【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2007年01月30日

石ころブタ。

いらっしゃいませ。

200701311858000.jpg 200701311858001.jpg

2cm大の小さな石ころ素材なブタさんが2匹、我が家に仲間入り。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 覚えておきたいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

ひょっとこ乱舞第17回公演『銀髪』無事終了

ひょっとこ乱舞第17回公演
『銀髪』

hyottoko17.jpg

が、無事終了しました。
本当にたくさんのお客様にお越しいただいて、吉祥寺シアターは連日ほぼ満席の大入りでした。本当にありがとうございました。

<後日追記予定>


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

銀髪中です。

長らくの間、日記の更新が滞っております。
元気です。
すみません。

なかなかショッキングな出来事があったり、演劇の本番中だったりしてします。現在、ひょっとこ乱舞第17回公演『銀髪』が、吉祥寺シアターで本番中。明日が千秋楽です。

さかのぼって前の日の日記もこっそり、ちょくちょくと更新します!
ひょっとこ乱舞後はいよいよ柿喰う客第9回公演『女体カーニバル』が始動。今日はこれから、顔合わせにあたってのミーティングです。


posted by たなか沙織 at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

どきどきどきどきどきどき。

…するのがトキメキなら素敵ですが、
動悸です。
なぞの動悸がします。
大丈夫か私。
原因不明の不調は恐ろしいですね。
様子をみようと思います。

今日はでも可愛い女の子ふたりと逢引したので、
そちらは純粋にどきどきしました。

深夜からは中屋敷さんとミーティング。
絶対買わないとわかっているテレビショッピングでも、相手によってはその盛り上がりは空虚ではなく夢。

…なんて普通の日記だ!
平和な一日でした。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

自炊しました。料理するのは好きなんです。

朝10時に起きて、授業に3つ出て、夕方帰宅して、買い物にでかけて、ごはんを作って、晩酌しながら夕食。

200701101927000.jpg


…なんて普通の大学生生活だ!!
こんな日を過ごすのも随分久しぶりだったりします。
料理は、します。
今日は、炊き込みご飯・麩のお味噌汁・しらたきの明太子和え・鶏肉とチンゲン菜の豆板醤炒め。
人と食べたり、時間がなかったりで外食してしまうことが多いので、いざ家で作るとなるとそこそこに気合いを入れて作ります。楽しくて仕方ない。


大学生生活も(うまく予定通り行けば)あと何日か。


posted by たなか沙織 at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

帰るといつも思うけれど今回はひとしお。

東京に帰ってきました。

早々、玲央のめでたいニュースを聞き、自分のことのように嬉しくて、それはもう本当に興奮してひとりじゃ居てもたっても居られないくらいで(興奮のあまり斜め2階に住む柿喰う客照明家の富山氏のお宅を訪問、ふたりで歓喜)。

同時にとても悔しい。
悔しい。
「ほんと負けてらんないわ」と拳を握り締める。
目を閉じて深呼吸。
気合いを入れなおして、東京の一人暮らしのアパートで、
「よし」と目を開ける。

実家に帰れば、家があって家族がいて、帰ればごはんは用意されていて、金銭的にはそんなに困らなくていい生活が用意されていて。本当にありがたいことに、仕事を工面してくださる方もいる。居場所を作って待っていてくださる劇団もある。
帰りたい、帰りたい。
私もそこで一緒に、ものをつくりたい。
色々な人と出会いたい。
心底そう思う。
それでも今はまだ、帰るわけにはいかない。
帰ったらきっと最後、東京の、今居る場所には戻って来れない。
どこまで行けるかもっとやってみたい。
もっとたくさんのものを見て、聞いて、体験して、たくさんの人と出会って、淘汰される環境の中で甘んじることなくもっと、もっと、高みへ。

そうして、いずれ、少しだけ歳をとってからになってしまうかもしれないけれど、鳥取にも、帰りたいと思っています。それはほんとうにね、本心で。

卒業と同時に、これからは全てをひとりでやっていかなくてはいけなくなる。お金のことも、進路も。やっていけなくなったら、実家に帰らなくてはいけない(と今回の帰省で母親から念を押されたりもして)。

…帰るわけにはいかんのですよ。
一緒にどこまで行けるかやってみたい仲間と出会ってしまった。高みを見てしまった。一瞬の隙も躊躇の余地もない世界を知ってしまっている。
目まぐるしい流れに目を回してしまうこともあるし疲労困憊してしまうこともあるけれど、それでもここに必死で立っていたい。

鳥取の、ゆったりとした生活も好き。
街灯も最低限しかない、夕方すぎるとほとんどのお店が閉まってしまう、短い短い一日を大切に過ごす、自分の時間に没頭できる生活。
山と、海と、高い高い空と。
美味しい山菜、美味しい魚介。
ぽつぽつとある、小さくて素敵なカフェ。雑貨屋さん。
図書館、公園。
澄んだ空気、きれいなお水。
自転車で駆け抜ける風景。
季節のにおい。
生活の、小さな、ひかり。

そういう土台の上に、紛れもなく、私は構築されていて。
でもね、だから、そこで終わりたくはない。
それしか知らない人間ではいたくない。








がんばります。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

たまおきれおくんが!

柿喰う客劇団員で俳優で
何より
私にはかけがえのない人でもある
玉置玲央が…


王子小劇場佐藤佐吉賞「最優秀主演男優賞」を受賞いたしました!!


早急に、ご報告までに。
今晩発表されたばかりの本当にこの上ない吉報です。
詳しくは(まだ現在はWEB上には更新されていませんが)王子小劇場のページをご覧下さい!


posted by たなか沙織 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

田舎の一日が短いのは、日暮れと共に街頭もなくなって、出歩く気がなくなるからだろうか。

ようやく初詣へ。
ひいたおみくじは、21年欠かさず足を運んだその神社の境内の、太陽を求めてぐにゃんと、地面から30度の角度にまで曲がった松の木にぎゅっと縛って。

大切な人たち。
大切な時間。
いい年になってほしい。どうか、どうか。


打吹公園を通って、閑散とした動物のオリを眺めて、小学校を上から見下ろして、商店街のお土産屋さんに向かう。途中立ち寄った、以前ギャラリーだった場所で、倉吉絣の高機折を見せて頂く。

kasuri01.jpg kasuri02.jpg

絣の模様はひとつひとつ、完成図が出来上がったらそれにしたがって、どの部分に白地が来るかを計算され、一反折る為にどれだけの、どういう一本の糸が必要か、それを作るところからはじまる。古くからの技術に、感服。

夕方は、高校生の頃からよく通ったオムライスの美味しいカフェ、ラ・キューへ。オムライス(もちろんね!)と、ミックスジュースを頂きました。

----------
■カフェ

La Queue(ら・きゅー)
〒682-0806 鳥取県倉吉市昭和町1丁目213
倉吉駅から車15分
0858-22-6399
12:00〜23:00
平均予算 500〜800円

raqueue.gif
----------

引き続き夕飯、こちらも帰省すると必ず行くお店へ。

----------
■カフェ

Tom's Cafe(とむずかふぇ)
〒682-0806 鳥取県倉吉市丸山町555
倉吉駅から車15分
0858-29-5656
11:00〜20:00
平均予算 800〜1,200円

toms01.jpg toms02.jpg
----------

絵本がたくさんのこのお店でいつも、ブランチセットかパスタセットを頂く。今日はパスタセット。なにもかもがしっかりした、けれど強すぎない味で美味しいこのお店。今晩が、鳥取も最後の夜。これまた美味しいケーキをつっつきながら、ああ、帰ってきて良かった、東京へ帰りたい、頑張ろう、と思う。

短い一日、一日。
明日は早朝6時に出発。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

21歳になって初めてだったんです。

行ってきました。

200701061428000.jpg 200701061424000.jpg

初!鳥取砂丘。

「砂たまご」ってご存知ですか?!

sunatamago.jpg

私は今日まで全然知らなくって、現地で初めて見て知りました。
もちろん食してきましたとも!
鳥取砂丘の砂の熱でほこほこに蒸された蒸し卵。作るのには約1時間かかるのだそうです。白身にほんのり焦げ目がついて、表面がぱりっとつっぱっていて、なかなか幸せな気分になれます。お立ち寄りの際はぜひ。近くの土産物屋さんで1個100円で売っています。

砂丘は、砂の器を横断して向こう側の頂上までぐぐっと上れるコースのようになっているルートがあって、そこを頂上までのぼってきました。上り坂になっている部分の砂は柔らかくって、一歩一歩が少しずつしんどくなって。
けれどてっぺんの向こうの海辺の風景が見たくて、一生懸命一歩を踏み出して。
初日の出を砂丘で見るなんていうのも、いいのかもなあ、いつかやってみたいなあと思ったりしました。

砂丘の表面、砂の上を、さらさらと流れてゆく砂、砂、砂。
流れても流れてもなくならない、無限に思える移動を繰り返しながら、でもその質量は変わることなく、さら、さら、さらさら。

その光景はあまりに美しくて、
見とれて目が離せないくらい美しくて、
ああ、こんな風に居たい、と思った。



帰路、鳥取大丸おなじみのぐるぐる回るスイートガーデン(グラム売りのお菓子がぐるぐると回っている機械がある)に寄って、無遠慮にもがさがさとお菓子を買い込み、そのまま近所の有名なお餅屋さん「清水庵」に「餅しゃぶ」を家族で食べに行きました。

----------
■町屋

町屋 清水庵(まちや せいすいあん)
〒682-0885 鳥取県倉吉市堺町1-876
倉吉駅から車15分
0858-22-4759
11:30〜14:00、17:30〜21:00
平均予算 1,000〜2,500円

seisuian.jpg motisyabu.gif
----------

食べっぱなしの一日。
砂丘は、好きみたい。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

宝石の魅力はまだわからないけれど、宝石よりもきらきらと大切なものなんじゃないかって、思う。

昼過ぎから出身中学校にお邪魔に行く。

中学を卒業して、高校を卒業して、大学を卒業しようとしている今になっても変わらず付き合いを続けてくれる先生がいる。中学校時代は今思い出しても色々波乱ではあったけれど、いい先生方に恵まれたことや、水を得た魚のように様々なものを作ったことは今でも大切な財産。
運動会の横断幕、文化祭のスローガン看板、染め半紙で作った大きなちぎり絵、彫刻の温度計。美術の授業では負けじと先生までが制作を初めて競うように作品に向かったり、中学校では信じられないような深夜まで没頭して絵を描いたりした。

今日は、1・2年次と2年間続けて担任をしてくださった先生と、中学卒業ぶり(8年ぶり!)にお会いしてきた。なんで今日までずっと一目も会いに行かなかったのか不思議な、随分よくして頂いた恩師に違わぬ先生で、当時は友達のようによく話し相手になってもらったり、CDの貸し借りをしたりしていた。
久方ぶりに会うその先生は、全然変わっていなくて、あの頃とおんなじようにくしゃっと顔全体で笑ってて、身体は相変わらずがりがりで、「さおりー!」と呼んで出迎えてくれて。

職員室に入れてもらって、2時間ほどおしゃべり。
同級生の近況や、お互いの近況や。

「ほんとは3年間担任したかったんだけどね、私がずっと持つより、さおりをこの人に出会わせてやらなきゃって思ったのよ。彼と貴女は一生の付き合いになるってなんだか直感で思ったんだよ」

と中3時の担任のことを初めて聞かされた。
事実、その中3時の担任とは、機会さえあれば一緒にお酒を飲みに行く(彼は下戸なので飲むのは私ばかりだけれど)。

偶然に思える出会いも、実は誰かがどこかで引き寄せてくれたものなのかもしれない。自分の力だけで生きてるような錯覚をしがちだけれど、そんなこと、ない。

その後、その中3時の担任とも顔を合わせてから、退散。
久々の中学校は相変わらず木のぬくもりに溢れていて、放送室も音楽室も多目的ホール(通称「2タモ」「3タモ」)もピロティ(中庭のこと)も懐かしくて。ああ、ここで確かに私は過去息づいていたのだ、と。

長いこと新聞委員を務めた末、委員長までやらせていただいたのだが、その当時私が作った掲示用の「学級新聞」という見出しが今もずっと使われている掲示板が、学内に数箇所残っているらしい。こそばゆいけれど、嬉しい。

中学校を去った後、すぐ目の前にあるシビックセンターという、もとはショッピングセンターだった建物を市が買い取って分譲事務所としてスペースを貸し出しているところへ行く。今は私は随分公演に関われずにいるが、立ち上げ時から所属している市民影絵劇団の事務所が入っている。
今日はそちらの事務所へではなく、その影絵劇団で一番最初に一緒に切り絵をやり、いくつもの公演にも一緒に参加してきた、福祉理容師の日置氏の事務所へ。同シビックセンター内にかまえた事務所がようやく整い、この冬には専用出張トラック(荷積み部分が美容院のようになっている)も完成したとのこと。

福祉理容師という職業を私は他のところで聞いたことがないのだけれど、日置氏は、若い頃身につけた美容師の資格とヘルパーの資格を利用して、身体が不自由で家や病院からなかなか外出出来ない人を対象に、格安(1,800円らしい!)で髪を切ってあげている。社員さんも5人いらっしゃるらしく、もう、立派な会社。
こうして新しい事業を開拓する人がいて、少しずつだけれど着実に、様々な人の生活が豊かになっていく。誰が何を欲しているかは千差万別だけれど、そこには多種多様な需要があり、供給の可能性はまだまだあるのだと思い知らされる。

一見ちゃらんぽらんで、でも底抜けに明るくて場の雰囲気を華やかにする才能を持つ日置氏。あらゆることを感覚で取り仕切ってしまうのに、そのセンスはあながち的外れではなくてぎょっとさせられる。私が一番最初に出逢った、有言実行をいつでも体現してしまう、大人。


「帰ってきたよ」
と言うと、
「会おう」
と言ってくれる人たちが居る。
こんな幸福なことはないし、いつまでも大切にしたい。


帰宅してから最寄のホームセンター=西日本最大級「いない」(ここに行かないと実家に帰った気がしない)に行き、「ピッコロ」という洋食屋で夕食。ここのブランデーケーキを頼むと、店内の電気を消して、火のついたブランデーをかけにシェフがやってきてくれる。

あらゆるところに、思い出が今もひっそりと息をしている。
こんな小さな町だもの。当たり前か。
暗くて静かで何にもないけれど、大切な、宝石箱のような、町。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅*おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする