【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2007年03月10日

積もらせるべき塵、積上開始。

制作

ってどんな仕事をしてるの?
普段そんなに忙しそうに
でもいったい何をやっているの?

って、よく聞かれますが、そりゃそうだよなあと思います。

当の本人ですら、何がどうしてこんなに時間がないのか、やることがたくさんあるのか、整理をつける暇がないのですもの。

でも、よくないなあと思うんですね。自分がやっていることがなんなのか、少なくとも人に聞かれてさっと答えられるくらいには自覚しているべきだと思うし、それを見失わずにいることが、時間を有益に使うことに繋がるし自分の現在に対する自己評価の指針になるのは、言うまでもないことで。

しかし肝心な時には、なかなかそれを記録したり明文化する隙もなくて、けれどそんなのは甘んじているといつになってもそのままだと思うので、

今回はちょっと気合いを入れて日々の記録を取ろうかなと。

興味がない方にはただの私の生活記録、箇条書きの羅列になると思いますが、「ふーんそんな生活してんのね」とぼんやり妄想でもして楽しんで頂ければ幸いです。

なんて前置きをしつつ。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

今度は4月、桜の咲く頃に。

すとん、すとんと
いちにち
が経つごとに春にちかづいていて
ああ と思う。

自分が春生まれだからなのか、と毎年思うけれど、やっぱり春が一番好きで。おしゃれをしたくなる、綺麗に丁寧にお化粧をしたくなる、たくさん笑顔がこぼれてしまう(私は満面に笑うとぶさいくになって仕方ないのですが)、そんなこの気候が、たまらなく、好き。

39(さんきゅー)の日だったので、卒業企画公演だったり色々あったりしたのだけれど、だいぶ予定に紆余曲折あって、今日は一日、家での仕事に費やしたのですが。

昨晩、先日カットモデルをさせてもらった美容師さんから電話がかかってきて、明日夜時間が作れるならおいでよ、とのこと。今日行かないともう4月頭まで時間を取れないので、行ってまいりました、またまた美容室。

私は相当な「パーマ顔」らしくて、実はモデルをやると決まった当初は「パーマの似合う子」として呼ばれたのですが、その後、コンテスト出場にあたっての美容院全体のテーマが「ストレート」に決まってしまって、美容師さんからすれば「念願叶わず」だったらしい。で、ずっと、パーマかけたいパーマかけたい(あと前髪短くしたい)と言われ続け、今日ようやくそのお望みの髪型になる為にと出向いて来たのです。

春に向けてどんどん髪も軽くなってゆきます。
それにしてもここ1週間で3スタイルの変貌。

写真はこちらに追加しておきます。

営業後の美容院、何人か他の美容師さんも練習などなどしておられる中で、和気あいあいと(お菓子を食べながら!)パーマ。
ぜいたくだなあ
と思わずにはおれません。

今度この美容院に来るのは、柿喰う客の公演が終わって4月に入ってから。少しは今より綺麗に、可愛くなって、お久しぶりです、と足を運びたいもの。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

モデルをしてきました。

まぎれもなく、アートの世界。
日常の為のヘアカットとはまた別の、アートとしてのヘアの世界を垣間見て来ました。

というのも。
この日、川崎の美容院『シーループユナイテッド・アトリエ』の、カットモデルをさせていただいてきました。

2月末くらいから仕込みを開始。
こんなにめまぐるしく髪型が変わったのはもちろん初めてのこと。
ふにゃっと痛んでいたパーマをストレートにして。
カラーをして。
衣装を決めて。
メイクをして。
カットして。

ほんとうにひょんなきっかけでこういう機会をいただきましたが、
とても有意義な経験でした。

今回のカットコンテストは、各部門150人程度の選手が出場して競う部門3つから成るもので、当日までの下地作りや準備と、当日の35分間の競技時間とから完成した作品を実際審査員がぐるぐると見回って、結果が決まるというもの。

当日は7時半から準備。
会場はパシフィコ横浜。

なにって他のモデルさんのかわいいことかわいいこと。そして背が高くて、みんな、これでもかってくらい細い!
もちろん、プロのモデルさんばかりではないのだけれど、それにしても私ぜったい場違い!としか言いようのない世界に、ぽこんと放り投げられた気分。そもそも事前には「カットモデル」と聞かされただけで、こんな事態になるとは予想だにせず(笑)。

ポージング30分間とか、ウォーキングもあるとか、そんなことも会場に行ってから知らされ。経験のないことに対面しつつ、それでもまがりなりにも芝居をやってきた人間なのだから、とそこからは久々に表方のスイッチに切り替えです。背もちっこいし、体系も太めですけど(!)、カバーするくらいの気合いでいなきゃ、と。舞台経験のある人間が、そこいらの素人さんに負けているわけには行かないもの、と。

何でそんな風にというと、なんだか。
私のカットをしてくれた美容師の方の真剣さと熱意と最後までとことん諦めない執着心を目の当たりにして、私だって出来る限りのことをしたい、と、本気で思わされたりしたのです。なんかそれはもう、物凄く、感動的な衝動で。

演劇も美容も、やっぱりアートだということに変わりはなくて、世界はまったく違うけど、なにか通うものはいくつもあるなと、感じて、それがとても嬉しかったりして。

作品のことに頭を抱えて、
向き合って、
睡眠時間を削って、
「それ」が最上の状態で存在するように、費やして、費やして。

「それ」になれた私は、とても幸福だなあと心底思いました。

生まれてこの方、
こんなにも丁寧に髪を扱ってもらったことなんてもちろん無くて。
癖や、流れの向きや、
頭の形や、
顔のラインとの関係や、
どんな髪型が似合うかということや、
髪質や。
一番綺麗に、かわいく見える髪形、メイク、服装。
それを自分ではない他人にこんなにも真剣に考えてもらったことなんてのも、もちろん無くて。

じいっと髪を眺めて、顔を眺めて、髪を触ってもらうその視線や手先に、「胸が熱くなる」という感情に久々に襲われて、
「ああ、創作っていうのはこういうものだ」
と、ほんとうに、わたしもがんばろう、と力をもらって。
半端なことはできない、と思わされて。

お人形さんのような「モデル」という仕事は、
きっとでもお人形さんではなくて、
意志やパワーを持てるという点で、
微細な表情を持てるという点で、
人間にしか出来ない、しかも洗練された人間にしか出来ない、
とても幸福な仕事なのだろうなということを、
モデルなんかではない私がモデルをやった稚拙な感想でしかないけれど、思ったりして。

30分の予定だった審査時間(モデルはポージングしたまま動けない)が10分延長になったり(誰も何も言えない中、絶対「まじで!」という衝撃がモデル全員の中に流れた)、ムービングライトだらけのステージでのウォーキング(しかもアップの様子はステージうしろのスクリーンにどーんと映る)はどきどきしたりしましたが、もう本当に、出来るだけのことはやりたい、と、「私を見て」とこんなに思ったのも初めてのことでした。

結果は残念、に終わってしまったけれど。
授賞式のあと、「眠たいー」「早くサウナ行きたいー」とやっと肩の力が抜けた様子の美容師面々の悔しさを紛らわしながらの姿は、演劇人と変わらなくて。
私は私で、もしかして私がもっと細かったら、もっと背が高かったら、可能性はもっともっと開けたんじゃないかと真剣に思いました。自分を卑下してとかじゃなくて、心底そう思えたのです。その髪型を生かすも殺すもモデル次第、それはどちらが先に立つものではないしそれが「カットコンテスト」な以上、その素材をどう作品として完成させるかは美容師の仕事なのだけれど、そこに、もっと、素材として良質なものを提供できたんじゃないかって、思うわけです。

コンテストが終わって美容院に戻ってから、
衣装を着替えて、
メイクを落として、
その後、
日常生活用に切りなおしてあげるね、だって卒業式もあるでしょ
とまたハサミを握ってくれた美容師さんのその顔は、
コンテストの時と変わらず真剣で、
店内から次々と人が帰っていく中で最後の最後まで丁寧に私の髪を見てくれて、
ああ、この人と出会えてほんとうによかった
と思ったのでした。

この出会いが、なによりの財産。
飛び込んでみるのも必要。

200703061517000.jpg 200703071159000.jpg 200703101306000.jpg

左はコンテスト時。真ん中はコンテスト後。右はコンテスト3日後。
(3日後の記事はこちら)


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

キャンドルホルダー。

200703050254000.jpg

いま、お仕事のお手伝いをさせていただいている、
影絵劇団・劇団かかし座の後藤圭先生より。
ドイツでのお仕事のおみやげ。

ステンドグラスのうしろにトナカイのプレートがついていて、ろうそくが光源になる影絵の仕組みになってます。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚えておきたいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

チロリアンガラス。

200703040006000.jpg

キャンディーのガラス細工。
ツイスターより。
イタリア旅行のおみやげに。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚えておきたいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする