【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2007年11月28日

『傷は浅いぞ』を終えてA

高木エルムについて書きたい。



今日1週間ぶりに小田急線に乗って満員電車で座れなくて、
大量の荷物と一緒にドア横の手すりにすがって座り込みながらも
なんとか必死に町田駅に着いて
改札出てすぐの2件の花屋さんと人の流れ方を見ながら
「やっぱり私が住んでるのは今この町なんだな」と
少しほっとして

公演後に乗ると毎度、もよりのバス停を乗り過ごしてしまう
とわかっていながら神奈中バスに乗って
案の定もよりのバス停を寝過ごしながら
窓の外の景色が流れていることを新鮮に感じながら
公演を思い返そうとして
一番はじめに思いついたのがエルムの笑う顔で

泣けた。

そのすぐ次に吉澤和泉の笑顔も思い浮かんで
そのあと次々と、たいたい、コロ、玲央、七味、
はんちゃん、佐野さん、じゅんじ、
とみぃ、雅さん、春平さん、中屋敷、

みんな笑っている顔が思い浮かんで
みんな笑ってて
いろんなお客さんの顔も思い浮かんで

くっそー感傷的だなあ
と思いながら
マフラーに隠れてぼろぼろ泣いた。
勝手に ひとりで ぼろぼろ泣いた。



高木エルムは柿喰う客劇団員/副代表/俳優を務める人間で
私とエルムは大学1年のときからなんだかんだと
一緒に現場に立ってきた。
背が高い
というよりは
長い
というほうが適切な容貌で、
身長152センチの私から見ると
常に適確な言葉を明瞭に放つエルムは
最初ちょっと近寄り難かったし恐かったし
この人には嫌われたくないなあと思ってしまう
言い変えれば「思える」人物で
距離を測ることに神経を費やしながら最初何年かが過ぎた。

そんなエルムと、今は一緒に劇団に居る。
今回『傷は浅いぞ』という公演は
エルムなしには成し得なかった。

私は「演劇」と「公演」というものは全く別物だと考えている。
「演劇」というのは創る者にとっての表現手段で
「公演」というのはお客様のための提供手段だ。



脱線。
私は洗濯をして、干して、たたむのがとても好きです。
今日はひさびさに自宅に帰ってきて
今 2回目の洗濯物を干しながら3回目の洗濯機をまわしていて、
とても幸せです。
洗濯物といっしょにどこか少し自分も洗い流されたような
気持ちになるのだと思う。
洗濯粉と柔軟剤のにおいがたまらなく好きだし
今の家では他の住人(富山さん/柿喰う客の照明もしてる人、含む)が
みんな夜行性らしいので
この時間でも気兼ねなく次々洗濯できて
うれしい。



本題。
お客様が居なければ「公演」は成立しないし、
柿喰う客がやりたいのはきっと「演劇」ではなくて「公演」だ。
というか私は個人的に、
「演劇」というものは「公演」に成りえてはじめて成立する類の表現活動だと思っているし、ただそこに作品が存在するだけで完結するものなら、それは「演劇」とは呼べない。それはただ生きていく中でその人が必要とする表現手段としての「行為」なのだと思う。寝る食べる話す、手紙を書く電話をする花を育てる旅行に行く、とかと一緒だ。

必要なのは「見られること」そこに「見てくれるお客様がいること」。
それが「演劇」にとっての必須条件、「公演」が成立してこその「演劇」だ。



まあ、その辺の話は書き出すとそれだけで
だいぶ分量のある話になる気がするので今は割愛するとして、
今回『傷は浅いぞ』をお客様に提供出来たのは、
紛れもなく、エルムの存在あればこそだった。



つづく。


posted by たなか沙織 at 06:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

『傷は浅いぞ』を終えて@

公演を終えて、打ち上げを終えて、
休む間もなく明日からは12月お台場公演の稽古が開始。
明後日からは来年1月シアタートラム公演の稽古が開始。
どちらも再演だ。
稽古初日にあたっては制作的にもいろいろ準備をすることがある。
柿喰う客は毎度、30名程度の俳優で公演を行うので、
チケットの販売システムひとつとっても非常に重要で、
アナウンスのひとつひとつが、現場に大きな影響を与えるし、
そういう環境に淘汰されて私もいろいろなことを学び、
気付けるようになってきたなあと思う。

そんな今、どうしても、昨日無事千秋楽を迎えることの出来た
柿喰う客第11回公演『傷は浅いぞ』
について書いておきたい。
劇団初の、おそらく中屋敷(柿喰う客作・演出)初の、
少人数芝居だった。
劇団員には俳優が8人いるが、
その中で、敢えて「4人芝居」を行った
劇団としては動員見込みも公演にあたっての劇団の体力も
未知
あらゆるものが「未知」そのものの公演だった。

先日ブログタイトルでもお伝えしたとおり
それでも
4人芝居で1000人強のお客様にご来場・ご観劇いただいた。
劇団初の「追加公演」も
満席
そう、満席だった。



柿喰う客はきっと
とんでもない強運に恵まれている。そして人に恵まれている。

なにより一にも二にもお客様に。
そして公演ごとの関係者に、
それからこれまで関わってくださった過去関係者に、
それに、まわりから応援してくださるみなさんに。



このブログはいつの間にか
いろいろな方に見ていただけるようになってきていて、
演劇関係のとんでもない偉い方もあれば、
公演を観て満足いただけたお客様も、
不満を持たれたお客様も、
そして
制作仕事を生活の糧にしておられる同業者の方や、
鳥取からの友人や演劇関係者や、それから家族や、
もう、とにかくいろんな方が見てくださっているのだなあと、
そのことに励まされて私も言葉を
連ねさせていただいているのだけれど、

今日はまず、お読みいただいているみなさんに、
無礼講をお許しいただきたい。

書きたいことをありのまま書いておきたい。
し、これからも、もう、私のありのままを記して行こうと、
きっと読んでくださっている方もそういうのが読みたいんじゃないかと
自分の中で結論付いたので、
どうぞ、ご興味を持っていただける方は今後もお付き合いください。



1週間ぶりに自宅に帰ってきた。
10年ぶりに病院で点滴を受けた。

今晩は、あれやこれや、思うままに書こうと思う。
書くという行為は、私にとって、生きる過程で不可欠なものだ。


posted by たなか沙織 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4人芝居、動員1076名。

おわったー


とにかく今は
ねむります。


posted by たなか沙織 at 07:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

【追加公演完売!】制作者としましては、

24日(土)14時の回、
つまり明日のお昼の回の公演が追加となった
柿喰う客第11回公演『傷は浅いぞ』ですが、

なんと、24時の予約〆切を前にして、
前売完売となりました。

なんだそりゃ
どんだけだ!

と思いつつ、
うれしい悲鳴です。
さすがに、追加公演のステージまでこんな風に
たくさんのお客様にお越しいただけるとは思っていませんでした。
本当に、ほんとうに、
驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。

そして制作者としましては、
今公演の動員を正確に読めなかった自分に
大変遺憾です。
きー


柿喰う客はいつも、素晴らしい客演俳優のみなさんに恵まれて、
25〜30人程度が出演する作品を上演してきましたが、
今回は劇団史上初めての少人数芝居、
しかも劇団員のみでの4人芝居です。

もろもろの事情を考え合わせて、
公演のタイムテーブルを17ステージと定めたわけですが結局、
上記追加公演を含めると今公演は、
4人芝居・2週間ロングラン・18ステージ
の公演となりました。


しかしうれしい。
ほんとうにうれしいのです。
なにより、
明日もまた、お客様とお会いできるのが楽しみです。


posted by たなか沙織 at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

柿喰う客【追加公演】決定。

柿喰う客史上初の「追加公演」が決定した。
追加公演が決定したのは24日(土)14時の回。

うれしい。
もう、本当にうれしい。

ご来場くださったお客様のおかげで、
これからご来場くださるお客様のおかげで、
今回はご来場いただけなくとも
あたたかく見守り続けてくださっているお客様のおかげで、
そのほか、
お手伝いしてくれるボランティアスタッフのみんなや、
声援を送ってくれる過去出演者のみんなや、
柿喰う客にかかわってくださるすべてのみなさんのおかげだ。

ありがとうございます。
残り、10ステージ。
ひとつひとつのステージを誠実に、大切に、
つくってゆきます。


取り急ぎ、お知らせと、御礼までに。

ご予約はこちら(WEB予約フォーム)から

03-3911-8142(公演期間中のみ/劇場受付直通)
090-7979-0227(制作:たなか)
info@kaki-kuu-kyaku.com


posted by たなか沙織 at 03:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

柿喰う客、盛り上がっております。

小屋入りして5日、本番が幕を開けて3日が経ちました。

kkk11_banner_01.gif

2週間のロングランにもかかわらず、そして通常25〜30名の出演者で公演している柿喰う客の、初の「4人芝居」にもかかわらず、連日多くのお客様にお越しいただいて、大変公演盛り上がっております。

今回、公演の17ステージ中、14ステージでなにかしらのイベントがあり、なにもない3ステージでも、「なにもない」ではなくアフタートークはやっておりまして、制作面はお祭り騒ぎです。

3回観に来ていただけると、オリジナルグッズ+チケット1,000円割引券(次回公演以降有効)のプレゼントがあります。
リピーター割引は800円。
何回もお客様に足をお運びいただきたい!という思いが形になって、「ポイントカード」システムも実施。
物販もありますし、
演出替え3ステージ中には客席の形状が変わったりもしますし、
鏡割りしたり、
なんやかんや、
なんやかんやです。

楽しい。


posted by たなか沙織 at 12:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

柿喰う客、本日小屋入り/お台場チケット発売開始。

柿喰う客第11回公演『傷は浅いぞ』は本日から2週間、
王子小劇場に小屋入りします。

楽しくなってきた。
どうやってでも面白い公演にします。
私だって楽しんでやる。

この人たちと一緒に居るようになって3年半くらいが経った。
たった3年半だけど、今の為に22年間があったって言ってもいい。
色んなものの上に今があって、
その今に、
この人たちと居ることに、
後悔は ひとつも ない。

17ステージやります。
ぜひ、観に来てください。
公演詳細はこちら



さて、そんな傍ら、
12月のお台場SHOW-GEKI城チケットが一般発売開始されたようです。
早く劇団WEBでもお知らせしなきゃいけません。
こっそり、演目も決まったんです。


posted by たなか沙織 at 03:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

柿も熟す秋。

何日か前のことだが、実家の祖母から荷物が届いた。

実家から荷物が届くときはきまって母親から大きなダンボールにぎゅうぎゅうに保存の利く食料品や生活雑貨なんかが届くのだが、この時は、実家を離れて5年、はじめて祖母発送の荷物が届いた。



そう、鳥取を離れて5年になる。
ゴールデンウィークの5月、盆の8月、学祭シーズンだった11月、それから年始の1月、春休みに入る2月、だいたい上記の年5箇所のうち、2回くらいずつ選んで、毎年帰省していた。
帰省しても東京の仕事を抱えていることもあるし、鳥取では鳥取の仕事の話があったりして、なかなか家に居ない。祖母ともコミュニケーションを充分には取れないままだったりする。



祖母はこまめに手紙を書いて東京によこしてくれる。
達筆で季節に準じた、そして少しおせっかいなくらいに健康を気遣った、立派な手紙が届く。

ろくに返事も書けないまま何通もの手紙が私のもとで保留になっているが、それで懲りずに手紙は届く。なぜか決まってトイレで読むんだけど、祖母の手紙を読むたびに、なんともいえない感情なのだが、泣きそうになる。



単純に「うれしい」とも違う。
「家族の無償の愛を感じる」とかいうのでもない。
ただ、これらとちょっと似ているのだけど違う、
「底抜けに、祖母は私のことを変わらず気にしていてくれる」
そのことだけは、ありありと、伝わってくる。
そう、気にかけてもらえていることが、こんなにも有り難い。
しかも手紙とか荷物とかっていうのは、決まってものすごいドラマチックなタイミングでやってくる。

NEC_0089.jpg

祖母がはじめて私に送ったその荷物の中に、
おおぶりの柿が2個入っていたのはなんとも感慨深かった。
ばあちゃん、わたし、がんばるわ。


posted by たなか沙織 at 02:30 | Comment(8) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

柿喰う客が夕刊紙・内外タイムスに掲載されました。

本日11月9日付の内外タイムス夕刊に、柿喰う客の紹介記事が掲載されました。19面の「ピンスポ 山本早織の劇団訪問日記21」、かなり大きなスペースで写真入りです。
よろしければご覧ください。

NEC_0088.jpg

<掲載記事について一部訂正>
【1】記事には「高校演劇での活動を経て上京した主宰の中屋敷氏が召集した、学生中心の劇団。」とありますが、
→(正しくは)「高校演劇での活動を経て上京した主宰の中屋敷氏が召集した、“スーパーフリー”な劇団」です。
柿喰う客では旗揚げ当初は出演者の大部分が学生で構成されておりましたが、2007年現在、学生の出演者は数人しかおりません。

【2】記事には「その甲斐あって、今では学生を中心に30人を超える劇団員が所属されているとのこと。」とありますが、
→(正しくは)「その甲斐あって、今では30人を超える俳優が参加しているとのこと。」です。
柿喰う客の劇団員は、現在劇団WEBでも公開しております8人+田中の9人だけなのです。毎回30人ほどの出演者で公演しておりますが(次回『傷は浅いぞ』は4人芝居ですが)、それらは劇団員+大勢の客演のみなさんによるものです。



posted by たなか沙織 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

演劇・舞台制作者の方に問う。

恐らく、ここを見てくださっている演劇・舞台の「制作者」と呼ばれるお仕事をなさっている方は、少なからずいらっしゃると思うので、ぜひこの場でみなさんに伺ってみたいことがあるのですが。

─自分のプライベートな時間って、一日のどれくらいありますか?

この仕事をしているとどうにも、「職場/自宅」と場所で時間を区切ることは困難ですし、きちんと区切られた環境をお持ちの方でも、どうしても家に仕事を持ち帰らざるを得ない、という状況は日常茶飯事なのではないかと思うのです。
「制作者」に限らず、自宅で仕事をしていらっしゃる方はたくさんおられるでしょうから、そういう方のお話もぜひ聞きたい。

私は自宅で仕事をしていますので、仕事とプライベートの区切りは酷く曖昧です。先日とある人に「ON/OFFの切り替えをどこでやっているのか」という質問を受けてハッとしましたが、明確なON/OFFは皆無だなと思ったのでした。
正直、即座に浮かんだ応えは「OFFなんてない!」というものでしたが、まあ厳密には、お風呂に入る時や洗い物をするとき、洗濯をたたむとき、ねむるとき、任意にごろごろしよーと思うとき、なんてのは「OFF」にあたるわけです。が、それは必要最低限の「生活」なわけで、「プライベート」とは少し違いますよね。上記のような「生活」の最中にも、ぼんやり仕事のことに頭をめぐらせたりはするわけで、私なんかはとりわけお風呂に入っている時間に考え事をするタイプなので、目先の仕事にとらわれずきちんと俯瞰して、広い視野で仕事のことを考えるためには、お風呂に入るという行為は仕事の面でも必需です。

とは言え私の場合、自分の中で「OFF!」と切り替えてわざと仕事のことを何も考えない時間は確実にあるのですが、他者から見ていれば、わざわざ言われでもしなければそれとわからないわけで、見ている限りは恐らく、「常に仕事モード」の働きマンに見えてしまうんだろうなあと察します。きっと、私と一緒に生活をする人は、たいへんです。
同じような生活/仕事のスタイルをしているか、
よっぽど私の心情/状態を共有できるか、(エスパー?)
よっぽどよっぽどにポジティブか、
さもなければよっぽど鈍感でなければ、
たいへんだと思います。

しかしそんな生活をしているのは私だけなのか?
とやや不安になったので、この場で書いてみようと思いついたのでした。

きっと、すでにうまくON/OFFの切り替えができている方もあるでしょうし、その方法をご存知の方や、実行している方もいらっしゃると思います。そういう方にはもうぜひぜひ、私にもその方法をおすそわけしていただきたいっ

いやー、まあ、私がとくに今は、怒涛の連続本番を控えて異常な状態ではあるんですが、にしても。

コメントお気軽にお寄せくださいませ。


posted by たなか沙織 at 21:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする