【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2007年10月30日

とにかくですね、

つかれましたです。


posted by たなか沙織 at 16:49 | Comment(5) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

秋晴れの地下の劇場より。

昨日は台風の影響で、朝から晩まで酷い雨でした。
そんな中でも時間堂『月並みなはなし』にご来場くださったお客様には、ありがとうございましたの気持ちでいっぱいです。私だったら、外にでてあんなざくざく降ってる雨の中、電車に乗って、駅から歩いて、劇場まで行こうって気力を起こすの、すごく大変。なにか正当性のある理由を自分の中に見つけて、予定を変えてしまったりするかもしれない。

お昼も、夜も、ほとんどチケットキャンセルなしでの公演が出来ました。楽しんでいただけたなら、何かしら面白がっていただけたなら、幸いだなと思います。そして、残念にもお越しいただけなかったお客様とも、また機会が合うときに、劇場でお会いできることがあればとおもってやみません。



さて、昨夜は急遽、柿喰う客のミーティングを朝方までやっておりました。主宰の中屋敷は今度、劇団「兄貴の子供」という団体に役者として客演する〔11月1日(木)〜11月4日(日)〕ため現在は目下そちらの稽古中で、昨夜彼はその稽古のあと、私は時間堂公演のあとに。

今後の公演のことやら、劇団のことやら、個人の生活と将来のことやら。
なんやかんやありますが、とにかく最優先事項は「生きること」です。
人間としても、演劇人としても、劇団としても。

柿喰う客も、中屋敷法仁も、田中沙織も、
おもしろいことになっていきます。きっと。
飽きさせたりなんかしません。
なにより、私たち本人が、飽きたくなんか、ない。



ところで、
他力の流れに身を委ねて、
どうにかしてもらえるんじゃないか、
こういう風にしたいって思ってるんだけどな、
と醸し出しながら甘える感じがとても苦手。

結果や結論を迫ることばかりが大事なわけではないけれど、
物言わぬべったりした甘えは、受けるのも苦手だし、するのは嫌い。

しかし私に必要なのは、「今だけは」と思ってでも人を弾劾する決断力と実行力、つまり勇気、だなあ。毎度、ものすごい労力。
メモリとCPUを増設しないと。こつ、こつ。


posted by たなか沙織 at 10:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

月並みな(かもしれない私のここ10日間の)はなし。

私は『月並みなはなし』の公演中、この10日間を通して、苦手なものにも動じないしなやかさを身につけたなあと、今日、さっき、東武ストア(王子小劇場の近所にある深夜までやっているスーパー)まで小雨のなかお散歩していて思った。
わ、自画自賛だ。なんだこりゃ。

なんだろう、
今まではひとからの一言一言に、自分の1周目の解釈ですぐ傷ついたり悩んだりしてしまう反射のまま、そこから起き上がれずにいたけれど、そうじゃなくて、自分を幸せにするのは自分なのだし、大事なのは自分がどうしたいかっていう意志だ、ってどんな細かいことにも直感的に接せれるようになった。

もちろん完璧じゃないんだと思うんだけど、自分の生理としてどうやったら私幸せになれるかしらっていうのを、少しずつ試して、成功したり失敗したりしながら、「たなかさおり」に摂取していってるのかもしれないなあ、なんて自分のことの癖に客観的に思ったりしてる。



とらい あんど えらーだ。

エラってなんぼ、だなあ。
でもそれってすげー体力と精神力いるんだよなー。



でも、
自分を幸せにすることをさぼっちゃいけない。


posted by たなか沙織 at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

おぼろ月夜の休演日でした。

昨日の『月並みなはなし』休演日には、もし以前の情報のままに劇場へ足をお運びいただいてしまうお客様がおられた時のために、制作のわたしと、堂主のせりさんのふたりで、劇場の受付に居たのですが、いらっしゃるお客様も幸い居られず、ほっと胸を撫で下ろしたところです。

今後は、こういうことが無いようにしなければいけません。
演劇というのは創作過程で確かにいろいろなことが起きますが、
お客様を混乱させたり不快な思いにさせたり、
演劇に対する不信感を募らせては絶対にだめです。

何かあった時にはとにかく知恵とスピードで誠実に対応するほか手立てはありません。しかしそれにしても、残念な思いをさせてしまうお客様は、その人数が1人であろうが100人であろうが、「居る」という事実の重みは変わらないわけで、その重みを今回はしっかり受け止めなければ、と思った休演日でした。



当初公演の予定されていた時間の受付時間帯を過ぎてから、五反田に向かう為にせりさんと一緒に外に出ると、外はぱらぱらと雨で、明日は満月だっていうのにね、とふたりでちょっとさみしい気持ちになりました。でも五反田は晴れ!と気休めを強気に言いながら電車に乗りました。

五反田は、晴れてましたよ。
月は薄雲に隠れてぼんやりおぼろげだったけど、
その様子はそれはそれでとても美しくて、雨とあいまってなにか香り立つようで、

物事も、
ひとも、
いつだって明瞭にはいかないしそんなに単純には出来ていないけれど、
その奥にはきっと美しい月が こうこう と光っているはずだもの、
と思った夜でした。



照りもせず 曇りもはてぬ 春の夜の
おぼろ月夜に しくものぞなき

「強く照るでもなく、かといって陰るでもない、春のおぼろ月の夜に勝る景色はない」
新古今和歌集にある、大江千里の歌です。
昨夜は、春だけじゃない、「秋の夜の」がぴったりでした。


posted by たなか沙織 at 13:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

休演日でした。そして今日も休演日です。

昨日は時間堂『月並みなはなし』は、「休演日」といういわゆる劇場に入っている期間なのに公演をおやすみする日で、昨日に引き続き今日も休演日です。

昨日(24日)と違って今日(25日)は、公演の広報がはじまった時点では当初公演が予定されていた日で、それが急遽、広報の途中段階でタイムテーブルが変更となり、「休演日」となりました。既に配布を開始しておりましたフライヤー、雑誌など各媒体、その他インターネット上等で一度ご案内しておりました情報からの変更、本当に申し訳ない限りです。


そんなおやすみの昨日今日ですが、制作の私と、堂主の黒澤世莉さんは昼から夜まで劇場で制作のお仕事をしています。おやすみの間にも、後半の公演のお知らせを改めてやってみたり、今後の団体のことを考えてみたり、やりたいことはたくさんあります。

制作というのは、やればやるだけ「次やりたいこと」が思いつく、おもしろい仕事です。「やり尽くした」なんてことはきっとあり得ない。たとえばちょっと、ロビーの表示を見やすく並べ替えてみたりとか、物販のグッズを増やしてみたりとか、そういうこまごまとしたひとつひとつで、公演はよりよくなっていくはずで、そのことに限界なんてないのだと思っています。

出来ると思いついたことはかたっぱしからやってみる。
それしかできない。


さて、王子小劇場は地下なので、劇場に入っている間私たちは地下モもぐらさんです。なのでリフレッシュに一番必要なのは日光なんじゃないかと、この1週間地下に籠もっていて思いました。余談ですが、以前劇場職員のTさんに「たなかさんは黒い服ばっかり着ていてよくない」とお言葉いただいたことがあるのですが、その気持ちが、この1週間でわかるようになりました。改めます。

そんなわけで、この2日間のおやすみでは、たくさんおさんぽをしました。
電車に乗りながら音楽を聴いて流れる景色をぼうっと見ていることが、なんて自分に必要なんだろうって思いました。
手をぐーんと延ばしてくるベビーカーのこどもの笑顔が、なんて底抜けにあったかいんだろうって思いました。
かわいらしいケーキをくるくる見たり、いいにおいのする紅茶の茶葉をくんくんしたり、そういうことがなんて幸せだろうって思いました。


私たちつくり手側がいろんなほかほかを吸収した分また、後半の公演、今度は王子小劇場がお客様にとってほかほかする空間であるといいなと思います。

お時間あればぜひ王子まで足を伸ばしてみてくださいね。
ちょっと素敵なお時間を、過ごしていただけると思います。


posted by たなか沙織 at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『働きマン』に出演。

してました、柿喰う客劇団員の半澤敦史くんという人が。昨日(10月24日)放送分の第3話から、ひとまず第5話までは出演の予定です。編集部員役で、ウォーリーを探せ的な感じですけど、よろしれければ水曜夜、テレビをぽちっとしてみてください。

日テレドラマ『働きマン
原作:安野モヨコ/主演:菅野美穂/毎週水曜 PM10:00〜放送
 『働きマン』ドラマ公式サイト→〔http://www.ntv.co.jp/hatarakiman/


ちなみに昨夜の第3話、一瞬だったけど、私は発見しましたよ。
見慣れてるってすごいな。3年間の関係の賜物だね、おじいちゃん。
半澤くんは一部関係者の中では柿喰う客旗揚げ当初から「おじいちゃん」と呼ばれています。


posted by たなか沙織 at 17:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

本番中の息抜き。

前述したとおり、現在、時間堂の本番中なので王子小劇場に籠もっているわけですが、つまり朝から夜までずうっと地下にいて、もぐらさんな毎日を過ごしているわけです。

しかし今日は、お昼14時の公演だけの日でしたので、夕方劇場の片付けが終わってから、堂主のせりさんはじめ5人で、温泉に行ってきました。
王子から2駅離れた駒込にある、「SAKURA」という天然温泉です。

露天風呂はもちろん、日替わり風呂(今日はワインロゼ!)、ミストサウナ、モニターを見ながら入れるバブルバスの立ち湯、それから別料金だけれど岩盤浴に垢すり、フェイシャルなどなど、もりだくさんの素敵スポットです。入浴料は1,260円。王子で公演の際余裕があるときは、ぜひ立ち寄ってみるといいかもしれません。駒込駅から歩いて10分くらいのところです。

もうね、すっごい素敵空間・素敵タイムだった。
同じくSAKURAでごはんも食べれるんだけど、それも、美味しかった。
めばるっ

本番中にこんな風に息抜きできるなんて嘘みたいです。
11月、柿の時もまたこようっと。



さて、今日を区切りに、『月並みなはなし』は、明日(24日)明後日(25日)の2日間連続で休演日となります。その節は、お客様には大変ご迷惑をおかけいたしました。この場にて重ねまして、深くお詫び申し上げます。

2日間の休息を経てリフレッシュした俳優とスタッフが、また残りの6ステージを鮮度たっぷりでお届けします。
既にわかっている段取りも台詞も、もちろん演劇ですからすべてすっからかんにするわけには行きませんが、それでも、時間堂のお芝居で俳優は「すべて忘れて、その場で反応する」という日常の、当たり前のコミュニケーションのやり方をベースに、お芝居をつくっていきます。きっと、残りの6ステージ、おもしろいことになるんじゃないかな、なんて、制作としてはわくわくしています。


posted by たなか沙織 at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

時間堂『月並みなはなし』前半戦最終日。

現在、王子小劇場にて、時間堂『月並みなはなし』の制作にて小屋入り中です。

omote200.jpg

少しずつお客様も増えて、昨日は当日券でもたくさんのお客様にお越しいただきました。いろいろとご意見やご感想をいただきながら、2週間ロングランのこの公演は、今日がひとまず前半戦の最終日となります。

2日間休演日をはさんで、金曜日からまた4日間、公演しています。
見て損はない作品なのではないかなと思います。
いろいろとレビューや感想もいただいています(ありがとうございます)ので、よろしければそちらも覗いていただいたりしながら、ぜひ足をお運びいただければなと思います。


posted by たなか沙織 at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

柿喰う客『傷は浅いぞ』DM。

昨晩から今朝にかけては、我が家で、柿喰う客第11回公演『傷は浅いぞ』のDM作業をしておりました。

NEC_0073.jpg

皆さまのお手元にも、まもなくチラシとご案内が到着します!
(もしこれまでDMが届いてない方で新規に希望される方がいらっしゃれば、info@kaki-kuu-kyaku.comまでご連絡くださいね)

深夜から始まった作業、参加者は七味、コロ、半澤さん、それからいつも制作現場を手伝いにきてくれる和泉さま。こういう作業はみんなでわいわいやるに限りますね。いろんなお客様のことを想像したり話したりしながら手を動かす。数がどんなに多くても、その時間が楽しければ楽しいだけ、DMの中にも楽しい空気が詰まって届くんじゃないかと、思ったり、思ったり、そういう願懸け的な考え方は、わりとしてしまうほうです。

朝方、隣で大の字になって寝ているコロが素敵でした。
半澤さんはソファーでちっちゃくなっておじいちゃんのようにねむっていました。
七味さんは寝ずにそのまま明け方出掛けてゆきました。


posted by たなか沙織 at 12:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

吉報

まだ詳しくは書けないのですが、
柿喰う客劇団員の半澤くんに
ようやく春風さんが吹いて来そうで、
うれしい。

どんな風かってのはまた
すぐにお知らせします。

とにかく半ちゃん、がんばってこい。
ふふ、うれしいなあ。


私はというと、
明後日から時間堂『月並みなはなし』が小屋入りです。

ロングランで2週間にわたってやっていますから、
ぜひ観に来てください。

時間堂をまだ観たことのない方も、
これまで観てくださったことのある方も、
それぞれに楽しんでいただけると思います。

黒澤世莉の舞台に上がっている役者たち、は、
ほんとうに素敵です。
その役者を通して観る
黒澤世莉の描く人間、も、
私はとてもすきです。


posted by たなか沙織 at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする