすこともあれば、出演者が衣装をつけスクリーン裏から陰になって芝居をしたり、そのままスクリーン前に出てきて芝居をしたりする。もちろん、人間の手そのもので別のもの(犬とかうさぎとか鳥とか)を表現する手影絵もある。
公民館サイズでやる小さな持ち運び出来る規格の作品もあれば、1,500席の大ホールで上演してもひけをとらない、大きなスクリーンでやるような作品もある。

私がきちんとこの劇団に関われたのは、大学進学のために東京に出てくるまでの正味2年間。
その劇団が今年、創立10周年を迎える。
劇団の方には今も昔も本当によくして頂いて、まだひよっこだった高校生の私に、出演や演出やイベント司会や、と様々な機会を与えてくださった。今でも鳥取に帰省の連絡をすると、関係者に声をかけて食事の席を設けてくださったりする。

私の知らない8年間の間に、きっといろいろな出来事があったんだろうと思う。
どんどん新しい子どもが入ってきて、大人が入ってきて、抜けていって、全員が素人から始めたこの劇団は、きっと私が想像できないくらいに成長している。たくましくなっている。

「地方でだってこんな素敵な作品が作れるんだ」「子どもも大人も、誰だって長所を生かせる場所を、演劇は提供できるはずだ」、と、はっきり思わせてくれたのはこの劇団があったからだった。どんな未経験者にだって、やれる仕事がある。喋るのは苦手でもハサミを使うのがとっても上手な人、ひっこみじあんでも踊るのが好きで好きでたまらない人。
いろんな人が居て、いろんな方法で関わることが出来て、居場所を作れるということ。
それが、生きていく上でとても素敵なことだということ。
そう、だから演劇の勉強をすることを選んだのだし、東京に出てきたのだった。ああ、久々にきちんと思い出した。

出来ることならもう一度だけでもいいから、私も飛び込んで一緒に創作がしたい。

昨日、この劇団の皆さんに結婚のお知らせをするためのメールを送った。
お世話になった方ひとりひとりの顔を思い浮かべながら、そして父親のようでも兄のようでも戦友のようでもあったやまちゃんのことを思い出しながら、感謝の気持ちでいっぱいになって勝手に泣きそうになった。


posted by たなか沙織 at 01:04 | Comment(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

メロン丼っ

実家から立派なメロンが届きました。
有り難い。

DSCF2219.jpg


とりあえず半分切って「メロン丼」状態。
ぜいたくぜいたく

DSCF2216.jpg


「丼」的に何杯でも食べれるのは、いちご・メロン。
バナナは好きだけどお腹ふくれるのであまり食べれない。

なんていう、なんでもない記事でした。
おかあさんおばあちゃんありがとー。


posted by たなか沙織 at 19:19 | Comment(2) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月4日、お試し出店第1弾

遅ればせながら写真をのっけてみる。
7月4日(月)の、本郷剛史プレゼンツお試しカレー屋さん。
将来お店を開きたい本郷剛史と田中沙織が、7月4日(月)1日限定で、お試し企画としてお店を開きました。カレーと飲み物で1,200円。私はカレーをよそったりベトナムコーヒーをいれたりしておりました。

予想以上にたくさんのお客様にお越し頂き、初めてのお試し出店、無事終了しました。お席が足らずお座り頂けなかったお客様には、本当に申し訳ありませんでした。それでもわきあいあいと、お客様同士で譲り合って頂いたりしながら…、本当にありがとうございました。


うたうMOGMOSさんと賑わう店内。ひとつひとつの声、音、表情、すべてが優しくあったかく、素敵。

DSCF2213.jpg


MOGMOSさんの歌、永島敬三くんの落語、山下浩介さんの絵、そしてサプライズ!な催しも、お店に花を添えて下さり、とても素敵な催しとなりました。ご来店のお客様からも直接お言葉をたくさん頂き、嬉しい限りでした。


開店前の本郷剛史と看板。

DSCF2211.jpg


DSCF2209.jpg


写真を撮った後で、「カレー」のつづりが間違っていることを絵空箱のスタッフさんから突っ込まれ、爆笑しながら修正しました。正しくは「CURRY」だ。


今回お試しで出店させて頂いたことで、問題点も具体的にハッキリと分かり、お客様のお声も直接頂けて、大変貴重な機会でした。問題点を一つ一つ解決しながら、またこういった機会を設けることが出来れば、と思っています!席が足りないわ、カレーが足りないわ、お米が足りないわ、と次々すったもんだでしたが、ご来店いただいた皆様、そして場所を提供してくださった絵空箱さんに、心から感謝をお伝えしたいです。


久々にたくさんの人に会えて、大勢の人に囲まれて、ちょっと疲れたけれども、それ以上にあの人この人に会えて嬉しかった。


posted by たなか沙織 at 00:31 | Comment(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

2010年5月に描いた何のためでもない絵。

90cm×180cmのベニヤ1枚に、とにかくペンキやら絵具やらを塗りたくりたい欲求に駆られ、大きな魚を描いた。

01.jpg


妹のように愛しくて仕方ない女の子が、「実家の両親に送るでっかい絵を描く」というから、便乗した。結局同居人の1人も加わり、3人が一部屋にビニールシートを敷いて、それぞれの絵を描いた。
単純に、ただただ楽しかった。
どうせ描くなら自分が描きながらハッピーな気持ちになれるような絵にしよう、と思いながら描きはじめ、5日間くらいずっと絵の前で生活して、完成するころには周囲の大切な人たちへの感謝の気持ちでいっぱいだった。ひとつひとつ水泡を繋ぎ合せながら、私に関わってくれる人ひとりひとりに思いを馳せた。一度塗った上から新たな色で水泡を重ねたり、寄り添わせたりしながら、色んな事を思い出し、考えた。

以下、製作過程


posted by たなか沙織 at 23:45 | Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年4月に描いたフライヤー用の絵。

flyer.jpg


静岡にて、とあるアトリエが閉鎖になるということで最終公演として企画された演劇公演のためのもの。
演劇に対する思いを整理する上で、とても貴重な機会だった。


posted by たなか沙織 at 23:40 | Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする