【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2008年01月24日

夏の夜よ、とわに続け

(2008/02/17更新)




コミュニケーションをとることで結果自分が失うものの方が多い
ということが想定できているのであれば
コミュニケーションを頭から取らなければいいのに、
それでも「コミュニケーションをとる」という行為をしたいばっかりに
切らずにいる。

それは、
今は失うものの方が多いかもしれないけれど
いずれ
得るものの方が多くなるかもしれない
という愚かかもしれないでも淡い期待がゼロでないからで、
そういう人間は、果たして冷たいだろうか。


正しい判断と的確な相槌が欲しいばかりに
自分のことを他人にわかってもらいたがる。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『blue』

■映画(DVD)
『blue』
2006 日本
監督:安藤尋
脚本:本調有香
原作:魚喃キリコ
出演:市川実日子 小西真奈美 今宿麻美 村上淳
収録時間:116分


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『贅沢な骨』

■映画(DVD)
『贅沢な骨』
2000 日本
監督:行定勲
脚本:行定勲 益子昌一
出演:麻生久美子 つぐみ 永瀬正敏 光石研
収録時間:105分


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

降る雪が白じゃなかったら

(2008/02/17更新)




雪だ。ほんとにうれしい。
雪が降るだけで無条件にうれしくなるのはどうしてなんだろう、
と電車に乗りながら考える。


少しPCを続けてさわれるようになった。ので、メールをしたり、
PC以外の、書類を書いたり郵送物をつくったりの仕事も済ませれた。
とは言えまだまだ山積したままのやるべきこと。




≪以下、2008/02/17追記≫

降る雪がたとえば白じゃなかったらどうなんだろう、
どうして人は雪をみて わあ と思うのだろう、
とぼんやり考える小田急線車内でした

「ワンピース」でピンクの雪が桜になって
やっぱり わあ となったけれど
人は降り注ぐものになにか希望のようなものを感じるのかもしれない
花びら もそう
ひかり もそう
音楽 もそう
雨 もそう

希望と同時に
どうしようもなく塗りつぶされてゆく現実のはかなさを思うこともあるし
けれどなにか ひた ひた と浸されていく日常を
いとおしく思ったりもするんだと思う


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

タイピング練習

森博嗣『四季 夏』読了




朝8時すぎに東京の自宅に帰宅。
浜松町からの電車もバスも今にももよおしてしまいそうな
吐き気に苛まれながら、でも一度止まると立ち上がるのに時間が
かかってしまうからと歯を喰いしばって、
胸を撫でながら少しずつ道を消化していく感じ。

小田急線の車内、朝日があまりに綺麗だった。

久しぶりに帰ってきたという感覚もなく、
時間の流れがきちんと体感できていない。
でもブレーカを落として出かけたばかりに
放置状態にあった冷蔵庫の中だけはきちんと時間を経過させていて、
とりあえず帰ってすぐブレーカを上げ、ゴミ袋にいくつかの食材をつっこんだ。
とは言えもともとそんなに何が入っているという状態の
冷蔵庫でもなかったのだけれど、
一番悲しかったのはまだ半分くらい残っていた
ピノの冬バージョン(バニラ・イチゴ・カフェオレの組み合わせ)の
ファミリーサイズをどばっと捨てたこと。
ころっと食べれるアイスが冷凍庫に常備されているのが好き。

自分の家のにおいが一番おちつく。
自分の家のふとんが一番おちつく。

そんなに眠たかったわけではないのだけれど、
吐き気がおさまらないのでとりあえずアセロラジュースを飲んで
ふとんにまるまった。
しばらく寒くて眠れず、まあもともと眠たいわけでもないので、
本を読んでいたのだけれど、読み終える直前に眠ってしまったらしい。




今度引っ越すのはも少し日光がちゃんと入る窓の家がいい。
今の家の、壁の高いところにあるふたつの小窓から
太陽がやんわり差すのも好きなのだけれど。
でも、シャワーが良い水勢で出てゆっくりくつろげるお風呂の家がよくて
その点が難しい。




相変わらずごはんはあんまり食べれない。安定しない。
一食分を半分ずつくらいに分けて、夕方と夜の2回で食べる。
空腹感と食欲がなく、食べることがこんなに楽しめないのは
ずいぶん久しぶり。困った。

溜まっている仕事にはなかなか手がつけられない。
各方面に、申し訳なくて仕方ない。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

また森博嗣きた

いしいしんじ『みずうみ』読了
森博嗣『四季 春』読了


「どうして、一つの躰に一つの精神を据えて、
着実なコントロール系を構築しなかったのだろう。
生きるためには、そちらの方が絶対に都合が良いのに。
必要とはとうてい思えないものがたくさんあるの。」


森ミステリィは読み始めてそれが自分にぴたっとハマったりなんか
一度した日には、本当に止まらなくなるのだけれど、
もとはなかなかミステリ小説を読む人間ではないので
一度手をつけなくなるとなかなか腰が重い。
それでも何か衝撃的な、でも分量がそんなにヘヴィではないものを読みたくて
本屋でうらうら悩んだ挙句、いわゆる「四季シリーズ」と呼ばれているものに
手を出したが最後、がっつりハマった。参った。

ゆるやかに導入し、だんだんと加速度を増して集束、
そして鮮やかに拡散。




布団の中で横になりながら、とにかく本ばかり読んでいる。
あまり籠ってばかりもいけないので運動にと外に出かけても
行先は図書館か本屋のどちらかで
今日は一度何も買わずにバスに乗ったのにわざわざまた
最寄りのひとつ前のバス停で降りて別の本屋に寄ってしまった。

『スカイ・クロラ』のアニメが楽しみ。




昨晩、ある人とのやりとりの中で、
暗雲が一挙に晴れ渡った瞬間があった。
たまにこういうことがある。
どう書き置いたらいいのかわからないけれど、
とにかく私はその一節にとても救われて
ひかりを見た気がした。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

記憶の聖地にある水辺

永遠にも思える時間


たゆたう時間




打ち寄せる波


通り抜ける風


汗をかくビール瓶


じりじりと焼ける首筋


読み進める本だけが確実な経過の証


カシャ


そより そより


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

意図せず逆転

(2008/01/23更新)




眠れなかったのでこたつに籠って映画を見ていて、
それでも眠れないので強行するしかないなと思って布団に入ってみたんだけど
やっぱり眠れず結局朝4時半。
熱が出たり引いたりしてぐるぐるしながらいつの間にか眠っていて、
トイレに一度起きたきりそのままで
汗をたくさん掻いて、
起きたのは結局夕方6時半だった。
外まっくらだし
雪も見逃したし。
元気になりつつあるのかどうかはわからないけれど
ようやく入ったお風呂は気持ちよかった。



今後一切、どういう職業について
仕事と趣味と生活のバランスをどういう具合にとって
どういう人生を生きていくかっていうのが
もうそんなに悩む暇ない問題だなあと思う。

規律正しい生活リズムの中で決まった時間に出社して退社して
晩御飯を食べお風呂に入って眠る
そういう人生か。

様々を自分で左右して
ある程度の不安定を引き受けながらそれでも
とことん「やりたいこと」への挑戦と充実を得る、
そういう人生か。

大いなるうねりに身を委ねるのは楽だし安定する。

うねりの中心になろうとするのはとても大変だけれど
得る充実感と為すことの可能性は無限。

いずれにせよ、お金は必要だ。
お金の余裕は人の気持ちを豊かにするから。
生活、人生の選択肢を広げてくれるから。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

鳥取

(2008/01/23更新)




今朝から、実家のある鳥取に帰ってきています。
なんだかんだで期限付きの帰省です。
先日成人式を終えた弟とは入れ違い。
実家の祖母と母宛に柿喰う客の年賀状を送ったのだけど
弟も欲しがっていたみたいなので、神戸にも送ってやろうと思う。
たまにかわいいところがある。




帰省にはいつも、東京から一日一便しか出てない
唯一の夜行バスで往復するのだけれど、
私にはこの夜行バスの時間がとても重要だ。
と、以前一度飛行機で往復したときに思って、今もやっぱり
帰省のたびに思う。

必要なのは距離の体感だ。
自分がいまどこにいるのかということが、私はすぐわからなくなってしまう。

万良く私は小さな体をしていて、
今のところこのまま大きくなる気配もないので、
バスの中ではぎりぎり足をぴーんと伸ばしてごろごろ出来るし、
たぶんこの大事な時間はまだしばらく大事に過ごせるだろうと
嬉しい。

バスの中では時によって寝れたり寝れなかったりするのだけれど、
たいがい
消灯されてまっくらな車内、
閉まり切っていないカーテンの隙間からするすると
オレンジ色のひかりが走り込んでくるころに一度
目が覚めて
そこから2・3時間は寝ずにぼうっとしている。

走る車の中っていうのはどうしてこうも
思考が冴えるんだろうか。電車もそうだ。あ、自転車もそう。
重要なのは、自分のまわりを何かが流れていることなんだと思う。
言ってしまえばそうめん流しもそうだし(そんな穏やかなそうめん流しはないけど)、
回転寿司もそう。
回転寿司好き。公演が終わるたびに行くし考え事しに節目節目で行く。

オレンジ色のひかりは
煩いけれどそのひかりの早さに乗せられるかのようにして
様々な記憶と感覚と思考が驚くほどに体内を駆け巡る。




靴の減ったシューズラック。
植木置きになっている以前は私の勉強机だったはずの台。
にんじんのクリップ。
どんどん増えるぶたの小物。
小中時代の名前のマグネット。

こたつにもぐり込んでいるとやってくる
きちきちとウィンカーを鳴らす郵便局のバイク。
車のエンジン音はかかり方と止まり方で、
誰が来たのか誰が出かけたのか今でもわかる。

そんな朝。

なんだかんだで
いざ帰ってきてしまうとはじめそこに感傷の余地はない。
ああ、
とかならない。

ただただ道があって家があって山と川があって昼と夜がある。
生まれて
育って
皮膚は歳をとって
私は結局おなじ私で
鳥取は鳥取で
記憶のものとして美化されるでもなく

今は私の荷物は東京にあって
それだけ。

けれど思い出すことのいちいちや久しぶりのいちいちは
驚くほど新鮮だ。




雪が見たい。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あちこち歩く

(2008/01/23更新)




力尽くでもとにかく考えるより行動だ、と思い
体を動かしたくて動かした方がいい気もしたので
あちこち歩き回った。
いろいろなものを見て
目指したお店なんかはことごとくお休みだったりしたけれど
なんだかいろいろなものを見て
まあ結局途中でへばってがつんと頭がいたくなってしまって
ほらみたことかとでも言わんばかりに
帰宅してまるまってました。
でもちょっと
無理して自分のケツ叩かななあという感じなので
上手にやりくりしなきゃなと、すったもんだあがいています。




森博嗣『魔的』読了
映画『フラガール』鑑賞




ああ、もう、なんだ、
芥川賞直木賞に衝撃
すごいなあ

うかうかしてらんない
せっかく東京にいるんだから
やりたいことやってない意味がわかんない
鳥取に帰ってきて案の定すぐ嫌気がさして
そうすると東京にいることの異様さを感じるし
そこで何をやるべきで自分がそこにいるのかっていうのが
簡単にわかる
シンプルになる




大事なのは
私から信じること
きちんと自分からぶつかること


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする