【近況】
暑いの苦手だけどサウナとか岩盤浴は好きです。夏だなあ

■■演劇関係■■
【出演】8月31日(金)〜9月4日(火)シンクロ少女『LOVE』Chapter4@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。第2話以降引き続きの出演で嬉しい!詳細はこちら。ご予約はこちら。[2018/07/14]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ
ここで動画がみれます。 [2018/07/14]


2007年09月05日

『性癖優秀』のこと@

公演中はまったく自分のことが手につかないので、
色々と書きたいことが山積してしまっています。

打ち上げ会場は劇団員に任せて早々に帰宅し、
ただいま我が家への荷降しも終わりました。
柿喰う客では制作荷物も非常に多いので、
打ち上げ後にも関わらずトラックを走らせて
方々に荷物を降ろしてくれる部隊が居ることは、
私にとっても実をもってありがたいことです。
そうでなくとも、
公演が終わってもまだ働いてくれる人たちがいて、
そういうことのひとつひとつで演劇が成立しているのだと、
感謝の嵐です。


さて、前述したとおり、
書きたいことが山積しているのです。

というのも、役者と同じで制作も、
公演中がハレの舞台なのです。
日々たくさんのお客様と接しながら、
日々さまざまな予測不可能な事態に対峙しながら、
手の行き届かなかった部分に心底申し訳ない思いをしたり、
どうにかなった部分に胸を撫で下ろしつつも自戒は耐えなかったり、

ぐるぐる、
ぐるぐる、

と。



道に迷いながらもお越しくださったお客様、
突然の雨に降られながらも受付を外でお待ちくださったお客様、
暑い天候の中受付をお待ちくださったお客様、
開演時間を押しての中お待ちくださったお客様、
リピーター観劇に足をお運びいただいたにも関わらず、満席のためご案内出来なかったお客様、
予想以上のお客様のご来場に、座布団が足らなくなってしまい通路に直座りいただいてしまったお客様、
予想以上のお客様のご来場に、座布団が足らなくなってしまい通路に直座りいただいてしまったお客様、
劇場機構・舞台機構の都合で、ご希望の席にご案内できなかったお客様、
ぱんぱんの途中退出もままならないような窮屈な場内で、最後まで作品をご観劇くださったお客様、

本当に、申し訳ありませんでした。
そして最後まで、ありがとうございました。

小劇場の限られたスペース、機構、物品の範囲では、
どうしても不足の事態に対応しきれない部分が出てきてしまうことがあります。
それでも「ちょっと一工夫」で少しでも快適に受付を通っていただいたり、
ご観劇していただくことはできるはずで、
私などはその
「ちょっと一工夫」
のアイデアを反射的に素早く出せるよう、
経験と鍛錬を重ねなければなと思います。
今回の公演でも、そのことを強く思いました。

すべてのお客様に、
というのが現実問題不可能だとしても、
ひとりでも多くのお客様に、
快適に、安心して、
観劇に臨んでいただきたい、
お席にリラックスして座っていただきたい、
そのことだけを、
本番中は、
本当にそのことだけを思っています。

いや、できることなら、
すべてのお客様に。

出来ると思ったことはすべてやる。
どんな些細なことでもやる。
それでひとりでも、ひとつでも、
お客様が不快な思いをしないでいられるなら、
なんでもやる。


今後も尽力して参ります。


直接であったり、
レビューやブログの端々にであったり、
制作面のことでご意見・ご提案をいただけること、
とても有り難く思っております。

なるべく観客の立場で環境を見れるようにと
心がけているのですが、
外の整列から中の客席まで、
当日すべての範囲を私が見ていることは不可能で、
目の届かない部分が出てしまいます。

気のつかれることがありましたら、
些細なことでもなんでも、
どうぞお気軽に聞かせてやってください。

逃げも隠れもせず、きちんと責任を持ち、誇りを持って立つ。
だからこそ、私はメイド服を着ております。





ご来場いただいお客様、
本当にありがとうございました。
そして今回はご来場いただけなかったお客様も、
いつかまた劇場でお会いできるのを楽しみにしております。


posted by たなか沙織 at 15:52 | Comment(5) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閉幕。

柿喰う客第10回公演
『性癖優秀』
閉幕いたしました。

無事、千秋楽までのステージを駆け抜けました。


posted by たなか沙織 at 06:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

気持ち悪いくらい愛に溢れていて

柿喰う客劇団員のブログを読むとわかるけれど、今回の柿喰う客はどこもかしこも愛に溢れていて、本当に幸せで心地よい環境だ。

中屋敷とこれまで話してきたいろんなことが思い返される。

感情的な記事を書きます。

よかったね中屋敷。
ほら、みんなこんなに応えてくれる。

貴方は決して一人じゃないのです。
脚本家で演出家で劇団主宰の貴方は、ふとするときっと一人になりがちなのですが、そうじゃないのだと、ほら、こんなに今回、いろんなものが返ってきたじゃないか。

大事なのは先に信頼して寄り掛かってみる心だなやっぱり。

捌け口の無い内臓と、誰も幸せにならない不安や疑念は、引き受けられる人間が引き受ければいい。私はそういうことの為にいるのだし。引き受けたり手放したりしながら、みんなで幸せになれればいい。

そう思うよ。

少しは劇団制作者として作品を、中屋敷を支えられているだろうか。


posted by たなか沙織 at 02:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たぶん今回はおもしろい。

たぶん。
あとは好き嫌いの差。

と思える公演に仕上がりました。腹を痛めて産み出た我が子のような、コミュニケーションの賜物です。

おすすめします。
柿喰う客第10回公演『性癖優秀』。

残席少なくなっております。
あと3日間、5ステでございます


posted by たなか沙織 at 01:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする