【近況】
■■演劇関係■■
【出演】終了しました。ありがとうございました。 5月12日(金)〜17日(水)MCR 本公演『不謹慎な家/佐藤さんは殴れない』@OFF・OFFシアター(下北沢)に出演します。詳細はこちら。[2017/05/20]

■■映像関係■■
【出演】短編(2分)の映画『End Of Asia 〜アジアの端の不思議な帽子屋〜』が、SONYの「PROFESSIONAL MOVIE AWARD」にて審査員賞を受賞しました。こちらからご覧いただけます。[2017/01/17]
【出演】出演DVD『love and hate』の発売を記念して、挿入歌「どしゃぶり」のMVが公開となりました。詳細はこちら。[2015/03/12]
【出演】出演作「連続webドラマ[CHATGIRL 2nd]Saori〜優しい女〜」も含めシリーズ全話が収録されたオリジナルDVD『love and hate』が数量限定販売中です。詳細はこちら。[2015/03/12]

■■音楽関係■■
笹口騒音オーケストラ参加の新アルバム「笹口8才記念盤 スピリットアルバム『あなたの悲しみは売れるだろう』」発売中。通販はこちら。[2017/03/08]
笹口騒音オーケストラの1stライブDVD『TOMORROWISLAND IN THE MOON』発売中。詳細はこちら。通販はこちら。[2016/07/13]
笹口騒音オーケストラの公式Twitterができました。[2016/02/12]


2006年07月30日

ひょっとこ乱舞第15回公演『水』無事終了

ひょっとこ乱舞第15回公演
『水』

hyottoko15.jpg

が、無事終了しました。
フランスの作家、ヴォリス・ヴィアン『うたかたの日々(日々のあわ)』を題材に作演出の広田淳一氏によって執筆された脚本は、原作のシンプルな物語の骨格はそのままに、ひょっとこ乱舞の作品としてきちっと構築しなおされ、水、というものを媒介に、さまざまなものを、人間を、描き出していたように思います。


posted by たなか沙織 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

夢の跡

帰り道。
閑散とした、しかし熱く静かに息づく公園。

200607292350001.jpg

今日はうちの近くの公園で、盆踊り大会があったらしい。


posted by たなか沙織 at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

くるり

TOWER OF MUSIC LOVER
26日(水)に発売です。
「家出娘」が初CD化。
ひさびさにテンション上がりました。

topcover1150113029.jpg

くるり


posted by たなか沙織 at 19:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

山村浩二

5年前、高校生だった私が大変な感銘を受けてしまった短編アニメーション作家。随分久しぶりに。

Annecy-No.2.gif


短編アニメーション「頭山」
PVアニメ「中村一義 -ジュビリー」
Yamamura Animation's page


posted by たなか沙織 at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

mixiバトン

久しぶりに、mixiで回ってきたバトンなんてやろうかと。mayocoさんから。この人から回されるバトンには非常に弱いらしくぽろっと応えてしまう習性があります。


■1。あなたのミクシィネームは?そしてその由来は?

当初は「インターネットこわいこわい」と、メールアドレスのアカウントをそのまま使っていたのだけど、それでも別に見つかる人には見つかるし、どうせならもう少し開けた人になってもいいかしら、とある日思い立って今のmixiネームに至ります。難すぎるのもイヤで、小さい頃から漢字で書くのがあまり好きでなかったから、苗字だけひらがなです。


■2。今現在表示されているあなたの「写真」はどんなものですか?

2年前の3月、自主制作映画の撮影で実家の鳥取に帰省していた時、撮影の合間にロケ地だった海で撮ったもの。
mixi_03.jpg


■3。今あなたのトップページに表示されている9つのコミュを、心ゆくまで皆さんに紹介してください。

・演劇情報〜東京版〜
東京で公演される演劇についてのコミュニティ。
わりと頻繁に情報更新されるので、情報収集と宣伝ツールのひとつとして。

・倉吉東中学校
出身中学校のコミュニティ。
もっぱら、同中出身者を手繰る為の場として存在している様子。

・PIXAR
トイ・ストーリーからニモまではとりあえず引き受けた!
という時期もあったのです。今はあんまり自信ない。
けど未だに何か見かけると「あああ!」と反応は大きい。

・あっちょんぶりけ
言わずと知れた(と勝手に思い込んでいる)、手塚治虫「ブラック・ジャック」のキャラクター、ピノコ好きのコミュニティ。

・[dir]演劇
mixi、dirカテゴリー。演劇がらみはざっとここで。

・ERIC CARLE
色遣いとタッチが抜群に好き。はらぺこあおむしは「愛蔵版」という形で、持ち歩ける小さな本が発売されました。

・嶽本野ばら
たまにふふっと笑えて、次にはじーんとさせられちゃう、乙女街道の序曲にはまず「それいぬ」を。

・Herman H. & The Pacemakers
解散しちゃったけどね、解散の清清しさといい、姿勢も含めて好きで。未だによく聴きます。先日舞台上でヘルマンを約30人であながちミュージカルのように熱唱した皆さん、私はうらやましくて仕方ありませんでした。

・桜美林大学倉澤ゼミ
昨年度履修していた、桜美林大学文学部総合文化学科長、倉澤先生の哲学・思想ゼミのコミュニティ。昨年の夏の合宿、御岳山では貸切の旅館にて、朝から晩まで顔をつき合わせてディスカッション。ずっと室内に居て身体を動かしていない中出てくる美味しい3食のボリュームたっぷりの食事に悩まされつつも、夜日が落ちてから山道を8人で散歩して山頂の神社から遠くの花火を見下ろしたことや、毎晩日本酒を傾けてぽつぽつと話をしたことや、最後の日、水あめを分け合って食べたことは、今でも鮮明に思い出されます。


■トップにいる9人にバトンを回します

・カトヲ。さん
・ギンペイさん
・モッチーさん
・山本 時生さん
・カチハラギオさん
・りよさん
・ともかさん
・mamimiさん
・タネさん

未回答でしたらどうぞ。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

大量発生

この時節、大量発生するもの。
クラゲ、蟻、浴衣の女の子。
変質者。
それからカビ。

我が家ではこの「カビ」が今年、やたらと猛威を揮っていて悲惨なことになっている。ことが昨日今日、発覚。
道路に面したアパートの1階に住んで居るので洗濯物はしぶしぶ、これは本当にしぶしぶ部屋に干すのだけど、その干し物も、洗濯機の吐き出す衣類の量に適って乾くことなんてまるでなくて、けれど生乾きのニオイのする衣類ほど一日を不快にさせるものもないから、部屋は見渡す限りあちこち、どうにか間隔を開けて吊るした干し物でいっぱい(先日それを察してか察さずか、母親から大量の、50本くらいの、クリーニング屋の白いハンガーが宅配されてきた)。
で、それはここ4年間、毎年恒例の事態なのだけど。
その事態が引き起こしているのか、そうは言っても今年は、酷い。
特に玄関先は、ポストから靴からカバンから。
ああ、醤油差しも鍋敷きも(まあ大抵木のものはダメになる)。
いつの間にか冷蔵庫の上にも。
…と、気付き始めたらキリが無くて、とてもじゃないけどこの環境の中でごはんを食べる気にはなれなくて、手の回る限りにひとまずざっと掃除をした。
けれどそんな「ざっと」なんてもので気分が紛れるのも束の間なので、もう、済から済まで部屋ひっくり返すような掃除を、近日中に実行します。

ああ、もう、あちこちで、もわもわ。


posted by たなか沙織 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

第28回ぴあフィルムフェスティバル『hanafusa』

■映画
7月19日(水)18時観賞
第28回ぴあフィルムフェスティバル
コンペティション部門<PFFアワード2006>東京会場 Bプログラム
『hanafusa』
2005年/DV/カラー/33分
@渋谷東急
監督・脚本・編集:甲斐博和
撮影:寺島由紀
撮影助手:円谷久美子
制作:徒花*
出演:石川油 松元夢子 中農稔
PFF公式サイト
徒花*

----------
《追記》
2006年7月21日(金)に催された入賞作品発表式にて、晴れて「審査員特別賞」を受賞されたとのこと!おめでとうございます。
この後は、PFFアワードでグランプリ等の賞を受賞した監督から企画書を募り、プロデューサー・PFFパートナーズ各社が約3ヶ月の期間をかけてセレクション、最も期待したいフィルムメーカー1名に映画制作を援助していく「PFFスカラシップ」という製作援助システム適応者の選考段階に入るようです。


posted by たなか沙織 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

冬物語 無事終了!

桜美林大学パフォーミングアーツ・プログラム<OPAP> vol.20
『冬物語』

が、大きな事故もなく無事終了しました。
ベタで奇想天外なとんでもないストーリーの脚本の中に溢れんばかりに満ちている、人間のどうしようもなくドラマチックでロマンチックな普遍性が、なんとも言えない熱とにおいを漂わせて姿を現した、学生らしい、エネルギーに富んだ舞台でした。

3時間もの長丁場を、最後までご覧頂いた皆様、本当にありがとうございました。

ついてはまた、順次追記していきます。
うーん、ひとまず今は、早くあらゆる集計を終えたいよ!
電卓を見ない生活よ早く!


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 演劇*読書*映画*音楽*アート…etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

欠け始めた月の下、猫はその目を細める。

6月からの風邪を引き金に、喉にくっついたセキがいつの間にか気管支炎になっていたのだけど、そしてそれが発覚したのは7月初旬だったりしたのだけど、その気管支炎のおかげで賜っていた禁酒生活がつい先日解けて、ひたすら、日本酒が美味しくて仕方ない。

本当は、心遣いのままに手入れされた庭にでも面した縁側で、浴衣なんか着てぼんやりと、しんとした夏の夜辺に片手つきながら、…なんてのがやりたいのだけど、残念ながらそういう情緒とは縁遠いモノに囲まれた部屋の中で、残り二日になった明日明後日の本番の公演のことを考えるわけです。

「すばらしい」
と一言言い残して会場を去った私の大好きな朗読家のそのたった一言に、瞬時に笑顔で、ありがとうございました、と応えたのだけれど、後を追って思わずぞくぞくと鳥肌が立って、ああ紛れも無く彼は朗読家なのだろうと、紛れも無く、温度のある言葉を発する人の一人であるのだと、思った。


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

まほうのぷりん

あまりに久々でどう書き初めていいのかわからないような事態ですが。

現在、8日から本番を迎えた舞台の制作チーフを務めているのだけど、
その制作部のスタッフのひとりから、
今日、「まほうのぷりん」をもらいました。
クッと卵の味が濃い、小さくてもったいないプリン。

今回、
上手に息抜きしながら、楽しみながら、支え合いながら、
周囲を見渡し合って仕事し合える現場が実現出来ていることは、
本当に喜ばしいことで。
いいチームです。


2006071201


posted by たなか沙織 at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする