【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2007年07月29日

男性の浴衣について書留

いやそりゃあじんべえだって好きだけれども、浴衣を気軽に着ること/着れることが流行に、そして女性のステータスになっている今、もう流行に乗っかって、もはや彼女に乗っかるが為にでもいいから、男性諸君よ浴衣を着ておくんなまし。

男性の浴衣の帯のちょこんとした貝の口なんか目に入った日には、胸の真ん中が きゅるるッ となる。着付と首筋が綺麗だったりすると女性でももちろん くらッ と来るわけだけど、いやいや男性ですよ今立ち上がるべきは。

花火大会のこの時期、仕事帰りの電車の中でたまに きゅるるッ とか くらッ とか来てますね、まったく、たまったもんじゃない。

浴衣で観劇とかね。
浴衣で映画とかね。

旦那はそんな男性がいい。休みの日には一緒に着物や浴衣でぶらり、なんて具合の。

根っからの着物ふぇちなんです、失礼いたしましたん。


posted by たなか沙織 at 00:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

『バーバー吉野』

『バーバー吉野』
■映画(DVD)
『恋の門』
2003 日本
監督:荻上直子
脚本:荻上直子
出演:もたいまさこ 米田良 大川翔太 村松諒
収録時間:96分


◇満足ならず。もたいまさこはやっぱり脇役がいい。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

これから稽古場。

東京です。
これから柿喰う客の稽古場。

今日までは「プレ稽古」という扱いで、共演者とコミュニケーションを取り合いながら関係性・信頼をつくる作業をしてきたはずで、今日からは「本稽古」、台本の稽古に入る。台本は今、私のカバンの中。

ここから作品が始まる。もちろんその土台は「プレ稽古」にかかっているのだからもう創作は始まっている。これまでに培った土台の上にいかなる物語を重ねていくか。楽しみ。

稽古場に行けるのがかれこれ顔合わせぶりだ。申し訳ない。久々にみんなと会えるのも、楽しみ。

東京に居ない間パソコンのない生活だったので、帰京してきて久々にネットを開いたら、お知り合いの方のめでたいニュースが目に入って嬉しくなった。


posted by たなか沙織 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

【@鳥取】百姓料理よね

地元は倉吉、「赤瓦(あかがわら)」と呼ばれる観光街があるのだが、ここではちょこっと地蕎麦を食べたりお茶したり土産物を買ったり、地元工芸の体験が安価で出来たりする(陶芸体験が500円〜!)。雑貨類もセレクトショップの風采で置かれていて、個人の作家さんごとに茶碗や織物小物がずらり。

そんな赤瓦の端に「よね」という百姓料理のお店が出来ていたので(行きたい行きたいと散々言っていた)母と一緒に行ってきた。

店に入るとキッチンを囲んで90度カウンター席のみ、全8席。大将は奥の厨房に居るらしく、「今から2人いいですかー」と聞くと「ええよー」と奥から声。店に来ていた他のお客さんが「ここどうぞー」と空いてる席をすすめてくれた。「なら車止めてからまたすぐ来ますねー」と言ってしばらくしてから来てみると入り口に4人連れのお客がぞろり。さっきちょうど4席空いてたからあーあいっぱいになっちゃうかなあと思って覗いてみたら、ちゃあんと2席空けて待っていてくださった。たぶん他のお客さんが「さっき2人すぐ来るって言っとんさったけなー」って言ってくださった感じ。4人連れのお客さんの方も、「ならちょっと待っとらーか」てな具合。

ランチが500円。小鉢が3種とサラダ・魚・漬物・味噌汁・ごはん、とそれぞれの量は少しだけ少なめにしてあって、お腹にちょうどいい。味も濃すぎず薄すぎず、ベスト。これで500円なんて大満足。おすすめ。

初めて顔を突き合わせた人とも、一緒に食卓を囲んで冗談に笑い合っておいしいおいしい言いながら食べる。のどかな人柄あふれるいかにも倉吉らしいお店。

私たちの次、4人連れのお客さんまででランチは終了、まだ1時前。来ていた馴染み客らしい市役所の職員さんによって表の看板は「準備中」に。ランチ以外にも蕎麦パスタとかラーメンとか、あるんですけどね実は(笑)こっちも500円前後。

お立ち寄りは昼どき早い時間に。


posted by たなか沙織 at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

【@鳥取】第4夜:ハワイ温泉。

鳥取には「羽合(はわい)」という地名があって、最近はテレビなんかでもよく取り上げられているのでご存じの方も多いかと思う。
歩道には楓や紅葉の代わりにヤシの木が植えられているし、町役場の職員さんはアロハシャツが制服。だったのだが先だって市町村合併があって今は「湯梨浜町(ゆりはまちょう)」という町名になってしまったので、職員さんも今はクールビズな白いワイシャツだとか。
ただし「羽合」という地名は残っているし、ヤシの木もそのまま。

鳥取には、あまり知られてないが温泉地がたくさんある。羽合もその中のひとつで、今日は祖母が四国お遍路巡りの際もらったという入浴券に礼かって、「千年亭」という旅館のお風呂に行ってきた。

料亭風の小さな玄関がささやかに作られており、そっと迎えてくれる具合に好感が持てた。お風呂は露天(1階)と大浴場(2階)のふたつに分かれて作られており、いちいちあがらなければいけないのは少し面倒。しかしそれぞれのお風呂はすばらしかった。

まず2階の大浴場に入ったのだけど入浴者は他に居られず貸し切り。東郷湖に面して一面ガラス張りで、湖周辺の温泉宿の明かりや道路がやわらかに輝く夜景が見渡せる。しかも今日は(知らなかったのだが)花火大会の日で、ガラス越しに花火が、下から上、右から左まで隈無く見れた。ちょうど湯槽に浸かった時に始まったので、最後まで見てからあがった。温泉で花火なんて狙ったみたいにぜいたくな時間になって、ちょっと感動。

次に1階の露天へ。足元すら満足に見えないような薄暗さの中進んでいくと、これまた貸し切り。
薄暗さが空間を自分だけのものにしてくれているようで、お風呂からは手を伸ばすと湖に届きそうで、見上げると星空がぱあーっと広がっていて、湖越しの風がさあっと吹いて、この上ない情景だった。

これまでいくつも温泉に入ってきたけど、ここまで満足出来るところってなかなかない。夜、おすすめ。ちなみに普通に立ち寄ると1000円するのだそうです。

『白雪姫』を見ました。意外にも描写がしっかりしていて驚き。

読書して、寝ます。


posted by たなか沙織 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【@鳥取】自転車が一番。

200707231647000.jpg


色々と書類を出したりもらったり、公的機関を巡ってきた。
自転車日和、と言うには少し照りすぎのカンカンと暑い日差しの下、でも湿気がなく風があるので、気持ち良くぐるぐると祖母のママチャリで。

高校のまわりを一周すると、ちょうど夏休みなので昼間からいろんな部活が練習していて、土手側にある演劇部の部室からは台詞がぱらぱらと聞こえてきて、思わずふらと足を伸ばしそうになった。
もう自分が顔見知る学生はひとりも居ないし、きっと自分のことを知っている学生も居ない。けれど部室のある鴨水(おうすい)会館は、ぼろぼろのくせ建て替えられずにまだ健在で、演劇に身を注ぐ学生の姿も変わらずそこに在って、私が演劇部に在席したのはほんの10ヵ月だったが、感慨深いものがあった。在席せずとも、この高校で3年間演劇をした。同じように、稽古をしたいくつかの公民館の傍をとおりかかると、当時の稽古場の風景と体感していたあらゆる五感をありありと思い出す。

自転車に乗っていて、2人の知り合いにも会った。帰ってくると必ず出かけるたびに誰かに会う。それだけ狭い街だし、お互いがお互いに地域の人間をよく知っている。どこで何をするにも周りの目や評価がついてまわることは煩わしくない時ばかりではないが、人と人が近しいこと、垣根なく交流出来ることを思うと、悪いばかりでもない。
そのあたたかさに有り難いと感謝出来るように、周りを気にして左右されるようななまっちょろさに打ち勝つ芯の在る人間で居られるのが理想。今はそう思えるけど高校の時までは難しかった。
芯を持つことっていうのは時として「我が道を行く」ってやつと同義にされがちだし、左右されないってのは「協調性がない」ってやつとごっちゃになったりする。どっちとも言えるし、見る人から見たらどっちも正解だ。

家の一番近く、ほんの10m先にある幼稚園、私も通っていたところ、では夕方になると遊戯室で園長先生がトランペットを吹く。今もその習慣が続いているのだろうかとぼんやり思っていたら、夕方の肌がちりちりと乾燥するようなオレンジ色の風にのっかって、くわん、とトランペットの音が聞こえはじめた。
私も7年間トランペットをやったけどそれって、それこそ幼稚園の時から聞いてきた、誠治先生のトランペットの音があったからかも。

夕方からはお墓参り。墓石、田中の「中」の字の縦棒の溝に、かたつむりの殻。死んでいるかもと思いながら摘んだらまだぴったりと足を吸い付けていて、少し力を入れて別の場所に移した。お供え用に持ってきた水を上から少し垂らしておいてみた。


posted by たなか沙織 at 22:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

【@鳥取】第3夜:静かです。

ぽつぽつと入る雑貨屋や飲食店の店員さん以外は誰にも会わないような、しんと静まり返った日曜。静かに霧雨が降る中、余計その静かさは強調されて、家から小学校、中学校と回るルートで散歩をしながら、ああいつでもここはここに在るのだ、と思った。姿形やにおいは少しずつ変わっていく、それでも戦争や災害、天変地異が起こらない限りここはここに在り続ける。

明日は色々回らなければならないところが多いが、今日は昼過ぎバスで大阪から鳥取に着いてからというもの、何をしようという気にもならず、「本でも読もうかしら」「ビデオでも見ようかしら」ということ以外あまり頭に積極的に浮かんでこない。

雨はアスファルトのそれと一緒に様々なにおいを引き立てるので、ぼんやりと浮かぶ思い出の端々を捕まえてみたりもした。気持ちがいいばかりではない。けれど必要なことだ。必要と意識せず自ずとそうしてしまう辺り、単に都合がいい働きなのだが、必要なことだ。

川。川。
そう、いつも近くに川。


posted by たなか沙織 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

【@大阪】第2夜。

泊めてもらっているお宅の人に勧められるまま、私たちの世代には懐かしの美少女戦士セーラームーン実写版ドラマのビデオを見ながら、知らぬ間に就寝。

実写版ドラマ、すごいですね。


posted by たなか沙織 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【@大阪】コロ。

200707212109000.jpg


観劇後。
みなさん!
コロさんです!!

コロは大阪でも思いっきり、精一杯、舞台上を駆け回っていました。踏みしめていました。

大阪の皆さんを笑わせている、客席を湧かせているコロは、すばらしく素敵で凛としていて、見て見てあれがコロなんです、すごい役者なんです、ほら、ほら、とまわりに話し掛けたくなる衝動に駆られ。


posted by たなか沙織 at 21:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【@大阪】一心寺シアター倶楽。

200707212112000.jpg


夜なので外観はうまく写せず。
いい劇場です。


posted by たなか沙織 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする