【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2009年05月27日

『パンダコパンダ&パンダコパンダ 雨ふりサーカス』

■映画(DVD)
『パンダコパンダ&パンダコパンダ 雨ふりサーカス』
1972 日本
監督:高畑勲
原作・脚本:宮崎駿
声の出演:杉山佳寿子 熊倉一郎 太田淑子 山田康雄 瀬能礼子
収録時間:72分


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

電柱と電線と

夕飯どきに散歩すると、いろんな家のいろんなごはんのにおいがして、ちょっと得をしたような気持ちになります。
お腹空いてるときは拷問だけど。




電柱を見あげる
電線が繋がってる

電柱



電柱






繋がりは
歩き続けても
途切れない

どこにでもある光景
誰もが見上げる風景

ほら
でも
あの人は今日も懸命に生きてる

懸命に仕事してる
懸命に考えてる
懸命に写真撮ってたり
 映画撮ってたり
 勉強してたり
 絵を描いてたり
 音楽やってたり
 演劇やってたり
懸命に、生きてるよ



繋がる
繋がる
繋がる

紡がれて
それは
無駄になんか絶対ならない。



あなたの生きてる証が生まれ出ることを、いつも、祈っています。
そして
私も生み出したいと、切に思う。


posted by たなか沙織 at 20:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

ばら商店

P1020102.jpg


知る人は知ってる
ばら商店
とは、下北・茶沢通り沿いにある(淡島通りにも別店舗があるけど)、いわゆるリサイクルショップです。

たまにものっすごい掘り出し物が見つかるので(このサイズのこの材質のそれが欲しかったのよ!的な)、よく覗きます。リサイクルショップは基本大好きだけど、ばら商店はとりわけ好き。なにってもう、名前からいい。

今日は求めていたマグカップに出会って即買い。
色も形も大きさも大好き。
カフェオレをがぶがぶ飲みたくなるようなやつ。
でかい。

嬉しいので写メ。
&ブログにアップ。


posted by たなか沙織 at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

おおきな

おおきな仕事がひとつ終わった。大変な時間がかかった。
自業自得だし、おおきな勉強になった。
風邪なおりかけの体調にはじめおっくうになっていたけれど、我慢できずに夜中散歩。
マスクはつけて。

マスク耳痛くなるから嫌い。吐いた息が目にかかってぼうっとするし、頭も痛くなるから嫌い。
マスクと言えば、世の中ではマスク売り切れ続出で大変ですね。
私が行った薬局ではかろうじて売ってたけど、「お一人さま3個まで」って書いてあった。

夜中の散歩は好き。
季節と天気で空気が毎日違って、
その日の自分の状態でさらに毎日違って、
ああいま自分はこうなのだな
ということがよくわかる。
考え事をする時はたいてい
文字を書いているか、歩いているか、お風呂の中にいる。
そういえばなかなか機会はないけど、プールで泳いでいる最中なんかも考え事をしているなと今思った。引っ越す前の家の近くには市営のプールがあって、公演終わりなんかには行ってた。泳ぐの早くないし私はいわゆる運動おんちだけど、ぷかぷかしてるのは好きです。
よく言われる話だけど、水の中に居るときってのは、やっぱり落ち着いていられるものなのかもしれない。

寒くも暑くもなくて曖昧な気候が多種多様なことを思い返させて
それでも今日は視界が広い。

この何年かでずいぶん目が悪くなった。
というのは比喩ではなくて実際、視力が落ちた。
制作の仕事をするとき、受付まわりでお客さんの顔が見えないのが嫌で、相手と目があっているのかいないのか、あの人が笑っているのか無表情なのかいらっとしているのかわからないのが嫌で、コンタクトをつけることにした。劇場に来た人の様子に敏感に居たいと思った。真っ先に気づける人間でなきゃいけない、と思った。
メガネには何年経っても慣れなくて、遠近感が上手く取れないので地に足が着かない感じがして、映画館とか劇場とか、座りっぱなしの時じゃないとなかなかかけない。

目に映るものはほぼ、ぼんやりしてる。
でも今日は視界が広かった。
どこまでも拡がって、伸びて、どこへでも行けるような気がした。
そういう空間の中で、

部屋着に薄い上着をひっかけて
サイフだけ入ったかばんを肩から斜めにかけて
つっかけで
ケータイを片手に持って
反対の手には途中寄ったコンビニの袋をぶら下げて

これが いまの わたし です。

きょうはひとりのしずかないえにかえる。
ぶーん



自由だ。

めっちゃスパイスの聞いたカレーが食べたい。


posted by たなか沙織 at 02:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

携帯メアドを変えました

私は携帯メールがとても苦手なのでなかなか携帯からメールを送らないのでこのやろうと思っている方がたくさんいるんじゃないかと内心冷や冷やしてるんですが、迷惑メールがいっぱいくるようになっちゃったので携帯メアドを変えました。

久々に連絡してみようとしたらエラーでメールが返ってきちゃったよこのやろうという方がいらっしゃったらいけないので、このブログ読んでてメアド変更連絡来てねーぞこいつ、と思った方はこの記事にコメント一筆入れて頂けると幸いです。もしくはPCメアドに一報してやってください。お手数おかけします。

メアド変えました連絡をしたら、何人か特に地元の友人から驚きの近況が返ってきたりして、返信有り難びっくりしてます。みんな人生わからんもんですね。で、やっぱり、演劇やめちゃう人がいるっていうのは、しょうがないけど悲しい。


posted by たなか沙織 at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジカメ

カバンに入れていつでも持ち歩ける手軽デジカメが欲しい!と、のたうっていたら、誕生日に本当にもらってしまいました。

P1020088.JPG

ありがとう。とても使ってます。
大事にします。


posted by たなか沙織 at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚えておきたいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スプーンチョコ

バレンタインに望海からもらったよ。
スプーンチョコってなんかそれだけで楽しいのでとても好きです。そのままくわえてるのもいいし、牛乳に溶かしながら飲んでもいいし。

P1020069.JPG P1020076.JPG

今年のバレンタインはずいぶんたくさんチョコを恵んでもらった気がしました。うれしい。チョコすき。おかしすき。


posted by たなか沙織 at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚えておきたいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケーキしりーず

最近、いただきもの記録をブログにアップしてなかったので、一挙公開です。写メを見直してたらあまりにケーキ写真が多かったので、まずはケーキシリーズです。


■その1
安理ちゃんが初めてうちに遊びに来たときに何でもない日なのに買ってきてくれたごくうまケーキ。「そんなに気ぃ遣わなくていいのに!」って言いながらみんなで貪り喰いました。
P1020032.JPG

■その2
手作りとは思えない今いちばんもう一度食べたいロールケーキ。ももが入っていたよ。
P1020033.JPG P1020034.JPG

■その3
やしが遊びに来た時に持ってきてくれたチロルチョコ。のパッケージ。クリスマスばーじょん。かわいいのでちゃんと作った。
P1020035.JPG

■その4
あ。これは、同居人の誕生日祝いにみんなで作ったケーキですね。最終的にはデコレーションもくそもない、やりたい放題ケーキになってましたね。
P1020073.JPG

■その5
私の誕生日祝いにもらったロールケーキ。ほんとはその斜め前の店のケーキが食べたかったのに(超我儘泣)!
P1020087.JPG


たまに食べるケーキってよいですよね。


posted by たなか沙織 at 17:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 覚えておきたいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

『リビング』原案

カスガイ『リビング』の原案となった文章、玉置玲央が携帯の未送信メールに2007年9月から書き溜めたものが、現在『リビング』稽古場ブログで更新中です。観劇された方はちょっとおもしろいと思う、また観劇出来なかった方も玉置玲央の世界に触れることが出来ると思うので、よかったら覗いてみてください。

■カスガイ『リビング』稽古場ブログ
http://kasuguy-1st.seesaa.net/


posted by たなか沙織 at 04:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救愛

「あなたに一体何がわかるっていうのか」
そんなの何もわからない、ことはわかっている。
それでもこの言葉に集約される苛立ち。悔しさ。切ない、忍耐。愛情。
誰も知らない。私だけが知ってる。
寄り添うしかできない。
でも寄り添いたい。
そこに私が居たとしてもきっと何も言えない。
でもぎゅってして、ちっこい私じゃ足りないかもしんないけど、ぎゅってしててあげたい。




言葉が邪魔なときというのも、あるものですね。




虫が出てくる季節になりましたね。
いやです。
部屋の中を虫が飛んでいるのがいやです。
そして私はとても蚊に喰われやすいのでそれもいやです。
でも私が喰われてる横で「今日はあまり噛まれてないなぁ」と言っている人がいると、ちょっとほっとするというか、それで私が痒い思いをするならまあいいか、と思います。




玉置玲央直筆のカスガイ大入袋、
大入袋というのは、興業において、お客様が沢山いらしてくださったことを祝って関係者に配られるお祝い袋のことで、演劇公演でもこれを配るのがほぼ通例となっているのですが、中屋敷法仁氏しかり、私は主宰が精魂こめて書く大入袋というのがとても好きです。もちろん主宰の書いたものであろうとなかろうと、ひとつの公演が無事に終わった証として、頂いた大入袋はすべてとても大切にしています。
初めてもらった玲央直筆のその大入袋の裏面には、以前二人で、「演劇は一体何か」という話をしたときにそれぞれが口にした文字が並んでいた。一生の宝。
中に入っていた五円玉は縁が回るようにともらった後封を開けて出来るだけ多く回すのがいい、なんて説があって、いい慣習だなあと思って私はこの風習にならっているのですが(でもなかなか全員と回す、というわけにはいかない)、今回もらった縁は最後に、愛しい後輩と交換しました。

今回カスガイ『リビング』では、チケットに穴をあけてそこに赤いリボンを通してあって、ひとつひとつが観劇後もしおりとして使えるように作ってあったのですが(気に入っていただけましたか?)、そのしおりと同じリボンを、その子は私が渡した5円玉に通してお守りみたいにしたのを見せてくれた。なんかそれだけで、ちょっと泣けた。

なんてことを、真っ赤な袋一枚見て思い出す。
そんな日々です。
あれを見て。これを見て。
書き残しておくべきこと、はとても多くて、でもなかなか言葉に落ち着かない。

カスガイ『リビング』は私の中に多くを残して、多くを起こした、重要な公演でした。

その歩みを一歩進めるのは自分。
昇華させるのは自分。
救いを自分のものにするのは、自分。




昇華。
という言葉を小学生の頃かな、家庭科の授業かなんかで知ってから、この言葉は私のお気に入りです。そのオーソドックスな意味は、「性衝動を本来の目標から社会的・文化的により価値の高い目標に向け換えること」「物事が一段上の状態に高められること」。
コンプレックスが、悔しい思いが、果たされなかった想いが、どんな経験も想いも自分のものになる。芸術になる。作品になる。
辛いことだって苦しいことだって痛いことだって、なんだってある。でも「なんだってバネにして自分のものにしてやれ」という精神、これが私が母親から引き継いだもので今一番感謝しているものかもしれません。それこそ小学生くらいの頃から言われてた。強がりにも聞こえる。でも本当にそうだ、と思ってどの局面も乗り越えてきた。強がりに聞こえてもいい、でもそれで凛と立てるなら、なんぼのもんじゃい、って今だに思う。
全部自分の材料だ。冷酷に聞こえるかもしれないけど、でもすべてが私を構成しているもの。大切な経験。大切な忘れたいような思い出。だから生きてる。だから生き抜いてやる。




「ぎゅってして」

この台詞が、いちばん、衝撃的な台詞でした。




あとひとつ発見があった。
ぎゅ、のあとに、ごつん、て頭突き、の心理。
ずっとぎゅってしていたいと思った。ずっと泣いてしまいそうと思った。その時は、これ以上なんにも出来ないって思った。やっぱりこの人が大切だって思った。愛しくてかけがえなくて仕方ないって思った。ずいぶん久しぶりに、わんわんと、声をあげて、泣いた。


posted by たなか沙織 at 04:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする