【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2008年02月29日

第一次審査通りました!

柿喰う客
フランス(からの)凱旋公演
『恋人としては無理』

…が、「CoRich舞台芸術まつり!2008春」の第一次審査を通過いたしました!!
≫詳細はこちら

フランスを突き抜け日本に舞い戻ってきます。


posted by たなか沙織 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

べきの先に

もうすぐキリンバズウカの稽古がはじまります。“関西の秘密兵器”と呼ばれていたらしい登米氏の久々の公演に、各界からの豪華なキャスト・スタッフ、私は私で普段は板の上にあがらない人間が上がることに対して、…と、この公演はいろいろな注目をいただいているみたいで、有り難いなあと思っています。




そう、
これを機に役者に転向する、とかいうことは考えていないです。
制作としての仕事を今控えている中の出演で、きっと演劇関係者の多くの方はそう思われて自然だと思うのです。なので念のためいつかこのことについては書こうと思っていて、遅くなってしまいました。

私にとって制作の仕事は、自分が演劇にかかわる中、もっと正確に言えば継続的にかかわろうとする中で、(「今のところの考えでは」ですが)一番適した立場だなと思っています。客観的にものを見、冷静に状況を分析し、あらゆる選択肢を想定し、その中で最適な手段を講じる。という要素を、得意というより良くも悪くも自らの「性格」として内包している私は、それを能力として見た時に演劇にとって一番有効に働きかけることのできる立場が制作だなあと大学時代の自分の演劇活動を通じた結果に思ったのです。加えて、事務処理の作業・デザインの最低限の作業が効率的に出来るので、それは自分の「得意」として、「性格」の持つ適性とマッチするなと感じています。
それとは別に、お客様と接することが好きだ、ということは欠かせない要因でもあります。

…簡素に書こうとした結果、偉そうな言葉が並んでしまいました。
大前提として、自分が「完全」だとは到底思っていないですし、私なんかよりももっとずっと腕も才能も運もある制作者の方は、ほんとうにたくさんいらっしゃいます。ひとりひとりの制作さんがそれぞれに違って、それぞれに大切にしているものがあって、出会うすべての制作の方に学ぶところがあるなとこれまで5年間制作をしてきた中、そして大学を出てのこの1年、詰め込むだけ詰め込むように自分の限界に挑戦しつつ現場に居た中で、感じてきました。そしてそういった方々に刺激を受けながら、私も一歩一歩進み、多くのことを吸収している最中です。




…なんだか話が長くなりそうです。
先日鳥取に帰省した際に撮った写真を挟んだりします。
そんな風景の中で考えたり思い出したりしたことを書く感じになりそうなのでちょうどいいかもしれません。


NEC_0029.jpg


演劇に出会ったはじめは多くの方がそうであるように私も役者でした。演劇部にははじめの1年足らずしか在籍しませんでしたがその後、アマチュアの社会人演劇やちょうど旗揚げ時期だった影絵劇団で、役者をメインに、演出をしたり台本助手をしたり方言指導をしたり、公演の影アナウンスやイベントの司会、ナレーションなど、いろんなことをさせてもらってきました(このブログは見てないだろうけどやまちゃんのおかげです)。その経験は今でも自分にとってどれもかけがえのないことです。
以前、演劇制作者のためのサイト「fringe」にて荻野さんに、開演前の場内アナウンスについてとてもうれしい記事を書いていただきましたが、例えば影アナウンスやイベント司会をやることがなければ、場内アナウンスの大切さに対しての思い入れは、今とは全く違ったものだったと思います。
大学からは、高校時代の自主公演の際にやっていた協賛金集め・宣伝広報・会計・接客・印刷物の仕事が「制作」と呼ぶ仕事なのだということをはじめて知り「それなら私やったことあるよ」と近く公演をしたいと言っていた友人のなにか手助けになれればと思い、また入学して少しでも早く演劇がやりたかったのもあって、とりあえず今回、という気持ちで「制作」の仕事に触れました(とは言えしょっぱなから一人制作でしたし、必死でした)。それからは次々に「制作」の仕事をいただく機会があって、同時に私自身その分野に興味が湧いて惹きこまれたのもあって、今まで「制作」を続けてきたということになります。
その途中で中屋敷に出会ったので、そこからは柿喰う客には3回(第1回、第2回、第5回の公演に)出演していたりもします。柿以外の舞台にもほんの少しいくつか出てますね。


NEC_0028.jpg


まあそんなわけで、役者をやるという選択肢も無かったわけではないですが、役者をやったり制作をやったり、という大学時代を過ごす中で気付いたのは、自分は役者をやるときに、自分のあらゆるものを捧げ出して全力になっちゃう=自分自身のプライベートとか精神とか生活とかお金のこととかがどうでもよくなるほど盲目になっちゃうタイプだなー、ということ。客観的な性格もあって、わりとバランス感覚のある方の人間だとは思うんですが、役者を始めるととことんで、しかもそちらの面では事務作業とは違って不器用な人間なので、こりゃ継続的には私はやれないタイプだぞ、と、これは感覚的にとしか言いようが無いですが、思って。

そんな中2年間役者をやる機会のないまま過ごしてきたところで、今回、キリンバズウカでは久々の役者なので、自分が今のひとり暮らしの生活の中で、どういう風に役者の仕事と向き合うのか、少なからずは変わっているような気がするので、自分でも楽しみだったりしています。変わってるんじゃないかって思うのは、「役者というもの」と向き合う柿喰う客のメンバーやそのほかたくさんの役者、演出家の方と出会ってきたから。

溜まりに溜まってると思うから、
解放しますから、
どうぞ、お楽しみに。
やるからにはまじで全力です。




制作のお仕事は相変わらず、今、少しひかえめにさせていただいています。
前述の通り、ここまでの1年間全力で自分の限界に挑戦!というつもりでどこまでやってどこまで生活できるのか、やれるだけやって来たのですが今は、自分の「やりたい」と思える範囲で制作の仕事とよいお付き合いをするバランスを、今一度、少しずつ少しずつ探りなおして行こうと思っています。基本的に柿喰う客の制作はフルパワーでやっていますので、それ以外のお仕事は、そちらとのバランスを見て、ということにしようと思っています。柿が(有り難いことに)予期せず飛躍したりするので、予測できなかった状況によって他のところにも迷惑をかけてしまうのはもう嫌だなあと思っています。

ご迷惑をおかけしてしまった方、ご心配くださった方には、申し訳のない思いでいっぱいです。そのぶん舞台に凛と立つ、そのぶんこれからの仕事で精神誠意やっていく。私にできるのはそれだけです。
真摯に、やっていきます。


NEC_0030.jpg


はからずも、私の演劇半生をざっくりお話するような結果になってしまいました。
あちゃー
ほんと長文にここまでお付き合いいただいてしまって、読んでくださっているあなたに、こころからありがとうございます。
こんなことをきちんと文章で書くのは自分の中でも初めてのことでした。
これまで頭の中で考えること、自分の中で強く思っていることとしては存在しても、こうして明文化してみるのも時には必要で大切なことなのだと書きながら思いました。そしてこうして言葉を発する場を持てていることそれを読んでくださるひとが在ることはとっても恵まれたことです。

言えるのは、あれやこれやしてでも私は演劇から離れたくない・離れられないらしいということです。人がものを作ることに誠心誠意向き合って、あがいて必死になっている場って素敵だ好きだなあその現場に立ち合っていたいそういう生き方をしたい、という思いが変わらなかったということです。だから必死で紡いでもがいています。


NEC_0032.jpg


「べき」の先に「たい」があるからやる

そういう切り口の美しいスコンとした女でいたいもんです。
べきべきべきべきべきべきべきべき
だと べきっ て折れちゃうみたいなんで
視界が狭くならないようにレンズはやさしくいつも磨いて。
武装なんか必要ない、裏も表も必要ない。




まだまだ。まだまだ!です(*^_^*)
どんとこい


posted by たなか沙織 at 22:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空の爪痕

月が、とても綺麗です。




追記。
わけあって自転車で片道40分の道のりを往復。もっこもこに着込んで、マフラーに手袋、そしてiPodの上から耳あては必需品、それからお腹にほっかいろ。ほかほかして音楽大音量で聴きながら歌いながら、頭上には大きな爪痕から漏れるオレンジ色のひかり。進んでも進んでも進んでも進んでも進んでも進んでも近づけないひかり。そんなうちあっという間に任務完了。




NEC_0043.jpg

連絡を取りたいひと取らなきゃいけないひとが大量に居て追いつかない。でも今はきっと出会いの時期なんだと思う。心が穏やかだと意図せずして自ずといろんな出会いを吸引するのかもしれない。自分がそれだけ、周りに対して違うということ。だから大切に大切にすればいい。したい。肩こりと奮闘しつつも。



今日はいいお天気だった。帰り道で電車を途中下車してある公園で少し猫と遊んだ。短歌の刻まれた石の前にじっと座りこんだ猫の隣に同じように座りこむとしばらくしてからすり寄ってきて一緒にひなたぼっこした。私が去っても猫はずっとそこにいた。




明日は、新宿で撮影。いい天気になるといいな。


posted by たなか沙織 at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

夢日記080228

残念ながら今日は寝てない


posted by たなか沙織 at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泣きそうになったからばいばい

あり余る時間のマス目を埋めていた
という表現にびくり。まさに今テレビから聞こえてきた、病院で過ごすあるこどものことを言ったナレーションの一節。時間がマス目のようであることも、それを色鉛筆で塗りつぶすように過ごすということも、私にはどこか実感を持って納得できる。そういう、実感を感化させる表現に出会うととても幸せな気分。

ああ。









梅が咲く

そして沈丁花






桜、さくら




待っていてくれるんだろうか私は待っているんだろうか 何を何がそこにあるんだろう 何を求めているんだろう? でもそんなのどうでもいいのかもしれなくって 結局ただ会いたいか会いたくないか愛しているか愛していないかそれでいいんじゃないかって 思って 思ってるんだけど 思って 手が言葉が花で花びらで蕾んでひらいて乱れて静まって散って集まって山になって咲いて咲いて 彩て   ふふ、ばかだなあ    いっか


posted by たなか沙織 at 04:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は柿喰う客な感じ

昨日の日記が書けてないですが今日の日記を書きます。昨日の日記はあとで。

ブログに設置しているカウンターのバージョンを更新したので、より正確な数字が出るようになったというのもあるんだけど、最近は頻繁に気軽にこの日記を更新するようにしてみようと思って書き続けてみて、予想に反して結構なカウント数を毎日いただいていて、ありがとうございます。嬉しい。柿喰う客WEBからもようやくリンク貼りましたのです(わーいまいちゃん早速見てくれたそうでありがとう!)。ひそかにね、ひそかに劇団員として柿内でも侵食していってますね私。自分のことを自分で更新するのは非常にこっぱずかしい。




今日は夕方から柿喰う客メンバーのプロフィール写真の撮影。外野でやいのやいの言いながら、9人の写真を撮ってもらう。あーだこーだ好き勝手みんな言い合えるのが柿のいいところ。にぎやかい。

中屋敷はおぼっちゃん風になりがちながらも、やっぱり美男子。エルムは印象がブレることなく、確実に全てのショットを決めてくる。剛史はほのぼのモンスターな普段の雰囲気もよし、ちょっと真面目な顔をすると一変してシブかっこいい印象になるのも面白い。玲央は言わずもがな顔・身体の線が非常に綺麗で、シャッターを切るたびに次々と様々な反応を返してくる、やはり根っからの舞台俳優だなあと思う。半ちゃんはもう本当に細いシャープな印象、でも普段見られないちょっとキメた雰囲気も見られたのでよかった。たいたい・コロ・七味と、女子は一様に、とりあえず美人。身内が言うのもなんだけどでも事実そう思う。そして全員がそれぞれに表情豊かで、1枚の写真からいろんなものがにじみ出る。たいたいは23年生きてきた「女」の姿のいろんな面を内包して見える、こどものあどけなさと歳を経て身につけてきたそれぞれの色気と。コロは一見男の子に見えそうな中性的な美しさの中にやっぱり女らしさが見え隠れしてたまらなく、ぞくっとする、そしてお気に入りのカーディガンを着た途端に柔和でかわいい顔になったのが笑えた。まゆちゃんはすらっとした体が美しく、意志が強そうなのがいい。

みんないい顔してんなあとつくづく。

ついでに私も撮ってもらい。うーん私ってちっこいんだなあ。最後に集合写真も。そういえば9人揃うなんてのはいつぶりだ?もしかしてトラムぶりだったりしたの?
4時間ひっきりなしの撮影に嫌な顔ひとつせず付き合ってくださった佳代さんに本当に感謝。感謝。感謝(>_<) 被写体が信頼できる人に撮ってもらうっていうのはやっぱりいい。出来上がりが楽しみ。→出来上がったら柿WEBのメンバー写真も更新します!今のはもう約2年前の写真なのですよー実わ
写真撮影のあとは佳代さんとお別れし、劇団員で少し話をする。

蠢いてる。蠢いてるよまじで。
なよなよしてる暇なんてない。いつだってフルパワー。そして全力で楽しむ。その中で私が何をするか何をしたいか。そこだけは常に絶対に翻弄されないことだ。


posted by たなか沙織 at 03:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

こんな感じで撮ってます

NEC_0041.jpg


たいたいこと深谷さんです


posted by たなか沙織 at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

撮影中です

NEC_0042.jpg


玲央撮影中
みんなで見守っております


posted by たなか沙織 at 20:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

撮影つづき

はからずも、いろいろな縁や予定が相まって、写真撮影がらみの予定続きの今週、月水木金。楽しい。
やっぱり、写真を撮る人には興味深い人が多い。そして撮影の現場の空気と交わされるやりとりが、好きだなあと思う。

今日はこれから、柿喰う客のメンバー写真の撮影です。つまり近々、WEBのメンバー写真が更新されるってことです。ふふ


posted by たなか沙織 at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢日記080227

畳の部屋
たぶんこれから私たちここにやってくる何かから逃れなければいけない
外はもう騒がしい
そこまで来てる
誰もが立ち去る中
最後まで残ったのは私
と、Y
意外
そしてたまらなく嬉しい
そうだ私は誰より彼と話がしたかったのだ、と夢の中の私は思う

4トントラック
バックで駐車場から出ようとするも
後ろタイヤが段差を乗り越えられず
空回る
それもそのはず
段差は70センチもある
みんなで持ち上げようとすると
しらないおじさんがそれを制止してひとりで持ち上げる
そして持ち上がる




ずいぶん断片的な夢
でもいい心地だった
破壊の激しさを穏やかに見つめていられる感じ
今日はぐっすり寝た


posted by たなか沙織 at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする