【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2011年06月30日

7月4日(月)限定で、お店を開きます。

将来お店を開きたい本郷剛史と田中沙織が、7月4日(月)の1日限り限定で、お試し企画としてお店を開きます。
お試し企画なので、メニューは「カレー」と「ベトナムコーヒー」と「お酒」のみです。
カレーと飲み物で1,200円です。

本郷剛史がカレーをふるまい、
田中沙織がコーヒーをいれ、
オーストラ・マコンドーで歌を歌っているMOGMOSさんが歌い、
柿喰う客の宣伝美術・山下浩介さんの絵が飾ってあり、
のんびり楽しくお過ごしいただくことを大事にしたい時間をつくります。
第1弾なので、お店とは言えたぶんきっとゆるーい感じです。
遊びに来る感覚で、ぜひぜひお気軽にお立ち寄りください。

どなた様も、突然お越しいただいてもちろん大丈夫です。
質問やメッセージ等ありましたら、このブログのコメント欄にお書き頂ければ幸いです。

『CARRRY』
日時: 2011年7月4日(月)17時〜23時半
場所: 絵空箱(〒162-0801 東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1〜2階)
アクセス: 有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分、東西線「神楽坂」駅 徒歩9分



posted by たなか沙織 at 19:11 | Comment(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

結婚します。式は劇場で挙げます。

突然のお知らせではありますが、この度、今年8月に結婚をすることになりました(本当に)。
相手は演劇の脚本・演出・翻訳を生業にしている、谷賢一さんという方です。DULL-COLORED POPという自身の劇団活動をしながら、青年団演出部に所属し、劇場・アトリエ春風舎の芸術監督でもある方です。

つきましては、末永いご厚情をお願いしたく、心ばかりの祝宴をご用意させて頂きました。人生で一度限りの慶事につき、式場には二人の大好きな場所、劇場を選びました。二人が愛する俳優・歌手・パフォーマーの皆様のご協力を賜り、歌舞音曲の入り乱れる、愉快な宴をお届けします。筋書きのない愛のドラマ、ダメ出しの要らない二人のエチュード、生涯続く愛と幸福のロングラン公演、その幕開けに、何卒ご臨席の栄を賜りたく、謹んでご案内申し上げます。

というわけで、結婚式は、劇場での「演劇公演」を模した形で行います。
フライヤーも先日完成し、現在公演中の谷賢一・演出『モリー・スウィーニー』@シアタートラムから、当日パンフレットに折り込みされています。
お客さまにはにはチケットを事前予約して頂き、振込前払いにてご来場頂きます。
なお、特に二人の直接の知り合いでない方でも、チケットをご購入頂き、ご参加頂くことができます!
チケット一般発売は、2011年7月1日(金)です。

当記事の下部にて、詳細を付記しておりますので、ぜひご友人・恋人・家族・知人様とお誘い合わせの上、ご来場頂ければ幸いです。

特殊な形態での式ですので、不明な点がありましたら、何なりとご連絡ください。
人生で2度無い日です。たくさんの方にお気軽にご参加いただければ幸いです。


谷賢一・田中沙織 結婚式
日時: 2011年8月16日(火)・17日(水) ※全3ステージ
会場: シアターグリーン BOX in BOX THEATER
チケット一般発売: 2011年7月1日(金)
----------
※ご注意※
・平服でご来場下さいませ。Tシャツ、ジーンズ上等です。
・祝電については劇場ではなく別記問い合わせ先までご連絡下さい。
----------
■会場

シアターグリーン BOX in BOX THEATER
〒171-0022 豊島区南池袋2-20-4 「池袋駅」東口より地上路で徒歩約6分
※駐車スペースがありませんので、車・オートバイでのご来場はご遠慮ください。
----------
■タイムテーブル

8/16(火) 18:00〜
8/17(水) 13:00〜
8/17(水) 18:00〜
※受付開始・開場は、開演の30分前です。
----------
■チケット

(※日時指定・全席自由)
8,000円(前売・当日とも)

※特に二人の知り合いでなくてもご観劇・ご臨席頂けます。
※料金には、観劇料・飲食費・お気持ち、すべて含まれています。ご祝儀は必要ありません。
※お席やお食事のご用意がありますので、極力ご予約の上ご来場ください。
----------
■チケットご予約方法

WEB予約フォーム(携帯可)
http://www.playnote.net/love/
----------
■スタッフ

舞台監督: 高木エルム
舞台監督助手: 大石憲
照明: 松本大介(enjin-light)
音響: 上野雅
衣裳(花嫁ドレス): 中埜愛子
衣裳(お色直し): chie*(*rism)
メイク・ヘアメイク: mame*(*rism)
美術: 土岐研一
宣伝美術: 山下浩介
フライヤーイラスト: あやもと美葉(漫画家)
フライヤー写真: mao
フライヤーコピーライト協力: 東谷英人
料理長: 塚越健一
パティシエ: 三嶋義信
ブーケ: 立木洋江(ファッション小物デザイナー)
嫁入り道具: 盛山朋彦(家具職人見習い)
ウェルカムボード: 松本美穂
スチール撮影: 堀奈津美(DULL-COLORED POP/*rism)
記録映像: 飯田裕幸
協力: DULL-COLORED POP、シアターグリーン
制作: 北澤芙未子(DULL-COLORED POP)、藤岡美咲、吉澤和泉

----------
■演目と出演者

◎新郎新婦: 谷賢一(DULL-COLORED POP)、田中沙織
◎司会: コロ(柿喰う客)
◎神父: 日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)
◎乾杯の音頭: 本郷剛史
◎友人代表挨拶: 玉置玲央(柿喰う客)、中田顕史郎
◎上司的な人の挨拶:
 16日夜… 伊藤達哉(ゴーチブラザーズ)
 17日昼… ???
 17日夜… 永井愛(二兎社)
◎ひみつのゲスト:
 16日夜… 新郎新婦親族
 17日昼… 葛木英(ehon)
 17日夜… 堀越涼(花組芝居)

◎結婚式特別公演・二人の馴れ初め妄想再現演劇
インタビュー・取材一切なし!二人の幼少期から出会い、そして結婚までを、妄想だけで執筆・演劇化!
 演出: 広田淳一(ひょっとこ乱舞)
 脚本: 『谷賢一幼少期編』…小栗剛(qui-co)
      『田中沙織幼少期編』…山本卓卓(範宙遊泳)
      『出会い、そして…編』…小松美睦瑠(コマツ企画)
 出演: 東谷英人、深谷由梨香(柿喰う客)、ほか

◎ゲスト歌い手:
 16日夜… 新良エツ子(てらりすと)
 17日昼… 小林顕作 with Tiny Alice Boogiee Band
 17日夜… 伊藤靖浩 with Tiny Alice Boogiee Band
※Tiny Alice Boogiee Band are: 新戸崇史(Bass)、千葉淳(Drums)、兼松衆(Keyboard)

◎余興: 竹中めぐみ+深谷由梨香(柿喰う客)+渡邊安理(演劇集団キャラメルボックス)
◎お笑い: 村上誠基(柿喰う客)
◎ショー: 佐賀モトキ&野田裕貴ダンサーズ(バナナ学園純情乙女組)

…その他いろいろ!!まだ内緒!!

----------
■お問い合わせ

【TEL】080-3600-0888(制作・鮫島)
【E-mail】love@playnote.net
【Web】http://www.playnote.net/love/



posted by たなか沙織 at 23:46 | Comment(2) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

とにかく記す、滲む三軒茶屋

昨日今日と、いろいろ試行錯誤しているものの、どれもなかなかうまく行かない。というのは私の思考の問題。そして体調も思わしくない。

三軒茶屋・下北沢を歩くと、ここから歩いて帰れる距離にまだ家があるような気がする。実際はもう3月に引っ越してしまっているのだから、家はもちろんないし、私は電車に乗って今の大切な家に帰宅するのだ。それでも、3人暮らししたあの家がなくなったことは、まだまだ実感として理解しきれていないらしい。

畳の部屋でキャスターのついた椅子をごろごろやっているので、そこだけ畳が傷んで大変可哀そうな感じになっている。ちっちゃいラグでも買おう。

写真は、三軒茶屋・キャロットタワー(←タロットキャワーと打ちかけた)の26F展望台ラウンジから。未だに夜景の魅力がいまいちわからない。生活の光は美しく思えど、車の流れやビルの光は資本主義の象徴のような気がしてどうにも好きになれない。まあ、場所によるんだろう。

DSCF2196.jpg




posted by たなか沙織 at 21:25 | Comment(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

とにかく記す、川崎の夜

出掛ける前は、チークを塗るために口角を上げることすら苦痛だったが、昨夜は多少無理をして川崎まで出掛けた。これはいい夜だった。
最近はそれぞれに仕事に就いたり、学校に通ったりしているものの、私が演劇の制作をやる際には欠かせなかった、腹心の友人たちとの飲みであった。それぞれ現場を離れて3〜4年経つものの、未だにこうして飲んだくれているのだから、本当に有り難い。

私がどんなにぼろぼろの状態だろうと酷い仕事の振り方をしようと、不平ひとつ言わず作業をし、受付を開け、接客をし、後片付けをし、公演後の残務にも付き合ってくれた友人たちだ。この人たちが居たから成立した公演はいくつもあったし、この人たちが居たから開けることが出来た受付もあれこれとあり、私も生き延びた。
生き延びたのは制作者「田中沙織」でもあったし、ただの人間・田中沙織でもあった。

昨夜は全員集合というわけにはいかず残念ではあったが、ざっくばらんに近況を話し合い、ほんの些末な悩み事も、えい、と口にしてみれば、納得のいく反応・返答が返ってくる。ああ私は本当にこの人たちに救われてきたし、いつか恩を返すことが出来ないものか、と思惑する。そしていつか、またこのメンバーと何か出来ないだろうか?と思う。

2軒目に寄った知人がマスターを務めるバーでは、「なんでもいいから美味しいカクテルつくって!さっぱりめ!」と無茶ぶりしたカクテルが大変美味しかった。この知人はラゾーナ川崎で少しの期間だったが一緒に働いた仲間で、以前に増してえらくイケメンになっていて驚いた。
また、後から入ってきたお客の中に、同じくラゾーナで一緒に働いていた女性が居て、3人でずいぶん久方ぶりの再会をした。
そしてお会計をまけてもらった。

最後はとある祝いごとにと、ピンクの花の小さなブーケを友人たちから頂いた。
悪態を吐きあっていても、こうしてたまに優しくされるので、ほろほろと泣いてしまう。
泣く前に、店を一足先に退散した。
昨夜来れなかった数人も含めて、自慢の友人たちだ。
忘れてはいけない、簡単に死んではいけない。

DSCF2195.jpg



posted by たなか沙織 at 16:16 | Comment(2) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

なにとはない日常を記す

いやいや毎日くさくさしております。
と言いながらも、あれこれ試してみている最中ではあって、愛読していたブログが最近よく更新されるので嬉しくもあって、しかしネット上に転がるあれこれの言葉を読んでは、泣いてしまったり、過去に思いを馳せたり、もちろん未来にも思いを馳せたりしながら、一喜一憂して、(憂いていることのほうが多い気がするが)日々ころころと過ごしております。

大切な人が結婚してもうすぐ3年経つ。
引っ越して新しい生活をはじめてもうすぐ3ヶ月経つ。
もうすぐ私の大好きな大切な人が近くに引っ越してくる。
これは相当嬉しい。
またべつのある人が計らずも近所に引っ越してきていることを知った。
これもまた相当嬉しい。
みんなきらきらと活動している。
あちこち飛び回って、いろいろな人と出逢って。
その陰で胃を傷めたり睡眠時間を削ってふらふらしながらも
きらきらと活動している。
ように、私には見える。

読みたい本が溜まっているのに、相も変わらず活字を集中して読むことが出来ない。それでも必死にかじりついて、森見登美彦氏の著作を読む日々である。一日の半分くらいは脳内は京都に飛んでいる。

さて、明日は久々に飲みに出かけるのである。
もう彼らとも付き合い始めて9年か。


posted by たなか沙織 at 23:41 | Comment(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする