【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2010年10月26日

笑って唄う

いつか
何もない此処のことすら
何かに出来るだろうか


なんてことを考えながら、仕事をする。
もりもり、仕事をする。
「こればかりは」なんて、
おおぼらでもいい
から
原動力を見定めて、仕事をする。

やりおおせて次踏みたい大地があることがわかったので
とにかくそこに行ってみる。

きっと私が見てきた風景も無駄じゃない。
と、言ってみせる。


気持ちが大きくなっているのは
数日美味しく感じれなかったアルコールが
今は美味しく身体にまわっているからです。
お酒が美味しくないなんてことも、あるのだなあ。


posted by たなか沙織 at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

今年も10月

今晩もみなさまおげんきですね
今晩もみなさまにぎやかですね

再生の道に見えたこれは
終末への道かもやっぱり

大変阿呆なことを口走りはじめそうなので
もう黙る

人々の生活の逐一とか
人々の思考の逐一とか
あんまり別に知りたくない
知れちゃう世の中なのは仕方ない
悪いことじゃない
私はそういうのパンクしちゃうってだけ


posted by たなか沙織 at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

2010年4月の話 (1)

「それでも生きていくしかないのだ」
というところにしか結局のところ辿り着けないので
その壁に自ら頭をぶつけ続けるのにももう草臥れてしまったので
深海の生活を2ヶ月続けた末、海面に戻って来てみた。

毎日空は曇り模様だったけど
しかし
海面に上がってくれば否が応でも
吊り下げられた針を喰わぬように気をつけなければいけないし
波を渡る船に挨拶されれば挨拶を返すのだし
海流の中でひれを動かしていなければいけないし
そうすればお腹も空くので
餌を捕えて喰わなければならないし
餌を捕える為には頭も使わねばならない。
上手く餌を捕える集団に仲間に入れてもらうのも手かもしれない。

とはいえ随分長いこと深海に居たので
海面に戻ってくると私の体は随分ぶよぶよで
周りの魚からすると姿かたちも美しくはないらしい。

まずもって胸びれひとつ動かすのすら困難だ。
それでも喰わねば死んでしまうので
小さな小さな魚がちょろちょろと泳ぐのになんとか追いついて
口を開くのもそこそこに飲みこんでみたりだとか
そんなことから始めてなんとかかんとかしているうちに

ああもう1ヵ月もの時間が経った。

それでもその1ヵ月の間に
友達が出来た。
うさぎの友達だ。
どういうわけかそのうさぎはよく私のところに遊びに来てくれて
にこにこと話を聞かせてくれる。
その日虫を追い駆けまわしたことだとか
大きなどんぐりを見つけただとか
偶然見つけた丘からの風景だとかそこに流れた風のにおいだとか
いま
季節は
春なのだとか
そういう色々を。

どうやってうさぎなんかと私が出逢えたのかは覚えていない。
だって気がついたら目の前に居たのだもの。
うさぎはどう息継ぎをしているのか器用に海の中を泳いだし、
私もいつの間にか陸を歩けるようになった。

にこにこと、緑の芝生を一緒に歩いたりした。
ハンバーガーを一緒に食べたりした。
うさぎの横でビールを飲んだりした。

その日はとんでもない快晴で
ビールがとても美味しかったんだ。

私はいつの間にか
にこにこ
を思い出していたし
ただ小さな魚を飲みこむだけでない美味しい食事というものがどういうものか
を思い出していたし
歩けば肌を風が泳ぐこと
を思い出していたし
たくさん
たくさん
たくさん
のことを思い出していた。

いつの間にか。

そういえば
私はいつから海の生き物になったんだったっけ?
そんなことをふと思うようになったのは
陸の上を歩く時間が長くなったからだった。
そもそも
海の違いと陸の違いはなんだ?

桜の花を見たのは初めてではない気がした。
それが新緑に移り変わるのを感じたのは初めてではない気がした。

そんなことを思いながら
5月の夕暮れ
車があちらへこちらへとせわしく行き交う狭い道路を歩いていたら
私はとんでもないものと出逢ったんだよ。


---
今日は疲れてしまったのでここまで。
私はうさぎに、一生かけても伝え尽くせないくらい、感謝している。


posted by たなか沙織 at 04:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

すきの日

10月1日


自宅でやりたいことがあったので外出しないで一日家に居た日。
あ、途中USBケーブル買いにだけ出かけて
偶然見つけた新しい靴と少しの服を買ったりはした。
ケーブルを一本人に貸してしまったのを忘れていて
それが無いと仕事にならないと気がついたのと
秋晴れの夕暮れがとても穏やかであたたかそうなのに気付いたのが
同時くらいだったから。

茶沢通りの歩道はちょっと狭く
その割たくさんの人とすれ違わなければいけないので
三軒茶屋に向かう時も下北沢に向かう時も
道路に面した道ではなくもっと中の方にある
住宅地の中をくねくねと走る道を歩く。
そりゃあ茶沢通りをまっすぐ行くほうが、到着は絶対早いんだけど。

三軒茶屋に向かう道はとりわけくねくねしていていろんな家があって好きだ。
玄関の両脇に同じ形の赤いポストを2つ据えた家があり
ビビットな青色をした家と紫色をした家が向かい合っているところがあって
剥き出しの木だけで作られた可愛らしいログハウス風の家がある。
お豆腐屋さん、お蕎麦屋さん、クリーニング屋さんがあって
美味しいハンバーガーのお店がある。
ここのハンバーガーは美味しいけどとっても大きいから
一人前食べきるともう一歩も動けないんじゃないかってくらい体がぱんぱんになる。
幼稚園があって、銭湯があって、神社がある。

みんなひっそりとしている。
ひっそりと穏やかに微笑ましい生活が流れている。
夕飯を作るにおいがする。

帰宅して、少しお酒を飲みながら映画でも観ようかと思っていたら
携帯がぶるると鳴って
私の貴重な女友達、の中でも最も重要と言っていいだろう2人から
同時にメールが来て驚く。


重要な選択の岐路で、自分を思い出してもらえるのは嬉しい。
重要な選択の岐路、じゃなくても思い出してもらえるのは嬉しい。

「この人はたぶん死に別れるまで私には大事な人間だ」
と思っている人から頼られることに、ごめんも申し訳ないもくそもない。
ただ有り難い。
都合がいいことは都合いいように利用してくれればいい。

煩わしいもの全部とっぱらって裸で走りきった先に
服が必要ならなるたけ肌触りのいいやつを用意してあげる
布団もなるたけふかふかにして用意しておく
ごはんも作るから一緒に食べよう
お風呂をわかして
いいにおいのタオルで体を拭いて
出来ればその日は眠れたらいいけど眠れない日だってあるし
それでもやってきた朝がやっぱり雨かもしれないけど

一人でいるよりましだって思えるなら
一緒に居たい。
それは私にも幸福なことだもの。

私だってそういう風に走りたい時があるし。


日が変わった後の夜中は
すぐ横で大きな感情のやりとりと嬉しいニュース


そうそう今日は実家から荷物が届いていたから開けてみたりする。


おもち
ROYCEポテトチップチョコレート(キャラメル味)、…キャラメル味?
こんぶ飴
キャラメル味の飴、…またキャラメル味だ
羊羹
かりんとう
オリーブ素麺(開封済み、半分くらい抜いてある)
風呂敷
牛皮のポケットティッシュカバー・栞・キーホルダ

どれもこれも自分では絶対買わないもの詰めない組み合わせでびっくりする。
実家からの荷物を開けるとだからいつも、ちょっと笑う。

短めの電話と、長めのメール

オリーブ素麺は、普通の素麺よりつやつやしていて美味しかったです。


posted by たなか沙織 at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

昨日は秋の雨、今日は穏やかなオレンジ色の夕暮れ

9月30日


自分が怖がってる相手からは怖がられるし
自分が不安を持って接した相手からはやっぱり不安を持った反応が返ってくる。

目の前に居る人間の自分に対する反応は写し鏡だ
というような話を昨晩改めて交わしたが、
何の心配もせずに何の遠慮もせずに寄りかかったり寄りかかられたり
何でも話せるようになったらいいなあと思う。
なんでもかんでも洗いざらい話せるようにならなきゃ!ってことではなく
ああなんでも話していいんだなあ、という具合になれれば嬉しい。

腹をくくって向き合わなければどうにかしなければと思っていたのは
私だけではなかったようで
そのことを他でもない本人の口から教えてもらって、いい意味で力が抜けた。
それだけ悩ませてしまっていたり負担になってしまっているのかもしれないこと
面倒であろうことを
前々から、心底申し訳なく思っていたし、
それでも貴方がそこに居てくれることに私は心底感謝をしていて、
でもなかなかそれをうまく伝えられないでいた。
今もまだ、
私が感じているものがそっくりに伝わっていると言うには
相手が感じているものがそっくり私に伝わっていると言うには
きっと足りないのだけれど。時間が、言葉が、共有の体験が。

少しずつ擦り合わさっていけばいいなあと思う。
関わり始めたからにはとことん、人間同士で付き合わないと、
きっとお互いが、気持ち良く、棲み家を見つけることが難しい。
私も誰しも完璧ではないので
どこか不足だったり他人からすれば引っかかる部分だったり
全く想像も出来ない考えだったり理解できないことだったりが
たくさん出てくるはずだ。
それでも、そういうひとつひとつが、
その人がどういう人かを知るいいきっかけなのだから、
瞬間「あれ?」と引っかかったからと言ってそのままにしないで
すぐに直接話をしたいなあと思う。
時間が経てば経つほど忘れてしまうし、
瞬間的な「あれ?」は肥大して「あの人意味わかんないんだけど」になりかねない。
そういのは、くだらない。

ともかく、良い入口を開いた夜だった。
と思いたい。
それぞれの経験を尊重して、人間を知って、あらゆる話をしていって、
どうにかしたい。
大切な人たちの人生を、大切な団体の命運、演劇を、自分の人生を。
魂が腐らないように。

もうそんなのは、まっぴらだ。

私が間違えそうになったり間違えたりしたら、
絶対にそれを私に隠さないで遠慮しないで教えてくれる人が居る。
私が間違えたかもしれないと思っても、それが間違ってない限り
全力でそれを正しい道に導いてくれる人が居る。

賢く、誠実な、信頼できる友人が居る。
それだけで、私が選んできたことも、間違いばかりではなかったんだろう、と
少し力が湧く。


昨夜は急遽カラオケに行った。
片頭痛が久々に出て悲惨な気持ちになったけど、それでも楽しかった。
雨だったけど久々に鯨の傘で出掛けたので憂鬱じゃなかった。
気に入りの雨対策グッズを持ってるっていうのは、
それだけで日常的な戦闘能力が上がる感じ。
いつ雨が降ったって平気だもーん、って。

たばこ値上がり前の最終日、2カートンの買い物をして、
ほっこりするメールをもらったりして、
忙しい遊園地に居る人からも電話がかかってきて、
茶沢通りでは森から抜け出てきたばっかりみたいな
ほやほやの可愛い女の子とばったり会って、
1人だった帰り道は、2人、3人となった。


たぶん今日は、そんな風にいいことがあった日だと思うよ。
ちっぽけだけど。


posted by たなか沙織 at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする