【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2009年08月21日

東京

大好きなものと距離を置いた
生き甲斐だってわかっていて距離を置いた
それが正解かどうかはわからなかったけど
わからないから限界までやった
他に選択肢が思い浮かばなくなるまで
突っ走ることしか私には出来ないらしい

まんきつ好き
ちっこい自分を自覚する
静かで
漫画いっぱいで
ものを書きたくなる
最低限の荷物しか持たない自分が
何をしたい人間なのかをいつの間にか考える

ずっと憧れだった人が結婚した

100%じゃなくても1%でも可能性が存在すること

1%でも存在していたものが0%になること、つまり

1か0か

というのは
とてつもない差で

0になることの虚無感?
絶望とも喪失感とも違う
もともと持っていたものを失ったという感覚と似て非なる
ああ、もう、その決定は揺らがないのだね、
という事実の確定による無力感
というのは
なんとも言えないものだ

という話を玲央とした

玲央と交わしたのは
「1か0かってすごい差だよね。なんだろうねその、絶望?違うな、虚無感?」
「ああ、そう、虚無感。」
というような短いやりとりだったと思うけど
玲央とするこういう会話が好きだ

コンテクストが共通していること、
短いやりとりで多くの情報が共有できているだろうと思えることの
奇跡的なシンパシーは、
曖昧なものではあるが、嬉しい
出逢えた有り難さを、その都度、再認識する

玲央は
私の1を0にさせまいと
してくれる人
その思いをふしぶしで感じると
いつも
泣ける

距離を置いたものから
目をそむけて生活するのは簡単
忘れるのは簡単
うそ、
そりゃあ
知らんぷりするのだって難しいこと
事実忘れる日なんて一日もない
だけど
でも何もしないでいるのはやっぱりらくちんだ

でも
本当に大事なものは
なくならない
なくせないように
自分の意思がどっかではたらいている

文章というのはおのずと読み手に
書き手について想像?詮索?妄想?させるようなはたらきがあるわけで
臆病な私は
最近はひっそりと生活していたかったので
人に喋れるような日々なんか送れてるとは思えないし
いろんな人がいろんな所でいろんな風に、
書いた私のことをもの思うだろうこと、それを
予測したうえで推敲できた文章を書くことが
私にはとうてい出来る気がしなかったので
書けませんでした

今だって
とうてい出来る気はしてないのだけど
でも
整合性のとれてない文章でも
残しておこう 読んでいただいてみよう
と思ったので書いてみた

こぼれ落ちてる言葉は

それが無邪気な日常だとしても
読む人によっては
刺さる

無遠慮に

言葉は怖い
でも
有り難い

幼い頃から
言葉、というものに取り憑かれて
生きてる
(活字の虫、という意味ではなく)

眠い
今夜はこれからオールナイト
起きてられるかな(笑)ふあん



※8/22、2:27、一部微妙に文章を書き直しました。それでもきっといまだ行き届かない文面で、すみません。


posted by たなか沙織 at 21:13 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする