【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2007年09月22日

ちょっぴりいなくなります。

土日とちょっと東京を離れてきます。
このくそ忙しい時期に消えてごめんなさい。
何かあったらいつでも連絡してください。

2日がかりでどうにか、優先すべき仕事は一通り終わらせました。
大量にメールを送ったり、
あちこちの情報を更新したり、
しておりました。

ちょっと消耗気味だったので、休日にしていたのがこの土日で、本当に救われております。

ちょっとだけ寝て、
しゅっぱつだー
やったー


posted by たなか沙織 at 08:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トリツカレ男。

久しく本を読む暇が皆無で、
というかリフレッシュの材料に読書を持ってくる選択肢すら
思い浮かんでいなかったのだけど、
なにかとにかく好きな、リラックスして読めるものをひとつ読もう、
と思い。

そういう時に手にするのは必ずだなー
と今回でもう確信したのだけど、
いしいしんじの『トリツカレ男』を
もう何回目かわかんないけど、読んだ。

するすると言葉が身体に滑り込んでって、
浸透してって、
おいしい空気と一緒に血液に入り込んで、
毒素があれば見つけたそばからくまなく中和されていくような、
ふわ、ふわ、
とした気持ちになりました。

単純ですけど、
好きなものは好きで、
これでまたがんばれるなーと思う次第です。

あ、
いい本ですよ。
うすっぺらいし、1時間とかあれば読めちゃうと思うので、
ぜひ。ぜひ。
いしいしんじの『トリツカレ男』です。


posted by たなか沙織 at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

ぼやき。

くっそー

もう、すべてをポジティブの風で吹き飛ばせるような台風を起こせるエネルギーが、最初の一瞬でいいから欲しい。出足さえ捕まえれれば、あとはぐるんぐるんと勢いに身を任せるだけ。

ちっちゃなちっちゃなことの載積に苛まれて、
ちょびちょびちょびちょびとへたれかかって。

そんな暇はないのです!

前見て、
人の目見て、
足元きちんと確認して、
背筋を伸ばして、

ごー ごー

13.jpg


posted by たなか沙織 at 03:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

待ち遠しいことがひとつある。

待ち遠しくて待ち遠しくてたまらないことがひとつある、のは、同期の友人に第一子がもうすぐ産まれること。どうか、どうか、彼女も、生まれてくるこどもも、元気で誕生を向かえて欲しい。

知り合いが出産するというのがはじめてなわけでは勿論ないけれど、これまであった中で一番近しい人間が母親になろうとしている、し、理由あって私は、産まれてくるこどもをどうも他人とは思えない。

おかあちゃんがんばってますよ。
あなたの誕生を待ってるひとがたくさんいるよ。

頑張れ、頑張れ、
と祈るしかないのだけれど、
公衆電話からかかってくるであろうその電話が、
無事、吉報であるように、
なんだか毎日どきどきしている。



家で珈琲か紅茶をいれて飲むのが好きで、
どちらかというと我が家には紅茶グッズのほうがよくそろっているので、いれる過程から飲むところまでの一通りに関しては、紅茶のほうが贅沢な気がしている。写真に写っているもの、全部、もらいもの。

200709201652000.jpg

マグカップは4年前の誕生日に。
ティーストレーナーは今年の誕生日に。
茶葉はある公演の終わりがけに。

茶葉が「YUME」と名付けられたブレンドで、
花のつぼみがたくさん入っていてとても素敵です。
しかも「はまなす」と「ばら」。

ひとつ、ひとつ、
いろんな人から元気と幸せのきっかけを分けてもらって、
立っています。



先日、柿喰う客のワークショップオーディションを行ったのですが、
そのとき夕方「アイスを食べたい!」と劇団員で言い合いはじめて、
私はちょっとスキっとした気分になりたかったので、
買出しに行くコロと深谷さんに
「アイスの実があったらアイスの実、じゃなかったら任せる」
とお願いし、
アイスの実がなかったらしく買ってきてもらったのはピノだったんだけど、

200709161909000.jpg

はじめて、星のピノが出ました。
ちなみにピノは一番好きなアイスです。
勝手に、
愛と、運命と、巡り合わせを思いました。


posted by たなか沙織 at 03:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 覚えておきたいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【備忘録】読書記録

ブクログはこちら≫たなかさんちの本棚

--------------------
<2007年9月>
・『トリツカレ男』 いしいしんじ/2006/新潮文庫

<2007年4月>
・『鼻/外套/査察官』 ゴーゴリ/2006/光文社古典新訳文庫

<2007年3月>
・『カフェー小品集』 嶽本野ばら/2003/小学館文庫
・『ポーの話』 いしいしんじ/2005/新潮社

<2007年2月>
・『ナ・バ・テア』 森博嗣/2005/中公文庫
・『スキップ』 北村薫/2000/新潮文庫

<2007年1月>
・『プラネタリウムのふたご』 いしいしんじ/2006/講談社文庫

<2006年8月>
・『スカイ・クロラ』 森博嗣/2004/中公文庫
・『戦後短篇小説再発見 2 性の根源へ』 講談社文芸文庫 編/2001/講談社

<2006年4月>
・『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ/2005/新潮社
・『冬物語』 ウィリアム・シェイクスピア/1983/白水社

<2006年3月>
・『昭和歌謡曲大全集』 村上龍/1997/集英社文庫

<2006年2月>
・『阿修羅ガール』 舞城王太郎/2005/新潮社
・『「企画書」のつくり方、見せ方の技術』 藤村正宏/2002/あさ出版
・『ぶらんこ乗り』 いしいしんじ/2004/新潮社
・『冷蔵庫を壊す』 狗飼恭子/1997/幻冬舎
・『鱗姫』 嶽本野ばら/2003/小学館
・『バッテリーV』 あさのあつこ/2004/角川文庫
・『富豪刑事』 筒井康隆/1983/新潮社

<2006年1月>
・『おごそかな渇き』 山本周五郎/1971/新潮社


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

『傷は浅いぞ』はじまる。

今日から柿喰う客第11回公演『傷は浅いぞ』の稽古がはじまる。今、まさに稽古場に向かっているところ。

つい今まで柿喰う客第4回公演『多い日も安心』のDVDを横目に仕事をしていたのですが。

私は大学のそばに卒業した今も住んでいるので、新学期に向けて少しずつ大学に来る学生が増えてきている様子と、柿喰う客の主要メンバーが学生だった頃(『多い日』は2年前・桜美林大学の劇場での公演)とがあいまって、あ、しかもそこに秋のセンチな空気も絡まって、なにやら感慨深い気持ちになりました。

大きくなった。
こんな風になることなんて、ただただ夢で、誰も現実的に考えたりなんてしてなかった。

それで今は、
まだまだ上が見える。
まだまだ行ける。
目指す場所があるってのは、幸せなことだ。

『傷は浅いぞ』は、柿喰う客史上初の4人芝居、劇団員だけでの公演です。

この上ないメンバーで、
まだまだ上を目指して、
また一歩。

楽しみでたまりません。


posted by たなか沙織 at 18:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制作者が「知っている」ということ

弱みを聞けるっていうのは、その人が大切なら大切なだけ、自分にとっては強みなんじゃないかなと思ったりしています。

私は特別、器の大きい人間なわけじゃないし、ありあまる菩薩性を兼ね備えてるわけでもないので、傲慢には聞こえないよう願いつつ、なんですが。

大切だなあと感じる人に対しては、“聞いてあげる”んじゃなくて“聞きたい!”と思う、…あ、でもこれってわざわざ書いてみたけど道徳的に人として当たり前のことだった?(!)…と今書きながら思いました。

思いつつ、続けますが、

傾向と対策、とでも言いましょうか、その人を知れば知るだけいい関係が築ける→築きたいと思っている人のことを出来るかぎり多く知りたい・受けられる人間で在りたい、と思うのはごくごく自然なことではないでしょうか。

それは仕事に於いてもまったく同じで。というか演劇というのは人と人のコミュニケーションがあらゆる事の土台なので、知ってなんぼ、だと思っています。

あくまで、
おせっかいにはなりたくない。押しつけにもなりたくない。

でも、知らなければ解決出来ないことがほとんどな中で、《制作者》というのは出来るかぎり多くのことを知っているべきなんではないかと思っています。

把握出来てなければ、最良の一手がなんなのかすら判断できない。何かを解決しようとする時ばかりでなく、それは、次に進もうとしている時にも、その他どんな状況にも言えることなはずです。

主観的な意見も持ちながら、常に、事態を誰より正確になるべく早く把握しようとし、その上で最良の手段を考えること。そして大切なのは『具体的に動くこと』。それが、カンパニーの中で制作者がやるべきことなんではないかと思っています。

思いつつ、私が、いつもいつでもそうできるわけではなくて、取り零してしまう事柄も削がれてしまう部分もたくさんあるので、まだまだだよ、がんばれ自分。と思う次第です。



うーん、
再発、○○炎気味。
(書きませんけど)
癖になるので、いやです。


posted by たなか沙織 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ハウルの動く城』

『ハウルの動く城』
■映画(DVD)
『恋の門』
2004 日本
監督:宮崎駿
声の出演:倍賞千恵子 木村拓哉 美輪明宏 我修院達也
収録時間:119分


◇イギリスの児童文学作家、D・W・ジョーンズの原作を宮崎駿監督が映画化。賛否両論聞くけれど、私は、大好き。2日間で5回観た。
コラージュみたいなごった煮具合も、そのぶっ飛び方も、非常に好み。出来事も人間も、思い通り整合性が取れてることなんてほとんどないし、型の捕らえようのないものがほとんどだ。そのことについてとても説得力があったように思うし、そういう混沌とした中にそれでもところどころ、美しくきらきらとしたものが垣間見える(見たいと思わせる)瞬間にも、きゅん、とした。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

誠意はスピードでしか示せない。

まったくだ。
速効性と正確さが肝。
両立させたい。

私は携帯を打つのが(意外に思われる方もおられるかもですが)あまり好きじゃなくて、仕事のことでにちにちやっていると、思考がスムーズに行かなくて情報の全貌が見渡せなくなったり整理出来なくなってしまうのです。

とは言えそんな性質を凌駕する仕組みを考えて時にはモノの力も借りて、きちんと自分のやるべきことをやるべき時にやれる体勢を整えなきゃいけない。

日々をより楽に楽しく過ごすために。です。あぐらかいてる隙なんて一瞬たりとも無い。

燃えてきた。
風は追い風。
青春だなー。

ひとつひとつ。
丁寧に。
誠実に。

よーし


posted by たなか沙織 at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

『ALWAYS 三丁目の夕日』

■映画(DVD)
『ALWAYS 三丁目の夕日』
2005 日本
監督:山崎貴
脚本:荻上直子
出演:吉岡秀隆 堤真一 小雪 薬師丸ひろ子
収録時間:133分


◇好き。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする