【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2011年04月29日

このごろのこと

周囲で日々はめまぐるしく進行しており、重たい体をもたげて私は腹痛4日目である。
何か書こう書こうと思っているものの、何も書くべきことを思いつかないでいる。
ふと思い浮かべるあれこれで、悲しくなったり苦しくなったりしている。
まったく、楽しいことを妄想出来るようでありたい。
私の周りにはそういう友人が多く、多分に救われていると感じている人生である。

救われており、
たのもしく、うらやましい。

最近本を集中して読むことがめっきり出来ないようになり、集中できないままぱらぱらと数ページ活字をなぞっては、洗濯をしたりキッチンの洗い物をしたりしている。
「生活、というものの膨大さ」という言葉を先日知人から来たメールで目にしたのが最近よく、ふとした時に頭をよぎる。
仕事に行って、帰ってきて食事を作ることもままならないまま、ソファに倒れこむ。それでもごはんを食べなければ生きていけないし、ごはんを食べれば洗い物が出るし、お風呂に入らぬまま明日また仕事に出向くわけにはいかないし、日々活動しているのだからそりゃあ洗濯物は出る。
それがストレスだ、とは思わない。
ただ、まだ不慣れなのです、あれもこれも。
こればかりは回数を重ねないといけないものだから、あまり苛まれないよう気をつけている。
楽しめるようになれる予感はめきめきしている。
自分で選び取った生活なのだもの。

そう、最近、仕事を始めた。
大きな企業の子会社のシンクタンクの事務です。
シンクタンクってのは依頼があればどんな分野でも調査・分析しなきゃいけないわけで、そうなると化粧品から貴金属から車や住宅や、もう専門分野の話ががんがん飛び交っていて、ああサラリーマンはこういうあれこれで頭がいっぱいなのね、とか思う。そういう中で演劇を娯楽として思いつくのはなかなか難しいのだろうなあ、とも思う。演劇人以外の日常がどうなっているか、身をもって知らないと、そこに何かを浸透させるのは困難だよなあと改めて思う。
私は日々外国語を聞いているような、ぽやんとした状態なので、午前中の会議の際なんかは深刻そうな顔をして聞くふりをして、だいたい何も分からないで頭の中はぼーっとしている。
話がなんとなくわかるようになるのには3ヶ月かかる、と先輩にあたるいろんな人から声をかけてもらえているので、ひとまず3ヶ月は辛抱してみようと思う。


8月16日・17日に、大きなイベントを催す予定です。
私にゆかりのある方は、空けておいてくださると嬉しいです。
また個別にご連絡もしますし、6月半ばには正式に情報公開の予定です。


演劇のこともいろいろ考える。
カスガイで何かやりたい欲がめきめき。


posted by たなか沙織 at 17:46 | Comment(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

翳りゆく部屋

DSCF2180.jpg


引っ越しをし、また桜のそばに住んでいる。
鳥取、町田、下北沢、そして今の住まい、
なぜか住むそばにはいつも、名所と言われていいような桜の大群がある。

DSCF2179.jpg


今年も梅見はせず、桃の季節も終わり、
桜も今日の雨で散ってしまうんだろう。

久方ぶりの知人に連絡をとった。
2年ぶりくらいだろうか。
連絡をとった、と言っても私から送ったメールは「元気ですか?」の一言、
にも関わらず、返ってきたメールにはたくさんの言葉が書かれていた。
会ってなくても大切な人は大切なままで、
でも伝えなければ無いのと同じ、であることは多々あって。
互いのあたたかい生活を祈る関係があるというのは
幸福なことだ。
少し寂しく、しかし穏やかな気持ちで、祈る。
来年は梅見に行きたい、と思う。

夕暮れどき、キッチンの窓からも、逆側にある部屋の窓からも、
オレンジ色の光が差し込む。
だんだん寂しい灰色になって
それを超えると深い深い群青の夜がやってくる。
生きているしか出来ないでいる。


posted by たなか沙織 at 19:15 | Comment(2) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

26歳になりました。

ひとまず、覚え書きまでに。


私が男だったらこの人を全力で幸せにする、と思う、付き合いも8年になった友人からもらったもの。そういえば彼女はいつも、不思議な陶器のなにかをくれる。

DSCF2171.jpg



敬愛するデザイナーから、ポップアップカード。
開くと花束が、台紙より大きく飛び出す。
私も人に、こんな風に接したいなと思う。

DSCF2172.jpg

DSCF2173.jpg



2010年に出会って、一発で大好きになってしまった方から頂いたケーキ。


DSCF2175.jpg



2010年はこのこのおかげで生き延びた。妹みたいな娘みたいな大切な友人からもらったもの。毎朝鏡前で、ハッピーな気持ちになる。


DSCF2177.jpg



ケーキを貰うのは、いつだって嬉しい。ショーケースの中から選んで来てくれた、そのことだけで本当に嬉しい。ちなみに上の写真のものと合わせて、計5個のケーキをほぼひとりでたいらげました。

DSCF2174.jpg



posted by たなか沙織 at 16:03 | Comment(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする