【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2007年04月29日

消しゴムはんこ。

時間堂『ピンポン、のような』の受付お手伝いに来てくださった渡辺菜青さんより、いただきました。

200705030051000.jpg

「普段はなにをしてらっしゃるんですか?」という質問に、「消しゴムはんことかつくってます」と答えてくださったなおさん。まさかと思いながらもわがままに「私の顔つくってほしいとか言ったらつくってくださったりするんですか?」と冗談半分でお話してみたら、観劇にいらしてくださった今日、ほんとうに完成したはんこを持ってきてくださったんです!!!

すごくないですか?!
もう、ちょっとほんとうに嬉しかったです。

なおさん、ありがとうございました。
大事に、いっぱい使います。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚えておきたいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

何って今から、

小屋入りです。
今月2度目の、王子小劇場です。

私が住んでいるところから王子小劇場までは少し遠い。
自転車と電車で
2時間
かかります。
それでも毎日通うのが嫌にならないのは
あの劇場が好きだからで
それは、
空間が好きというよりも
あの劇場の、
つまり劇場スタッフのかたがたの、
人柄
が好きなんだと思います。

ぎゅうっぎゅうの満員通勤電車
キャリーカートと
大きなリュックと一緒に
もみくちゃにされながらむかいます。

予想外の混み様に
サンドイッチはぺっちゃんこ。
停車するたびに、
キャリーと一緒にその場からあまり動けない私は
怪訝な顔をされたりもしながら
人の波に揉まれて
揉まれて

ドア近くのすみっこを誰かゆずってよ
って思うけど
そんな具合に行くわけも無く

今だけこの荷物で乗り切れば帰りからは平気

何やってるんだろう私って
思いそうだけど思わない。

そういう仕事を選んだんです。

初めての現場で
初めての人たちで
初めてのお客さまたち。

不安と
楽しみの
どきどきは同意で

今日から1週間、
誠心誠意、私にやれることをやるだけです。


posted by たなか沙織 at 08:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

寝起きのコントロール。

最近、少しでもぐっすり眠れるような日があると、妙な夢を見ることが多くて参る。何が参るかって、夢でのひとつひとつの出来事が、まるっきり自分の身に現実で起きたことのように感触として経験として残留するので困るのです。

夢の中で人と触れ合っていた
肌のなめらかさや、
温度や、
弾力や、
人の表情や、
自分が抱えていたやりきれないような感情や

目が覚めてもそういうのが全部
そっくりそのまま自分の身に落ちてくる。

もう、たまったものじゃないです。
楽しい夢とか嬉しい夢ばかりならよいのだけれど
そういうわけではないので、

目を覚まして
さあ行くぞとなるべきときに
動き出せなくなったりします。

目を覚ますときだけでも誰か
自分以外に人がいてくれればいいのに
と、あまり色気もない感じで思ったりするわけです。

ただ
でも
実際自分がどんな行いをしたら
どういう感情に見舞われるか
という体験が
事実それをしなくても試行されるわけで、
「こういうことはしちゃいかんなあ」
という戒めには、非常に、なる。
だからこそ目を覚ましたときの凹みようといったら相当だけれども。

どんなコンディションでも守るべき時間や仕事はあるわけだし、あらゆる状態をコントロールできる強さを持たなければいけないのだ、と思います。


posted by たなか沙織 at 19:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

おいおいそこだけはちゃんと。

大学新卒だっていうのに就職するよりもすべてを自分でやっていくっていう自由だけど大いに自覚と責任が必要な進路を選んだからには、個人事業というからには、きちんと職業人として機能して性能の悪い日が無いようにしなければなと、思う。

遅刻はしないようにするとか、期日は守るとか、約束は守るとか、あまり予定に変更がないようにするとか、メールの返事はすぐ返すとか、連絡はきちんとスムーズに取り合えるようにするとか、たぶん今挙げたくらいのことは、最低きちんとキープ出来る信頼できる立場でありたい、と思う。

そういうことがまずは大切だし、命取りにもなるし、そういう、そういう仕事を選んだのだから。
と、戒めとして。

法律関係のこともきちんと勉強しなおさなきゃと思います。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

オーディション2日目。

今日は先週に引き続き、柿喰う客の次回本公演の出演者オーディションでした。

オーディションに来てくださるのが何回目かの方、
初めての方、
演劇未経験の方、
たくさんの舞台を踏んでおられる方、
…いろんな方がいらっしゃいますが、どの方もそれぞれに味を持っておられて(というかそれが露呈されてしまう人間らしさが非常に好ましい方ばかりで)、見ているとうずうずします、いつものことです。

この日のオーディションは、リーダーである中屋敷のことばがきちんと参加者の方に浸透し、場全体で内容にきちんとのめり込めて、また実際非常に面白いアクションもあったりして、良質なものだったように思います。

オーディション後は新宿でいつも通り、飲み会。
金土日の新宿の飲み屋はどこも、席の予約をするとどうしてもコースをつけなきゃいけなくてしかも飲み放題のコースって料理がすっごいしょぼくて、もうイヤになっちゃいます。
これまで結構な数の飲み会の幹事をしてきていますが、未だに新宿で、大人数で、落ち着いて美味しくごはんメインで食べて飲める居酒屋に出会えません。
どなたか朗報をお持ちの方、ぜひ耳打ちしてください。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

人肌。

誰かが横に眠ってくれているだけで、それが同性だろうと異性だろうととても嬉しいし安心するし好く眠れる

というのは、とてもよくわかります。
大人になる前のずうっとこどもの頃に遡って、果たして私はいつまで、誰かと一緒に寝ていたのだろう?例えばお母さんとかおばあちゃんとか、と考えてみたのですが、どうにも思い出せなくって、

みなさん、いつまで、誰かと、寝ていましたか?
そのときの記憶って、どんなですか?

例えばうちの弟はどんな記憶を持っているのだろう、とか思ったり。布団を並べて眠っていた記憶はあっても、肌が触れ合うくらいぴっとりくっついて眠ったり…していたはずなんだけど、私には記憶がない。姉弟同志では実際そんなにくっついて寝たりしてなかったかもしれないんだけど、親とは絶対くっついて寝ていた時期があるはずで。

で、きっとその記憶や実体験に沿って今の欲望や自分の快感認識が決まったりしているのだろうけれど、宛てになる材料がひとつも思い出せない、と。

バックグラウンドになっているものが絶対あるのに、それを思い出せないというのは、気持ちの悪いものです。

夜おなかが痛くなるとおばあちゃんの部屋にかけこんで、おなかをさすってもらいながら眠っていた。
唯一その記憶だけが、鮮明に思い出されます。

さておき。

今日は朝起きてから夕方まで約6時間、自宅にこもってこれでもかと制作仕事をしておりました。いろんな方にメールを送ったり電話をしたり書類を作ったり。こういうことだけやっていられればなんて幸せなんだろうと思ったりしながら(根暗)、でもそれじゃあ腐っちゃうもんなー、など思いつつ、本日も出陣。

今日は19時〜21時、オーディションでした。
今度の5月末に公演します、「素晴らしき青春」という団体の「誰も笑わない『検察官』」の出演者オーディションです。「素晴らしき青春」についてはまたお話するとして。
少人数ながら、よく個人の表われた、頼もしいオーディションだったように思います。

オーディションの時は、いつもどきどきしますね、やっぱり。
明日は柿喰う客のオーディション2日目です。
またどきどきするんだと思います、やっぱり。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

ピンポン、のような

というお芝居の、制作をやらせていただくことになりました。

王子小劇場の劇場スタッフでもある、時間堂主宰の黒澤世莉さんに、本当にありがたくお声をかけていただきまして、座組が既にスタートしてからの参入ではありますが、制作として作品に参加させていただくことになりました。

今日はその『ピンポン、のような』の稽古場に夕方からお邪魔させていただきました。
途中で帰らなければならなかったので、台本稽古に入る前の稽古内容しか拝見できなかったのですが、その短時間で、とても引き込まれる稽古内容でした。

リラックスするということ、
緊張させるということ、
意識するということ、
コントロールするということ、
空間を理解するということ、
深呼吸できる空間、
人、というもの、

なるほど、なるほど、
と頷かされる部分がとても多く。
もっとこの演出家さんと知り合いたい、もっと近づきたい、きっと私はとても好きなはずだ、という予感を一気に抱えてしまい、

それが片思いだったり
勘違いだったりでなければよいなあと、
せめて精一杯、誠心誠意お仕事をしよう、と再度拳を握り締めた時間でした。

人がやさしく、あたたかく、ゆったりと安心して存在できる、というのはやっぱりいいものですね。

深呼吸できる空間。
きっと
とても心地の好い空間で、物語が発生する作品になるのだと思います。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

ぽかんと休日。

何ヶ月ぶりだよ。というくらいの休日でした。
旅行に行くでもなく、人と会う約束があるでもなく、ただただ、ぽかんと休日。

最近、
恋愛でなくても、「同じくらいの熱量」で、
ああ幸せだなあ
と思える瞬間が人にはちゃんとあって、
そういうのは何も相手が「恋人」という存在でなくてもありえるのだなあと、少し感動しながら思っています。

この人たちとずっと一緒に居れるな
大切に抱きかかえて行きたいな
失いたくないな
触れていたいな

と何の疑いもなく斜めになるでもなく、真っ向から思える、というのが、私にとってはだいぶ衝撃的なことで。というのもどうしても人というのは、100%人を信用したり、100%人に対してオープンで居られたり、…そんなことは奇跡でもない限りなかなか成立し得ないことだろうと、思ってかかっていて。

とは言え私は随分、人を好きで寂しがり屋で期待しいな人間なので、予防線を張ろうとしてそうして気を張っているのだろうと自覚しているのですが、

ここ最近は、
はじめて実感を持って、恋愛云々ではなく
ああ好きだなあ 好かれたいなあ 大事にしたいな 失いたくないな
という思いに駆られて、
ちょっと面喰ったりしております。

ぶさいくな顔できて
わがまま言えて
ごはんが美味しくて
あっちこっちへ行くのが楽しくて

なんて素敵なことなんでしょうね、そんなの。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

公演が終わったっていうのに。

制作仕事に溢れ返っております。
でも、自宅でPC机にじっとりへばりついて、ぱちぱち、とやっていると、どこか落ち着くし、やっぱりすきなのだなあ、と思ったりもする。

この日は、柿喰う客の「精算会」の日だというのに、その準備に集中したいのだというのに、来年夏の公演に向けてひとつ劇場に申請を出さなければならず、その資料を整えるのに朝から奔走。

資料を整え、
銀行に行って振込みと両替を済ませ、
「精算会」の準備をして、
いざ出陣です。

「精算会」がやっぱり、私にとっては公演の締めくくり、だったりします。精算会のことについては以前も少し触れましたが、キャッシュバックの受け渡し、各種精算、衣装小道具の返し合い、そして久々に公演メンバーに再会して、打ち上げのときよりゆったり話したり、アンケートを読んだり、するのです。

精算会も無事終了、そうすると、
ああ、終わったなあ、と思います。

もちろんこの後に、公演決算をしたり、もろもろデータをまとめたりはしなければいけないのですが、何かやはり、すとん、と区切りが落ちる音がするような気がします。

精算会の後は、下北の飲み屋でみんなで飲んで。
みんな公演から解放されてやっぱり、千秋楽の打ち上げのときとは少し表情や雰囲気が違ったりして。久々に会ってお互い、「やっぱり会いたかったんだな」という嬉しさにちょっと照れながら話をして、お酒を飲んで。

いい座組だったなあと、つくづく思いました。
私は終電で帰宅しましたが、結局始発まで20名程度が残ったらしいです(笑)


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

うわ、私、1ヶ月ぶり?

お昼から、久々に川崎へ。
プラザソルで全体会議です。
スケジュール帳をさかのぼってみると、ラゾーナへ行くのは約1ヶ月ぶり。
こんなに現場を空けさせていただいてしまって申し訳ない思いと、それでもついていかなければという必死な思いと、自分の現場を優先させてもらえる職場環境への感謝と、ごっちゃになりながら。

全体会議のあとは、音響の小宮さんがホールスタッフに音響講座をしてくださり、指導のもと、アナログ卓について学びました。私は音響、照明、舞台については本当に必要最低限の情報しか知らず経験も一切ないのですが、興味がないわけではもちろんなく、でも制作をやっている手前やっぱり機会は圧倒的に少なくて、まあそんなのなのに今ホールスタッフ、という名前で働かせてもらっていることも本当に恐縮に思ったりすることも多々あるのですが、

機会はひとつひとつ捕まえて、
きちんと自分のものにしたい
と思います。

講習を終えた後は、淵野辺へ帰ってMT。
終了後、帰宅して、明日の柿喰う客の精算会の準備。
ああ、やることは大量に待ち構えている。
大変だけれど、
幸せなことです。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする