【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2009年09月26日

no-title

片方の端がペーパーナイフになってる栞を使っている。利便性にすぐれているのかもしれないが、なんともシュールな組み合わせだな、と思う。

帰りたい。
どこかに。

夕日に染まるオレンジの洗濯物がなびいて、タオルがくるくるまわる。のを、たまに眺めながら、本を読む。

明日を想像するのも難しい。


posted by たなか沙織 at 16:56 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

no-title

私がいないほうがあらゆるコミュニティは円滑にまわる、と思っている節がある。私は障害物でしかないように思う瞬間がある。どんなに仕事ができても笑顔を振り撒いても、だ。結果論的に俯瞰すると、私という要素が存在しないほうが世界は健康的に動くような気がする。
そんなのはもちろん、弱音だ。事実そうであるときもある。けど、「ここでの私」という結果を「私という人間」全部に適応させるのは弱音だ。存在を定義するのや、その存在の在り方を操作するのは、まぎれもなく「私」なのだから、在り方の模索を怠けてはいけない。
とか言いつつ、それがまっとうな回答だと思いつつ、体をもたげる力がずいぶん長く湧かない時どうしたらいいんだ。
試しに窓越しに覗き込んでみる、玄関から顔を覗かせてみるだけで、身体が内側から裂けて開けて全部ひっくり返りそうだ。
たいせつなもの、の塔は崩れ落ちて灰になって灰の山すらもうわずかにしか残ってない。
風に舞う灰はかぐわしい香りがする、でもその灰が胸にたまって、息が出来なくなる。


posted by たなか沙織 at 14:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

この連休

つまらない日々を惰性で生きてる。それでも生きてるほうが美しいんだろうか。こんな私が生きていてごめんなさいと思ってしまう人に会う。彼はとてもすばらしくて私は至極尊敬していてでも私は私を取り巻くさまざまなものに負けて飲み込まれて目を見えなくしてしまった末に彼に一番酷い形で彼の慈愛をなげうった。最悪な自分がそれでも生きることを選び、のうのうと生きている。ということを、彼に会うと強く思う。会わずとも彼への情けない思いが、日々瞬間的に頭をかすめる。

どんなに五臓六腑を痛めても髪が抜けても眠れなくても起きられなくても、やらなければいけないことはある。やれることをやれる限りやる。当たり前のこと。そうして生きたい私がいる限り私がその私を裏切ったら私はどんどん生き難くなる。当たり前のことは、結構頑張らないと当たり前には出来ない。
ああ、やらねばならない。だって私がそうしたいのだから。

溢れる日光の下で笑っている花嫁姿の貴女はとても美しくて、ああ神様どうかこの人を幸せにしてあげてください、と思った。


posted by たなか沙織 at 01:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

蠢いてる

いろいろ活発に考えたり感じたりするのは
私の近くの演劇が蠢いてるから

気が気じゃない
気が気じゃない
知らんぷりして、すん、って
なにもないふりしてみても

いつもいつも祈ってる
祈ってる


posted by たなか沙織 at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつもスマイルがあなたと共にありますように

私の生きている証は
ずっと同じ形式のものを買って使っているノートの文字で
やっぱり書くことなのだと思い出した
2005年から書いているものを
なんかふと手にとった
やっぱりこのノートに書かなきゃだめなんだ
私はいろいろすぐに忘れてしまうから
ノートの記憶が私を補完してくれる


posted by たなか沙織 at 22:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

演劇には愛しかない

『カスガイ』とゆう曲の
一番最後の

僕の手を離す
君さえも受け入れる

という歌詞がとても好き



by チリヌルヲワカ/作詞:中島優美/作曲:中島優美


posted by たなか沙織 at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正しい食事

丁寧に作られた和食が好き

丁寧に作られたひとつひとつを
少しずついろいろ食べれるようなのが好き

ふたくちぶんくらいずつしか盛られてない
ちいさな小鉢がそろそろと
目の前に並んでるのが好き

ゆっくり咀嚼して
そうゆうのを食べると
からだがきもちいい
ああ 正しいものを食べている
と思う

下北西口にある ojiyan cafe とゆうお店の定食がおすすめ
五穀米のごはんはおかわりもしほうだいだよ
男の人でもおなかいっぱいになるはず
けーきもどりんくもおいしい
一緒にごはんを食べたい人をよくつれていく

あ、そいえば
せりさんのつくるごはん好き
よいものをゆっくりとりいれるのは
すごく豊かなこと


posted by たなか沙織 at 13:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

祭り

今ごろみんな、やらかしとぅはず
私はただただ祈って祈る
それはいつもと変わりない

三軒茶屋が
わちゃわちゃなればいい


posted by たなか沙織 at 20:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする