【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2008年12月20日

削ぎ落とし続けたら

いったいどのタイミングで、どうしたもんかと思う。いろんなことが。

でも、そんなこと思ってたらいろんなものを結局取り逃してしまうので、醜くかろうが、それが最高のシチュエーションじゃなかろうが、とにかく今伝えたいことは今伝えてしまうところが私にはある。それで失いそうなもんなら、どこまでも追い駆けて行く。のかな。
今そういう状況になったらどうなるのか正直わからんけども、何年か前はそうだった。どこまででも、どんなときでも、そちらが自分の人生に於いて優先だと思ったらとにかく走って駆け付ける、そういうところがある。いいのか悪いのかは、不明。
確かに、演劇とか映画とかドラマとかマンガとか観てると、タイミングってあるよなそりゃー、とか思う。そういうものに影響される人間の姿がありありとわかる。でもそれらはあくまで結果論で、実人生、そんな風に簡単に俯瞰できるもんでもないじゃないか。
なので必死だ。

とはいえそれでも、いまいますぐにどうにかなるもんでもない問題もごろごろあって、
「今は今の楽しみを謳歌したいなあ」とか思ったり、
「それはまだ先でいいよねえ」とか、
「現実問題まだ私らにそれは無理だよねえ」とかいう
無言の承諾
があったりして、
現状を維持したりもしてる。
でも今書いたこと全部、いざというときにはばかばかしく思えるような、
陳腐な言い訳かもしれないな。とも思う。

何を考えてるかなんて、伝えようとしなきゃ伝わらない。
喋れって意味じゃない。
伝えよう、とする。
自分の中のその核を、制限なんかしないで、
なんかものすごい熱量そのままで解放してみる。
したらさ、なんか、なんかしらあるだろう。たぶん。
そうしたいしそうしてほしいけど、苦手。

ひねくれないでなるべく素直に、すっ、っと寄り添えるように、
私は私の苦手を克服する。
変にいじけたり照れたり拗ねたりしないで、
たまには通い合いたいものだ。



前髪が伸びてきた。けど切らない。
久々に髪を伸ばそうかなと思う。

まぶたに前髪がかかるだけで目にも頭皮にも精神的にもストレスなので、利便性を考えてこれまで前髪は伸ばさないで来た。そもそも、あんまりにロングヘアだとお風呂上がりや出発前に時間がかかるので、髪の毛全体をあまり伸ばさないできた。それでも長いときは結べないと邪魔なので、毛が細くストレートのまま結ぶには時間がかかってしまう私は、必ずパーマをかけた。
スカートはあまりはかなかった。
かばんは、A4のファイルとPCが入る大きさで重い中身にも耐える丈夫な、でも雨に濡れても痛まないようなやつ、を選んできた。

そういうところで間詰めして、なんとかかんとかやってこれた。

マンガ一冊読むたかだか30分も、
いざ読もうと手に取った瞬間に「早く読み終わらなきゃ」になってしまって
やるべき仕事を放ってその30分を自分に与える後ろめたさを、ないがしろに出来なかった。
小説もそうだったけど、活字を読まないことでどんどん頭が弱くなるので、
これは仕事にも支障が出ると思い、
電車に乗っている何時間かのうちの数十分は読むようにした。
でも文庫本一冊に、1ヵ月も2ヵ月もかかったりしてた。
映画だって観たいけど観れないままのものがいっぱい溜まった。
音楽もそう。
服もそう。
料理もお菓子作りもそう。
旅行もそう。
手紙1枚書くのも。
メール1通返すのも。

でもそうやって必要最低限のことだけに削ぎ落とし続けたら、人間は腐る。
ってわかってても、私には無理だった。
ものを作ることに触れている人間にいかにインプットが大切かってことを
頭でも肌でもよくよく感じていたのに、
それでも私には、無理だったのでした。
元来、怠け者なんですけどね。
そういう自分をも凌駕して、守りたいものがある、ということです。たぶん。

でも腐っちゃ意味無い。
続けられなきゃ意味無い。
まあでもそれこそ、そんな俯瞰した長期的な視点でバランスをとるなんて余地、
渦中の人間には皆無なわけだ。
やりなおしていいよって言われても、上手にやりくりできる気が全くしない。
むー

難しいね。

ただ、
腐った人間は周りの人間にも、よくない菌を繁殖させてしまったりします。
私は、近しい人にほど菌をもらしてしまっていたと思われ、
それを思うとやりきれない。
それでも受け止めようとしてくれた人たちに私が返せるのはたぶん、
ごめんなさいでもありがとうでもなくて、

うん、そう、たぶんそれ、

とか思う。
なのでそのためにがんばる。
懸命に。謙虚に。



撮りためてある『ブラッディ・マンデイ』を、まだちゃんと観てないんだけど、さっき斗澤が遊びに来てる目の前でみんなで観ようって話になって、斗澤の出てるとこを中心にちょこっとだけ観た。で、嬉しくて泣きそうになる。好きな人が壇上に上がって、たくさんの人に観てもらえていることを思うと、それだけで勝手に幸せです。斗澤いい芝居してるよー

そしてコロブチカが楽しみ。
冨士山アネットも楽しみ。

みんな、輝かしい。


posted by たなか沙織 at 06:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

ネガティブさんには大丈夫だよさん

たったの一言で消えてく
たったの一言で変われる
たったの一言で今日が明るい一日になる
そういう、ヨエコも歌詞に書いているようなことが、
ことあるごとに ああ本当にそうだなあ と思う毎日。
女は、少なくとも私は、言葉に単純だ。

昨日ふと言われた一言で今日一日相当明るい気持ちで過ごした。その一言を当人がどういう気持ちで言ったのかはわからないけれども、世の中捨てたもんじゃないかもしれんな、と思った。単純。
し、今日会ったある人の顔を見て、手のぬくもりを感じて、本当にこの人たちに救われて私はやってこれたんだ、やりたいと思うんだ、と思った。実はちょっと泣きそうになりつつ。

一人っきりでやれることなんて何一つない。
他人と接触して生きてるから表現したいことが生まれる。
表現したいことを観て受け止めてくれる人がいるから
そもそも表現というものが存在する。
他人と接触して生きてるから辛い。
でも辛いから辛くないように生きんとして頑張る。
辛い気持ちを味わう人なんて一人でも減ればいいのに、と思ってまた表現をしたくなる。
多少辛いことがあったって、
期待して応援して待ってくれてる人がそこにいるから頑張れる。踏ん張れる。
ほんと、一人っきりでやれることなんて何一つない。

人間、嘘を吐く。
自分の一生を満足させられるのは自分たった一人だってことをよく知ってるから、嘘を吐く。
自分と他人が他人同士である以上、たぶんほとんどの人は嘘を吐いて自分に言い訳をして生きる。

でもさ、嘘を吐いて嘘を吐いて嘘を吐いて、嘘を重ねて嘘を許してもうどうしようもなく、時間は過ぎて行くかもしれないけど、たどり着く先が私だったらいいなとか、思う。そういう欲がある。同じように、自分が帰りつく先もその人だったらいいなとか、思う。
真の意味の母性なんて本当に母子の間でしかあり得ないような気がする。
私が思う限り、母性は無償の愛だ。
けれど、無償の愛を我が子でない人間に向けて捧げるなんて、真の意味では不可能なように思う。だって、自分が自分以外の存在に影響されて幸せであることを実感した上ではじめて、「愛」ってやつが成立する気がするから。
何かしてもらいたいわけじゃない。そこに居て、いつもそこに居て、笑っていてくれるだけでいいのかもしれない。でもそこにはずっと、居てほしい。無償でない、けれどお互いが何も言わずともそうしたくてそうした結果がお互いを補完し合うような、そういう。
ほんとうに大切な、我が子以外の人間との愛の形は、そういうものであってほしいなあと、私は思って生きてる。

おお。なんの話だ。



化粧水を染み込ませながら、頬と手の平の間を化粧水を媒介にして体温が行き来するのを目をつぶって感じながら気付いたんだけど、
ネガティブな人には許してくれる人が必要だ。たぶん。

ネガティブな人がなんでネガティブかっていうと、過去の自分だったり今の自分だったりに、負い目があるからなんじゃないか。
「あんなことした私だから、酷い目に遭ったって仕方ないのよ」
「こんな私だから、いいことがあるわけないのよ」
と、あらゆることを負の方向に捉える傾向が生まれる。
でもね、
それって本当にあなただけのせいじゃないことがほとんどだ。
環境がそうさせたのかもしれない。
そこにいろんな人々の思惑や言葉や行動が絡まって、どうしようもなくその事実に辿りついたのかもしれない。

それでも人は自分を責める。
人間のどうしようもなさを責める。
人生がプラスマイナス、ゼロになるようにできてるんだとしたら、
そんな自分が、均衡をとるために負の要素を受けることは妥当だと考える。

だから、
そうじゃないよ
そうじゃなかったんじゃないかな
そうだとしても今のあなたのそばに私がいるじゃない、と、
自分を許してくれる人を必要としてるんじゃないか。

でもそんな人、なかなか居ないんだよね。
そんな、妄想。



世界は回る。
世間は渦巻く。
人間はうごめく。
自分ひとりの存在が、血流を、良くしたり、悪くしてしまったり、する。



どうしようもない夜はせめて自分に今やれることをやる。
せめて?
例えば、
腹筋とかさ。


posted by たなか沙織 at 03:14 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

偉そうに言えることなんて何もない

何か言葉を発すれば発したそばからすべて嘘になっていきそうな
発している自分が何者なのか、
いったいどういった立場で、どういった視点で、誰に、
何を成すためにものを言いたいのか
そもそもそれはどういう欲からくるものなのか
そういったことを上手に処理できずにおります。
最近はずいぶん、誰にも喋れないことが増えました。
けれど人間は元来そういったものだったということを思い出したりもしています。
その人が感じているものを真の意味で「同じもの」として自分も感じる、
そんなことはそもそも出来ない、双子であっても出来ない、
その人にしか出来ないから価値があるのだということ、
でもだからこそシンクロ出来ないのだからこそ
精一杯寄り添おうとする力を
人間という生き物に、
自分に、
自分の愛する人に、
切望してしまいます。し続けていきたいと思っています。

どなたがこのブログを読んでくださっているかわからないが、
だからこその一番妥当であろう優先順位や内容を考えて
ものを書いていくべきだと思ってきたが、
そんなことを考えていたら半月も経ってしまいました。
そしてそのことに妥当性のある答えを出すには
私にはまだまだ文章力と精神力を蓄える時間が足りないらしい。

いい加減、何者でもなくなった私なので、
何者でもないからこそ書ける自由をふりかざして
あけすけに今の自分のことを
書きたいように書いて行こうかなあとも思ったりします。
まあでもそんな勇気に踏み切れず、
煮え切らないままうじうじしているのが現状です。ね。
読んでいただいてるとおり。

でもこんなに力を抜いてただただ文字を連ねるのは随分久しぶりです。
語弊がたくさんありそうだ。ごめんなさい。
なんだか、
メールをしたい人や電話をしたい人や手紙を書きたい人やいっぱいいるんだけど
まだうまくいきません。
今日はブログ書けそうだったから書いてみた。
えいやっ、と。
出来ることから、
何を言われようと何を思われようと、
出来ることからやってみていかないと
自分は何も変わらないやって思う。
変わらない限りは出来ることは増えない。
変わることで、出来なくなることも増えるかもしれない。
でも、いいとこだけ上手に掬えるような器用さは私には無いんです。
こんなんで、
こんなんですが、
元気にしてます。

朝起きて朝ごはん食べて、
出かけて、
夜帰ってきておうちでごはん食べて、
次の日のお弁当作って、
洗濯したり掃除したりして、
お風呂入ってから
ベッドの中で本読んで
眠ってます。

卑屈や嫉妬を軽快な歌声に乗せて吹っ飛ばす倉橋ヨエコが爽快。
公式海賊盤CD『海賊ピアノ』が通販限定で出たよー


posted by たなか沙織 at 22:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

『ピアノの森』

■映画(DVD)
『ピアノの森』
2007 日本
監督:小島正幸
原作:一色まこと
声の出演:上戸彩 神木隆之介 池脇千鶴 福田麻由子
収録時間:101分


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

『月とキャベツ』

■映画(DVD)
『月とキャベツ』
1996 日本
監督:篠原哲雄
脚本:真柴あずき , 篠原哲雄
出演:山アまさよし 真田麻垂美 鶴見辰吾 ダンカン
収録時間:99分


◇ラストの「One more time, One more chance」だけで見る価値ある。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする